山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧


電池切れ寸前…

 13.10.30c0133503_21132571.jpg
 明日の決算委員会準備で議員控室でまだ作業中。おしりに火が付かないとやらない私が悪いのですが、本番が近付くにつれてこれも言わにゃ、あれも言わにゃと問題意識が広がっていくのも事実です。しかし、もう電池切れ…。いかん!もうひとがんばりしなくては!10万池田市民の生活がかかっているんだから…。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-30 21:14 | 池田市議会 ここだけの話

土砂災害警戒区域の固定資産税減免は?

 13.10.29
 2001(H13)年施行の「土砂災害防止法」は、土砂災害特別警戒区域の指定を義務付けており、池田市では69か所が指定されていますが、大阪府による防護柵など防災対策の計画はありません。
 実は指定された市内の対象区域では、土地の評価が下がり担保物件にもならず売却もできない状況になっており、9月議会でわが党の難波議員がこの問題をとりあげ、「防護柵など防災対策の実施と固定資産税の減免はできないか」と尋ねたところ、市は「防護柵設置は大阪府に要望。固定資産税の評価は、国の定めた基準によって決定されるものであり、特別警戒区域の指定の有無にかかわらず減額補正は適用していない」と答弁。
 今後より一層地元の声を議会でとりあげていく必要がありそうです(共産党議員団発行「2013年9月議会 池田市議会報告」より。一部加筆修正)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-29 19:51 | 市 議 会 日 誌

無所属なら…、民主党から…、維新やったら…、共産党やろ…、

 13.10.28
 昨日の「朝日」4面「政々流転」に載った辰巳孝太郎参院議員の発言。
 「ボクは3回、大阪府議選で落ちた。最初、支援者から『無所属で出れば勝てた』と言われ、2回目は『民主党から出ろ』3回目は『維新やったら』と。今は誰からも共産党から出ることに文句を言われません」
 実は私も元市幹部の方から「共産党やめはったら山元さんもっと実力発揮できるのに」、そして旧友のE君からは「ヤマゲンは好きやけど、共産党やろ。せめて民主党から出てたらなぁ」と言われたことがあります(E君、残念なことに池田市議会の民主党は参院選後分裂し、民主党の名前も消えてなくなり、あなたの期待には答えられなくなってしまいました)。
 ところで、市議会には正式会派名ではありませんが「池田維新の会」を名乗る集団に所属する議員がいます。同会HPによれば、政党助成金を受け取らず「既存政党」とは一線を画する「大阪維新の会」を応援する組織として結成されたとのこと。ただその本家の「維新の会」と直接の関係があるわけではないようです。
 「大阪維新の会」がら改組した「日本維新の会」が政党助成金を受け取り、自民党の補完勢力として「既成政党化」する現状を「池田維新の会」はどう総括されるのでしょうか。
 すぐになくなる政党や、一時的な他党人気にあやかろうとする政党に私は入ろうとは思わないし、第一興味がありません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-28 07:48

壺焼き、はりま焼き…、今は市役所に缶詰です

 13.10.27c0133503_1350286.jpg
 本日は第25回池田市商業祭会場にお邪魔しました。
 例年商業祭のメイン会場は池田駅前公園なのですが、今回は隣接する中央公民館の建替工事の影響で石橋駅前の目抜通りサンロードに場所を移して開催とのこと。
 会場には全国池田サミットのお友達岐阜県池田町のお茶や島根県隠岐島・高知県黒潮町の海のサチがc0133503_13524958.jpg大変お手頃な価格で販売されています。私は直径15cmはあろうかという隠岐のサザエ壺焼き(2個500円)をおいしくいただきました。
 そうそう、知る人ぞ知る(知らない人は興味ない)天鳳の「天津飯大」と並ぶかつての石橋の名物「はりま焼き」が今日一日限定で復活していることをお知らせしておきましょう(写真下)。商業祭は午後4時までですのでお近くの方はぜひ足をお運びください。
 午後からはアルパカが石橋を練り歩いてくれることになっていたようなんですが、決算委員会の準備もしなければならないので会場を離れ、今は市役所にこもっています。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-27 13:55

大学が学ぶよろこびを共有する場でなくなっている   

 13.10.26 
 大学で歴史を学んだ仲間5人と久々に梅田で飲みました。
 地方公務員(Y君)、国家公務員(T君)、団体職員(Gさん)に主婦(Sさん)、大学教員(H君)に「やくざな公務員」(私)と参加者の肩書は実に多彩。立場や環境は違うけれど、皆なんらかの形で今でも歴史・文化財に関わっているのはうれしい限り。
 酔いがまわるにつれて学生と大学の現状を憂慮する声が誰からともなく出だしました。以下その「覆面座談会」の様子。

T「学生の知識のなさは深刻や」
私「こないだ阪大経済学部4回生の子から「マルクスって誰ですか?」て問われてもう返す言葉もなかった」
一同「え~!?」
Y「ゆとり教育の影響かな?」
私「受験に使わない教科しか教えなくなっているという現状も問題。地学や倫社なんかまったく学ばない子、多いんちゃうの?」
H「いや受験勉強してくる子はまだまし。最近増えている推薦がくせもん。早くに大学決まるから勉強せぇーへん」
私「必然的に一般教養が大事になってきているのに、逆にどんどんなくなっている。あんまり授業出ぇへんかった僕が言うのもなんやけど…」
G「ほんで3年から就職活動」
S「勉強する暇あれへんがな」
H「そう、まさしくそれが問題なんや。疑問や問題意識をもって主体的に学ぶ機会に触れることなく、学問する楽しさを味わうこともなくみんな大学を卒業していくわけ…」
S「一体大学ってなんなのって感じやね」 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-26 04:05 | 山元のすべらない話

「勝ち組」にブラック企業は関係ないのか?

 13.10.25
 「政治談義は楽しく、自由に、闊達に」がモットーの共産党の石橋支部(池田市)。
 先日の支部会議でブラック企業規制法案を論議した時のこと。「参院選で勝った効果が出たね」と歓迎する一方で、Mさんから「しゃーけど、ブラックではない、そこそこええとこに就職した「勝ち組」の子には、これ関係ないんとちゃう?」と率直な疑問が飛びだしました。続いて「それもそやなぁ」の声がボソボソ…。
 しばらくおいてYさんが「赤旗にこない書いてあるで」とポツリ。「しんぶん赤旗」(17日付2面主張)の一節を読み上げ始めました。
 「労働者 ブラック企業は、特定の企業とそこで働く人たちの問題だけではありません。放置すれば「普通の会社」は、違法行為や非人間的な働かせ方で低コストを実現するブラック企業に淘汰されてしまいます。対抗上〃ブラックな働き方〃を押しつける企業が増えていくことにもなります…」
 一同納得。やっぱり「赤旗」読んでみんなで議論し、理解を深めるのは大事なことですね。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-25 10:33

親分の「造反」にブラック・ワタミ社長は…

 13.10.24
 「労働者の賃金向上や労働環境の改善を、(景気対策の)一つの大きな柱としてはどうか」
 「若者の低賃金・長時間労働は「ブラック企業」などと呼ばれて問題になっています。これまでとは「次元の違う対策」を謳うのであれば、こうした部分にも光を当てて、対策を取るべきだと思います」 
 「政府は国家戦略特区で、解雇や非正規雇用に関する規制緩和を検討しています。雇用環境を多様化・流動化しようという目的のようですが、本当にそれが、企業と労働者の双方が望んでいることなのでしょうか。若者の多くは、安定した雇用環境のもとでキャリアを積みたいと思っているのではないでしょうか」
 わが党議員の発言ではありません。これすべて脇雅史自民党参院幹事長の参院代表質問での発言なのです。自民党席は静まり返り、共産党席から「そうだ!」「 ブラック企業規制法案を一緒にやりましょう!」の声援。閣僚は苦笑い…。
 わが党がブラック企業規制法案を提出した翌日、なんとも奇妙な光景が国会に広がったのでありました。
 ところで、思わぬ親分の「造反」に今夏の参院選で初当選したワタミの社長はどんな顔されてたんでしょうか(6/21・22、7/3・18、10/23付ブログ参照)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-24 02:35

サービス残業は倍返し! ―ブラック企業規制法案を提出―

 13.10.23c0133503_10233857.jpg
 月45時間の時間外労働が年間6カ月超え、内容不明の給料天引きで“死ぬほど残業”しても手取り十数万(ワタミ)、入社3年で50%が離職、休職者の42%がうつ病(ユニクロ)…、
 ブラック企業の過酷な労働実態が若者の心と体を蝕んでいます。
 夏の参院選で10議席以上(11議席)を獲得し単独で議案を提案する権利を獲得した日本共産党、さっそく16日にブラック企業規制法案を参議院に提出しました。公約実践第一号です(6/21・22、7/3・18付ブログ参照)。
 
その要旨は…
1、長時間労働を是正します。
 ①みんなで職場の“働かせすぎ、働きすぎ”をチェックして、長時間労働を是正する仕組みをつく。
 ②サービス残業には残業代を2倍にする制度をつくります(サービス残業は倍返し!)。
 ③年間の総残業時間を360時間に制限します。
 ④一日の勤務が終わったら次の出勤時間まで最低11時間の“休息時間”を保障します。
2、離職者数の公表など労働条件や職場環境が求職者に正しく情報提供できるようにします。
3、パワハラをやめさせます。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-23 09:04 | 日本共産党はこんな政党です

私の自慢はきれいな戸籍!?

 13.10.22
 ♪今日は~うちかけぇ、もうすぐ前かけ、早く見たぁいなぁ、よだれかけぇ~
 社会人落語は人生の縮図と言ったところで思い出したのが、決勝戦の司会をしてくださった「ありがとう浜村淳です」でおなじみの鈴木美智子さんが、審査結果の発表までの場つなぎで紹介された結婚式用のこの都都逸。よそで使わせてもらお~っと!?
 さて、その鈴木さん、「私の自慢は戸籍がきれいなところ」とまず自己紹介!? 「使うとこないから小金ためてまっせ。ちなみに好きな言葉はマンキ(満期)。財産狙いでええから誰かこの28歳(!?)の娘、もろてんか」と、究極の開き直り自虐ネタで会場を沸かせておられました。 
 やっぱりプロの司会者さんはたいしたもんです。

 追伸;「社会人落語日本一決定戦でブログ3本書けるわぁ」と会場で豪語してしまいましたが、ホンマに書けました!? またひとつ公約実現です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-22 03:10

社会人落語は人生の縮図!?

 13.10.22c0133503_14262563.jpg
 社会人落語日本一決定戦優勝戦の予選はその前日の19日に行われたことは昨日お知らせしたとおり。
 池田駅周辺6会場で熱戦が繰り広げられたのですが、私はその一つ落語みゅーじあむにちょっとお邪魔。ちょうど沖縄県の南亭こったいさんが「死神」を演じ終わったのに続いて、かわいいお嬢さんが高座に上がられたところでした。その芸名花の家こなつさん、聞くと今春関西大学を卒業されて高知県に就職されたとのこと。思わず「がんばれ後輩!」と小声で応援してしまいました。
 続いて登場されたのは愛媛の天満家樽斗さん。すぐ後の演者も女性(決勝戦に進まれた千葉の麹屋るんるんさん)だったので「前後が美しい女性でちょっとムラムラしています」で場の空気をつかみ、「これで冥土のみやげができました。さわやかに演じ、やすらかに旅立ちたいと思います」で会場を沸かしておられました。
 ところで翌日の決勝戦では市長から「この社会人落語日本一決定戦で知りあわれたのが縁でめでたくゴールインされた方です」との紹介があり、会場から大きな拍手がおこっていました。
 卒業、就職、結婚、煩悩(ムラムラ!)、そして死神との出会い?、冥土への旅立ち…、社会人落語に人生の縮図を見たというのはこじつけに過ぎるでしょうか!?(写真は決勝戦に残られた10人の方々)
[PR]

by takeshi_yamagen | 2013-10-22 02:17