人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「まん・るいさく」さんって誰? ―第5回社会人落語日本一決定戦より―

 13.10.20「まん・るいさく」さんって誰? ―第5回社会人落語日本一決定戦より―_c0133503_1425225.jpg
 北は北海道から南は沖縄まで、全国から届いた329通の応募から事前審査を通過し、一昨日の予選(過去最多の175人)を勝ち抜いた10人が、いよいよ頂点を競う第5回社会人落語日本一決定戦の決勝戦が昨日市民文化会館で行われました。 
 大分の島から池田に出てくる出費がかさんで徐々に家族から孤立する様子をコミカルに「報告」された七瀬亭笑らくさん、「一家に一人ほしい」と審査員に評された表情豊かな芸を披露された兵庫は淡路島の天神亭志ん香さん(女性)など、今年も冒頭から会場は笑いの渦に…。東京のすまいる亭梅香さんの「強情灸」、奈良の日向亭葵さんの「時うどん」、千葉の二松亭風林火山さんの「たけのこ」など、古典落語の熱演が多かったのも今年の特徴でした。
 結局優勝は大阪の銀杏亭魚折(いちょうてい うぉーりー)さんの「スライダー課長」。「ホームスチールとは金属でできている塁のことか」「盗塁で塁が盗まれたら試合ができないではないか」「まん・るいさく(満塁策)とはどんな人か」と、次々と頓珍漢な質問を投げかけてくる野球音痴の上司と部下のやりとり―、最高でした。ちなみに銀杏亭魚折さんは学生落語日本一決定戦(岐阜市他主催)でも優勝されており、これで二冠を達成されたことになります。おめでとうございます(写真は桂文枝師匠から表彰される銀杏亭魚折さん)。
 ところで昨年優勝の新潟の三流亭楽々さん(元警官)も得意の派出所ネタで会場を沸かせておられました。ただ警官が「街角に立たない、住民の顔も覚えない」と妻に罵倒されるシーンに、思わずドキッとした議員は私だけ? 
by takeshi_yamagen | 2013-10-21 07:41

A社には民事再生法が適用されていました

 13.10.19
 公共施設管理公社問題をめぐって9月議会で新たな事実が明らかになりました。
 疑惑のA社が2009年8月民事再生法の手続きを開始しており、市もこの事実を知っていたことを認めたのです。
 2009年8月といえば、公社がA社に工事を発注していた時期と重なり、市長(当時副市長)がA社社長と車のやりとりを始めた頃(2009年半ば)とほぼ一致しています。
 「十分な工事ができなくなる恐れもある民事再生法適用化にあった業者になぜ発注したのか」「A社が誰かを介して市と公社に泣きついたのではないか」という声が市民からあがるのは当然です。実際9月議会では市長与党の議員からも「誰の仲介でどのような経緯で(A社を公社に)紹介されたのか」という発言が出ました。
 一私企業であるA社を助けるために公金が不正常に使われた疑いも出てきたわけで、市と公社は真相を市民の前に明らかにする義務があります。
by takeshi_yamagen | 2013-10-19 22:46 | 市 議 会 日 誌 (2007~15)

公園清掃参加の波紋

 13.10.16公園清掃参加の波紋_c0133503_14292655.jpg
 近況報告の続き。
 先日地域の清掃デーに参加、石橋4第2公園で地域の皆さんと草刈りに汗を流しました。
 ところで私が公園に顔を見せると「山元さん、来てくれはった」と一様に驚き?の表情で迎えられました。実はこの地域の清掃活動、毎年連絡が回ってくるんですがいつもなにかの行事と重なって参加できず不義理をくりかえしていたので、皆さん私が来ることを予想しておられなかったようなのです。
 その後石橋4丁目の方とお会いしても結構その清掃活動の話が話題にのぼります。「これからは来てね」といった少々耳の痛い声と同時に、「市会議員さんが来てくれはってよかった」という感謝?ともとれる声もありました。
 参加人数がそう多いわけでもない、わずか小一時間ほどの清掃活動でしたが意外に波紋が広がっていることを思い知ることとなった次第。
 今日はちょっと反省のヤマモトでした(写真は清掃で出たごみの袋。写っている方はご近所のKさん。私ではありません)。
 
by takeshi_yamagen | 2013-10-16 22:42

10月も半ば、プチ近況報告

 13.10.1510月も半ば、プチ近況報告_c0133503_105051100.jpg
 酷暑の中の参院選挙から定例議会へとなにかとどたばたしたここ二三ケ月に比べるとやや落ちついた感もある今月、それなりの休暇も取れました(12・13日)。それでもこの半月9月議会の報告準備で精神的には結構疲れたのも事実。その成果は日本共産党の「市議会報告」にして市民の皆さんに近日中にお届けできると思います。 
 8日は決算説明会が行われ、いよいよ決算委員会のシーズンに突入。31日の当日に向けてしばらくは分厚い2012(H24)年度決算書と「格闘」です。
 12日は自宅から徒歩3分のところにある幼保一体施設なかよし子ども園の運動会にお邪魔しました。スタート地点で泣きだしたり列を離れてお母さんに駆け寄ったりと、毎度期待を裏切らない?ハプニング続出の2、3歳児たちも、4、5歳になるとさすがにしっかりしてきて走る時の腕の振りからして全然違います。今年も楽しく勉強させてもらいました。 
by takeshi_yamagen | 2013-10-15 01:04

市民の期待を胸に、さぁ宣伝再開です

 13.10.14
 9月13日から参院選挙後しばらくお休みしていた毎週金曜の石橋駅前夕刻宣伝を、そして10月10日からは共産党石橋支部の木曜街角スポット宣伝を再開、「消費税増税を阻止しましょう」「ブラック企業を根絶しよう」と辻々で元気よく訴えています。
 ビラの受け取りは上々、いつもの2、3割増といったところか。「俺は共産党違うけどな」などと言いながらよく存じ上げない方からいろいろ質問されることが、一回宣伝すると一二度あるのも以前にはなかった特徴です。情勢の反映でしょうね。
 先日は宣伝を始めるとあるお店の主人が険しい顔をして出てこられ「文句言われるのかな」とちょっと身構えたところ、「俺は共産党の人にお世話になったこともある。宣伝してくれてもええけど、商売のこともあるからやる前に一言声かけてくれるか」と言われて再び店に入っていかれました。
 また、見知らぬ方から「選挙が終わって共産党が見えなくなってしまったと思っていたら、先日山元さんが駅で宣伝しておられるのを見かけて安心しました」とのメールも届きました。
 足を出すといろいろ反応があります。皆さん、聞いてくださっているんですね。反省するやらうれしいやら…。
by takeshi_yamagen | 2013-10-14 16:19

いてくれなきゃ困る! ―醍醐寺五重塔を訪問して―

 13.10.13いてくれなきゃ困る! ―醍醐寺五重塔を訪問して―_c0133503_11143551.jpgいてくれなきゃ困る! ―醍醐寺五重塔を訪問して―_c0133503_11152569.jpg
 今日、一度行きたいと30年間思い続けながら、ちょっと郊外にあることもあってなかなか足を運べなかった醍醐寺(京都市伏見区)を初めて訪問。お目当てはズバリ五重塔(写真上)。
 実はこの塔、951年創建の京都市内最古の建造物なのです。付け加えるならば京都は平安の都と言うけれども市内に現存する平安時代の建造物はこの塔と東寺宝蔵しかないのです。
 長年の念願かなった感動の初対面!と言いたいところですが、第一印象ははっきり言って最悪。丹(に)が中途半端にはげ落ちている表面、屋根の張りを広くしようと欲張ったからか組み物がやたら目立つ四隅の軒先…(写真下)、お世辞にも美しいとは言えません。法隆寺の塔の天空を切り裂くシャープさも、薬師寺東塔の流れるような躍動感も、室生寺の塔のコンパクトさも、はたまた東寺の塔の圧倒的な存在感もありません。
 ぼろくそに言ってしまいましたが、源平の合戦、応仁の乱、幕末の争乱と千年の洛中の栄枯盛衰を眺め続けてきたのはこの塔以外にはないという事実は極めて重い。
 すこぶるべっぴんさんと言うわけでもなく、格別に要領がいいわけでもないけれど、みんなが知らないことをなんでも教えてくれる、いてくれなきゃ困る…、さしづめ会社創業以来何十年も働いてくれている事務員さんみたいな存在―、それが醍醐寺の五重塔なのです。
by takeshi_yamagen | 2013-10-13 23:02 | 山元のすべらない話

添い遂げた女の物語 ―能「井筒」を観賞して―

 13.10.12添い遂げた女の物語 ―能「井筒」を観賞して―_c0133503_10545564.jpg
 本日午後は大好きな能を見に中崎町の大阪能楽会館に出かけました。
 今回の作品は伊勢物語の「筒井筒」をモチーフにした「井筒」。
 幼い頃井戸のはたで一緒に遊んでたこともあって、自然の成り行きで一緒になりました。浮気とかいろいろあったけど、逝ってしもた今となっては結構ええ男やったと思っています。えらい昔のことですけど…、てな話を在原業平の妻である紀有常の娘の霊が旅の僧に舞って聞かせるというのがそのストーリー。添い遂げた女の達成感と寂寥感が舞台からひしひしと伝わってきます。
 原作者の世阿弥先生が上花(傑作)と自画自賛するだけのことはあって、「赤旗」の早朝配達の後であったにも関わらず、睡魔に襲われることもなく?最後まで楽しむことができました(まぁ一応「眠眠打破」を懐に忍ばしてはいましたが…)。
 同時に上演された狂言は「萩大名」。
 愚鈍な田舎大名に和歌を覚えさせようとする太郎冠者、しかしあまりの物覚えの悪さに途中で「任務放棄」。そこで慌てふためく大名役の善竹忠亮さんの演技が最高!
by takeshi_yamagen | 2013-10-12 22:57 | 能・狂言鑑賞記

この夏、私の「初物語」

 13.10.11
 ちょっと今日はコーヒーブレイク。私の今夏の生まれて初めての経験談。
生まれて初めていただきました
思いがけずいただきました。
5月30日付でいただきました。
特に努力をしたわけではないけどいただきました。
経過はともあれ、やっぱりうれしい!  ゴールド免許!
生まれて初めて利用しました
 利用率がいかほどかは知りませんが、必ず使わなければならないというものでもないと思って、利用することがなかったのですが、まぁせっかくあるんだからと、恐る恐る?使い始めたのがトイレのウオッシュレット機能。水勢もほどよく水温も熱くもなく冷たくもなくで、思った以上に心地よい―、ちょっとした驚きでした。
生まれて初めて「幸せの国」から届きました
 10日ほど前、旧友のOさんに電話すると、なんと「今、ブータン旅行中やねん。電話代高くつくから切るね」とのこと。わずか10秒でしたが「幸せの国」の空気が携帯電話から広がりました。土産話に期待しましょう。しかし、ブータンに電話かけた池田市民て両手で数えられるぐらいじゃないかな。これってちょっと自慢?
by takeshi_yamagen | 2013-10-11 20:49 | 山元のすべらない話

右翼も左翼もノンポリも、消費税増税阻止で手を結ぼう!

 13.10.10
「一部から右翼番組と言われている」と自ら認めるだけあって6日放送の「たかじんのそこまで言って委員会 共産党大会」では、激しいバトルがわが党との間で繰り広げられました。そんな中、私が意外?に思ったことは消費税増税に関して番組のコメンテーターの皆さん(すべてではありませんが…)が批判的な意見を表明されていたこと。逆に言うと安倍首相との仲のよさが「売り」の「右翼番組」の論客にまで見放されるほど消費税増税には道理がないと言うことでもあります。
 まず首相自ら消費税増税で深刻な景気悪化が起きることを認めているところからして「だったらするな!」と言いたいところですが、そこでたまらず出してきたのが6兆円規模の「経済対策」。しかしその中身たるや大型公共事業の追加、復興特別法人税の廃止、投資減税等々、大企業減税のオンパレード…。
 早い話国民から8兆円吸い上げてそれでなくとも270兆円ため込んでいる大企業の懐をさらに豊かにしようというわけ。まぁ、これで安倍内閣の狙う消費税増税が社会保障のためでも、財政再建のためでもないことはっきりしました。
 もはや「もう増税は決まった」と既成事実化で国民を偽る以外には「合理化」する術がないほど道理のかけらもなくなり、どの世論調査を見ても国民の過半数が反対する来年4月からの消費税増税、絶対に許すわけにはいきません。
 右翼も左翼もノンポリも、神を信じる者も信じない者も、仏を崇める人も崇めない人も来年4月の増税阻止へ手を結ぼうではありませんか。
by takeshi_yamagen | 2013-10-10 04:08

明治天皇のお孫さんのお孫さんも「赤旗」読者!?  ―「そこまで言って委員会 共産党大会」より―

 13.10.8明治天皇のお孫さんのお孫さんも「赤旗」読者!?  ―「そこまで言って委員会 共産党大会」より―_c0133503_19481671.jpg
 先日お知らせした「たかじんのそこまで言って委員会」の「日本共産党大会」、見はりました?党内の感想の大半は「(コメンテーターは)他人の意見を聞かずに言いたいことだけ言って…」てな感じで、あまりいいものではありませんでした。
 確かに並み居る「右派」のコメンテーターの皆さん、お行儀がいいとは決していえませんでしたが、あの番組はいつもあんな調子ですからあまり気にはなりませんでした。私はむしろわが党の人間を一度に8人も呼んで内容はともかく1時間半みっちり討論させてくれたこと、討論テーマの冒頭で日本共産党の政策をいたってまじめに紹介してくれたことに好感をもちました。
 ただ、彼らの「地球が寒冷化している」「従軍慰安婦はなかった」といった明らかに事実と違う発言や「韓国は“あたり屋国家”だ」というヘイトスピーチまがいの発言だけはいただくことができませんでしたね。
 また明治天皇のお孫さんのお孫さんである竹田恒泰氏は「自衛隊はすでにアメリカの後方支援をしているから憲法9条の武力行使の禁止は意味がない」と発言。しかし、9条があるから歴代自民党政権ですら直接の武力行使ができなかったわけで、その主張にはちょっと無理があるように思いました。まぁ、「赤旗」をご購読してくださっているとのことでしたので、これくらいにしておきましょう。毎度あり~!!
by takeshi_yamagen | 2013-10-08 19:52 | 日本共産党はこんな政党です

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る