山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧


なにかある、なんかやってる、だれかにあえる―、土日の午後はさぁ池田に行こう!

 14.2.28c0133503_14365279.jpg
 2007年の落語みゅーじあむ開館時に私は「リピーターを増やすには『来たらなにかやってる』って思ってもらうことが大事では?」と指摘させてもらいましたが、ミュージックバル(次回7月)、落語ばる(3月9日)、社会人落語日本一決定戦(今年も秋に開催)、猪肉グルメラリー(今日までです)等々、この間の池田の催物を見ると、池田全体が「なんかやってる」まちになってきたように思えます。また特になんもやってない日でも逸翁美術館、落語みゅーじあむ、チキンラーメン記念館、日本一ちいさい?五月山動物園、大衆演劇の呉服座、左党飲んべにはたまらない石橋界隈等々、池田は楽しめる「なんかがある」まちでもあります。
 「どっか行こか?」てな会話を週末にご家庭内で交わされている京阪神の皆さま、「出発まで時間あるな」と大阪伊丹空港でつぶやかれている全国の皆さま、迷わず半日行っても楽しめる池田へいらっしゃ~い!? 素敵な出会いがある、かもね。
 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-28 12:23

市教委「石橋小学校の耐震化を推進」 石橋小中一貫校事実上断念へ!

 14.2.27
 住民の反対を押し切って強行され現在建築中の細河小中一貫校をめぐっては、「通学バスはどうなるのか」「学内で子どもたちの安全が確保されるのか」など市教委の説明不足もあってはやくも矛盾が噴出しているとの情報が現地から届いています。市教委はこの細河に続いて石橋でも小中一貫校建設を進めるとしており石橋地域でも反対や不安の声が広がっています。
 そんな折、市教委から1片の通達が届きました。見ると「…石橋小学校の耐震化を推進いただくよう(市長に)申し出をおこなう」とあります。実は石小は石橋中学校との小中一貫校構想を理由に耐震化されていませんでした。一貫校建設に伴い壊してしまう校舎を今耐震化しても金のムダという理屈です。ですから今回の通達は石橋小中一貫校を市教委が事実上断念したことを意味します。
 3年前に出された小中一貫校の名のもとに池田市内の11小学校のうちまず7校をつぶそうという市教委の計画―、これで伏尾台小学校と細河小学校以外の5校は住民の皆さんとともに守り抜くことができたことになります。議会内外で「小学校守れ」とお力添えさせていただいた私ども日本共産党市会議員団としても本当に嬉しい限り。ちなみにうち3校(北豊島小、石橋南小、石橋小)は私の活動担当地域の学校です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-27 10:29 | 守ろう!みんなの小学校

子どもに親の婚姻歴の責任はない! 池田市で「みなし寡婦(寡夫)控除」適用開始

 14.2.24c0133503_19305168.jpg
 未婚のひとり親世帯には税法上の寡婦(寡夫)控除が適用されないため、同じ所得でも課税額が高くなります。そうなると課税額に応じて金額が決まる保育料や市営住宅の家賃に差が出てきます。特に非課税であるかどうかはあらゆる制度の軽減につながります。
 わが党が「子どもには親の婚姻歴の有無は何の責任もない。どの子にも平等に支援が行われるべきで、せめて子育て支援分野には寡婦(寡夫)控除を適用したとみなして婚姻歴のあるひとり親と同等の支援ができるよう『みなし寡婦(寡夫)控除』を適用してはどうか」と昨年12月議会で求めたところ、先日池田市は4月から「未婚のひとり親世帯を支援する新制度」を創設すると発表しました。
 適用範囲は、保育所の保育料、留守家庭児童会(なかよし会)の保育料、私立幼稚園保護者補助金、子育て短期支援利用者負担金、母子生活支援施設入所徴収金、就学援助費、市立幼稚園入園料・保育料、フッ素塗布負担金、市営住宅使用料(家賃)、障害福祉分野も地域生活支援給付、日常生活用具給付、住宅改造費助成と広範囲に及び、例えば保育所に2歳児をあずけ所得階層がD1(住民税が9000円未満)の場合、現在21700円の月額保育料(年間260,400円)がみなし寡婦控除の適用を受ければ0円になります。
 同様の制度は首都圏を中心に沖縄、熊本、岡山各県、高松、高知、松山、奈良、四日市、沼津、新潟、札幌各市など全国的に広がりを見せていますが、おそらく大阪府内の市町村では初めての適用になると見られます。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-24 19:32 | 市 議 会 日 誌

3月9日、池田のまちは笑いに包まれます ―第1回いけだ落語バル―

 14.2.23c0133503_15524588.jpg
 話が落ち切らないのでもう一つ落語話にお付き合いを。
 店が寄席小屋に早変わり、池田のまちが笑いに包まれます―、てなわけで3月9日(日)「いけだ落語バル」が開催されます。楽しみ方は16日付ブログで紹介したミュージックバルとほぼ同じ。まず5枚綴りのチケット(3,000円)を購入し、各お店で1枚出せば落語1席が聞けてバル限定のおもてなしメニューが頂けるというわけです。会場は池田駅周辺11のお店、飲食店のみならずなかには歯医者さんもあります!? 3月9日池田のまちの辻々から落語が聞こえる(はず)。ぜひお越しください(お問い合わせは同実行委員会事務局のいけだ3C株式会社072-751-5591 まで)。 

 ところで落語を通じたまちおこしについてはわが党の柿原高弘元議員が2004年12月議会以来何度もとりあげてきた経緯があります。それが落語みゅーじあむの建設などの後押しとなったのは間違いないでしょう。最後にちょっと宣伝でした。えっ、まだ話が落ちひんて?
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-23 15:55

「池田の猪買い」聞いて池田で猪食え!? てかぁ~

 14.2.22c0133503_16451234.jpg
 池田で落語が盛んな背景には池田を題材にした作品の存在が大きいと思います。
 その中の一つに「池田の猪買い」があることからも窺えるように、池田の人間にとって猪は比較的身近な存在。今でも北部五月山山麓に生息しており街中近くまでおりてくることもあまり珍しいことではありません。私も小学生の頃、肉屋の店先に猪が1頭ごろんと横になっているのを見てびっくりした経験があります。
 さてその猪をまちおこしに活かそうと昨年から始まったのが「猪―1グランプリ」。市内8つの店が猪肉を使った料理の腕を競いあいました(1月11日開催)。続いてそれらのお店を含めた池田駅周辺15の店が自慢の猪料理を提供してくれるグルメラリーが開催されています。全店制覇の方には2,000円の共通お食事券がもらえるとのこと。
 実は私も先日「ちょっと風邪ひいたみたいやから外で食べてきて」との妻の一言にかこつけてラリー参加店の一つ市役所近くの「照の家(しょうのや)」さんで猪カラ(700円)をいただきました。う~ん、ワイルドな味だぜぇ(写真)。
 ラリーは2月28日まで。お急ぎください(詳細は事務局のいけだ3C株式会社072-751-5591 、または池田市HPイベント情報まで)。
 
 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-22 16:48

社会人落語の聖地 池田へ ―社会人落語日本一決定戦実行委員会に参加して―

 14.2.21c0133503_1654652.jpg
 本日午前私も実行委員を拝命しております社会人落語日本一決定戦の実行委員会が大会総括である桂文枝師匠を招いて市立落語みゅーじあむで行われました。
 まず昨年の第5回決定戦が329人の応募がありそのうち音源審査を経た175人で予選が行われたこと、二日間でのべ8,500人の方が池田を訪れたことが報告されました。
 続いて文枝師匠が「社会人落語家は家で迫害されていることが多いので(!?)『決定戦に出た人は偉いんだ』と彼らの名誉回復を形で残すために今日五月山で桜の植樹を行います」と述べられ会場を沸かせてくださいました。また決定戦参加者の同窓会が池田で計画されているとの報告もあり、池田はまさに社会人落語家の「聖地」になりつつあるようです。 
 
 ところで今回実行委員会の行われた落語みゅーじあむでは以下の催しが予定されています。
 <同館主催のアマチュア落語家講座修了生による発表会寄席>…2月22日(土)午前10時~午後6時15分、2月23日(日)午前10時~午後6時15分、3月1日(土)午前10時~午後5時25分。無料。
 <第13回@寄席>…3月29日(土)午後2時~ 銀シャリ他 木戸銭1,500円。
 <第87回落語みゅーじあむ寄席>…4月12日(土)午後2時~ 桂三語他 木戸銭1,500円
※詳しくは同みゅーじあむ(072-753-4440)まで。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-21 16:05

中学校給食―、改善の余地あり

 14.2.19c0133503_1842462.jpgc0133503_185792.jpg
 昨日、4月から実施される中学校給食(デリバリー弁当)の議員対象の試食会がありました。献立は豚肉炒めと、青菜(小松菜)の炒め物、卵焼き、みかん(缶詰のもの)となぜか牛乳。議員諸氏の感想は「ご飯は温いがおかずが冷たい」「おかずの量が中学生には物足らないのでは(ご飯のお代わりはあるそうですが…)」「味が薄い」「おつゆが欲しい」と党派を超えて?概ね不評。
 市教委は「食器の縁に緑色のテープを張ってあるのがアレルギー対応容器で他と区別している」「(おかずが冷たいのは)菌の繁殖を避けるため一旦20度以下に冷却するから」と食育の観点、安全性の確保を第一で考えているとしきりに強調していました。
 私は、例えばおかずの温かさ一つとってもはるばる有馬温泉の先(西宮市山口町)にあるような遠い業者ではなくもっと近いところの業者に調理発注したり、大東市のように配膳前に再度温める機械を導入したりすれば安全性を確保しながら解決できるのになぁ、と率直に思った次第です。もっとも、根本的な解決策がデリバリーではない直営自校方式の給食にあることは言うまでもありません。市教委は今後中学生には3回アンケートをとっていくとのことですが、改善の余地大いにありですね。
 ちなみに材料費297円、それが給食費になるとのことでした(牛乳が飲めない人は50円マイナス)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-19 23:45 | 市 議 会 日 誌

マスコミは被災地の状況を伝えよ

 14.2.18c0133503_1252212.jpg
 わが党の小越県議からの情報では、やっと山梨県が陸の孤島から徐々にではあるが脱出しつつあるとのこと。これは朗報。
 しかし数千人の人が集落、車、列車に何日も取り残され命の危険にさらされて(実際死者も出た)、一つの県がすっぽり孤立しているのに政府の動きもさることながら連日被災地の状況を1面で伝える赤旗を除くとテレビ、新聞などマスコミ各社の報道は鈍すぎる。ソチオリンピックばかり。私のまわりでも「山梨でなんかあったん?」という人もいる。オリンピックでの日本人の活躍は感動だ。しかし今からでも遅くない。報道各社は今山梨(だけではないが…)で多くの日本人が命の危険にさらされています、皆さん自分のこととしてできることを考えてください、募金先は○×です…、と大きく伝えるべきではないでしょうか。

 追伸;安倍首相は羽生選手の金メダル獲得にあたって「被災地に勇気を与える」と言ったとのこと。首相、今度はあなたが被災地に勇気を与える行動をとるときです。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-18 08:55

大雪の日、安倍首相は…

 14.2.17
「あかちゃんのミルクがない」
「埋もれた車の中の人の安否がつかめない」
 記録的な積雪で道路が通行できなくなり、長野・山梨など7都県11市町村で、少なくとも3,200世帯の6,900人が今なお孤立する集落に取り残されており、住民の命と健康への影響が心配されています(16日深夜現在)。
 日本共産党は関東甲信越大雪災害対策本部(本部長 志位和夫委員長)を設置。人命を守るために政府にありとあらゆる対策をとるように求め、世耕弘成官房副長官らは「政府として万全の対策をとる」と返答。その後再度人命優先、各力の情報収集に努めるよう政府に要請しました。
 ところで朝日新聞の「首相動静」を見ると… 
「15日午前 公邸で過ごす。午後2時25分 報道各社のインタビュー。31分 羽生結弦選手を電話で祝福。54分 東京富ヶ谷の自宅」 
「16日午前 東京富ヶ谷の自宅で過ごす。午後5時49分 東京赤坂のてんぷら料理店「楽亭」。支援者らと食事。8時5分 自宅」
 安倍総理は災害対策の陣頭指揮どころか公の場に出向いた「痕跡」すらありません。ネット上では「羽生君と喋っている場合か!」の声が飛び交っているとのこと。
 さらに私が注視していたのはNHK。私の見た限り雪害に関しては「雪かきが大変で~す」みたいな報道ばかりで住民の命にかかわる事態が進行していることなどひと言も触れていません。
「政府が右向けと言えば左を向けない(籾井NHK会長)」とはこういうことかと思い知った次第です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-17 08:58

地産地SHOW! 池田ミュージックバルを楽しみました

 14.2.16 c0133503_842779.jpgc0133503_8422246.jpg
 昨日石橋界隈で開催された“いけおん”ことミュージックバルに出かけました。
 「地産地SHOW」を合言葉に池田ゆかりのミュージシャンが参加各店舗でミニコンサート(約30分)を開くという催し。500円の缶バッジ(入場パスポート)を購入すればどのお店も回れます。一つのお店に陣取って多くの演奏を聴くのもよし、お気に入りのお店をはしごして聴きいるのもよし、気にいったら急きょ「追っかけ」になるのもよし、自分に合わせた楽しみ方ができるのが魅力。参加店にはステージがない狭いお店も多く出演者と距離が近い(て言うか、ほとんどない!)のもいいですね。気がつけばその日の演奏を終えたミュージシャンが今度はお客さんになって隣におられる、なぁんてことも…。
 さて私は3店で4組の演奏を楽しみました。
 南国の甘いメロディーを堪能させてくれたハワイアンのカメteeさん、キャンディーズ、百恵ちゃんなどなつかしい昭和歌謡を楽しませてくれた男女ユニットチーズとトマトさん(といっても女性ボーカルのふーちゃんは平成生まれです)、c0133503_845572.jpgc0133503_844247.jpgなんとも言えない木の温かさを感じさせてくれるファゴット(ドイツの木管楽器)奏者のアンジェラ・ぴかさん、そして最後はアビリーングラスバンドの陽気なカントリーミュージック…、まさに音楽三昧、皆さんありがとうございました。

※本日(16日)は池田駅周辺のお店で行われます。問い合わせはルークカフェ内同実行委員会(072-752-7188)まで。
※次回ミュージックバルは7月5日(石橋)・6日(池田)の予定です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2014-02-16 08:16 | イシバシ NOW