山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


維新退場で互いの愛を育もう

 15.10.30
「なぜ自民党と組むんや」
「うちはずっと共産党。自民党に入れるくらいなら棄権したほうがマシや」
 そんな声が池田市内の共産党の支持者のみなさんからも出ています。この共産党一筋の「共産党愛」と申し上げてもいいようなみなさんの思い、私は本当にうれしいし、ありがたく思っています。かく言う私も「自民党=大企業の代弁者、共産党=働くものの見方」と信じて自民党と闘ってきました。それはそれで基本的には間違っていたとは思いません。
 しかし、よく考えていただきたいのは「なぜ共産党と組むんや。共産党も推す人に入れるくらいなら棄権したほうがマシや」と「自民党愛」をお持ちの方も多くおられるということ。もちろん「民主党愛」「公明党愛」もあるでしょう。愛まで昇華しているかはともかく?多様な意見が活発に闘わされて多くの人が納得する一致点を見出していく―、それが民主主義だと私は考えます。「選挙で勝った者がなんでもできる」と府民のみなさんの「○×愛」と切って捨てるのが橋下維新なのです。
 府民のみなさん、維新退場、くりはら貴子さん勝利で、互いの愛を育んでいける大阪をつくろうではありませんか!

 明日31日(土)午後3時より住吉会館において市政報告会を開催いたします。マイナンバー制度などについてもお話いたしますのでお誘い合わせのうえお越しください。

[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-30 11:45

維新退場で大阪にまっとうな政治を取り戻そう! ―山下よしき書記局長の訴えから②―

 15.10.30
 山下さんは「この戦いは自民党の候補者を応援する戦いではない」とし、「これは、われわれ自身の戦いだ。大阪から維新政治という異質の危険を打ち破り、大阪にまっとうな政治を取り戻す戦いだ」と強調。 
 栗原たか子府知事予定候補 のマニフェストや松井知事との討論会での発言を紹介しつつ、子どもと教育にたいする情熱、思いはわれわれと一緒であること、柳本あきら市長予定候補が敬老パスの一回50円の自己負担廃止を掲げ、先日の討論会で、維新候補からの「理念も考え方も全く違う政党が一緒にやるのはおかしい」との非難に対して、「大阪をよくしたいという一致点で大阪党として大同団結している。何も不思議なことではない」ときっぱりと切り返したことを紹介すると大きな拍手が起こりました。
 最後に、「もちろんわれわれと栗原さん、柳本さんは、何から何まで政策が一致しているわけではない。賛成できることには賛成するが、意見の違うことは堂々と議論したい」と切り出した書記局長は、「この『議論できる』ということが大事だ」と強調。「維新政治は意見の違うものを排除し、切り捨てる。異論は許さないというのが維新政治だ」と指摘。「オール大阪の団結した奮闘で、必ず維新政治に終止符を打とう」と演説を結びました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-30 08:18

「共産党が嫌い」「自民党が嫌い」って言っている場合ではない! ―山下よしき書記局長の訴えから①―

 15.10.30
 昨夜中之島中央公会堂で開催された「さいなら維新政治10.29府民大集合」での日本共産党山下よしき書記局長・参議院議員の訴えから(宮本たけし衆院議員のFB記事を転記)

 山下書記局長は、勇気を持って駆けつけて下さった柳本参議院議員に感謝を述べた上で、「自民党では、東京の方から『何で共産党と一緒にやるのか』との声もあると聞いている。率直に言って共産党の中にも『何で自民党の候補者を推すのか』との声もある」と切り出しました。
 しかし、今や「自民党が好きとか嫌いとか、共産党が好きとか嫌いとか、言っている場合じゃない、維新という異質の危険を打ち破るために、自民党も共産党もオール大阪で力を合わせるのは当然のことだ」と訴えました。
 書記局長は「維新が大阪でやって来たことは何か」と問いかけ、職員に対する思想調査、「君が代」斉唱の口許チェック、都構想による大阪市の廃止解体の企み…憲法も地方自治の原則も踏みにじって恥じない政治だったこと。
 大阪市解体の住民投票では大阪に不毛な対立を持ち込み、市民が真剣に考え、その良識を発揮して打ち破ったにもかかわらず、再び「都構想」を掲げて大阪を壊そうとしている…「もううんざりだ、大阪では『ソースの二度付けお断り』、きっぱりと維新政治に終止符を打とう」と訴えました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-30 08:14

「あんたが自民党のポスターもってくるとはビックリポンや」

 15.10.29
 反維新で府民の共闘が進む中、自民党側からくりはら貴子府知事候補と柳本あきら大阪市長候補の連名ポスターがわが事務所にも届き、さっそく張り出しのお願いに御近所を回りました。
 まず石橋南小横の保守系候補の参謀を務められたこともあるFさん宅へ。
 対応してくださった奥さんは「山元さんが自民党のポスターのお願い来られるとはビックリポンや」と驚かれました。「こんな日が来るとは私もビックリポンです」返して二人で大笑い。
 次の訪ねたのが代々石橋にお住みのHさん。やはり「共産党のあんたがなんでやねん?」と不思議がられたので「くりはらさんは私たちの声が届く当たり前の府政をつくってくれる府民みんなの候補やと私は思ってます。そこには党派は関係ありません」とお答しました。
 お二人とも快くポスターを貼ってくださいました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-29 21:47

北の大地からあたたい風が吹いてきました ―宮城県議選共産党倍増に思う―

 15.10.28
 北の大地から暖かい便りが届きました。
 25日投開票の宮城県議会選挙(定数59)で日本共産党は現有4議席から8議席へと躍進、第2党に躍り出たのです。議席を増やしたのは共産党だけ。これでわが党は村井知事相手に代表質問も行なえるようになりました(さしあたってどーでもええ話ですが村井知事はお隣の豊中4中出身です)。8月の仙台市議選で現有7議席を守り、9月の岩手県議会選挙でも一つ伸ばす(3議席)など、今東北の共産党は勢いづいています。大阪もがんばらねば!
 ところで9月の選挙結果を見て党岩手県委員長は「県議会で1議席から2議席にするのに40年かかりましたが、今度は4年で3議席を勝ち取りました」との名言を残されました。今回はさしずめ「8年かけて倍々ゲームで8議席にしました」といったところでしょうか(2007年2議席→11年4議席→15年8議席)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-28 08:06

戦争法余聞④ 真夜中の少女

 15.10.27
 妻から「それこそ寝ぼけた夢みたいな話言わんとき」と呆れられ、池田市議団の面々からは「歳と立場考えや」と嘲笑され、私自身も「書こか書こまいか」と悩んだのですが、「すでにひと月経ったことだし一応書きとめておくか」と決意しました。世にも不思議なお話に、今晩はお付き合いください…。

 戦後70年の日本のありかたを変える戦争法案審議が深夜に及んだ先月16日、報道番組を見ながら少しうつらうつらしていると、ほどなく玄関に通じるドアが開いて5、6歳の、面長で少し目もとが腫れぼったい少女が居間に入ってきました。彼女は、驚いて飛び起きた私の膝にすっと座り、私が少しいちびって頬ずりのしぐさをすると、おもむろに顔をそむけ微笑みました。テレビには相変わらずがらんとした国会が映っています。私はリモコンを押して一旦オフにしようとしたのですが、どうしたことか画面がまったく消えません!
 私が焦っていると彼女は立ちあがって結局ひとことも言葉を発することなく再び玄関の方に消えていきました。
 彼女は親族の誰かだったのか、それとも70年前から歳をとることがなくなった少女だったのでしょうか…。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-27 22:44 | 山元のすべらない話

知事選勝利へ、ちょっとその前に…

 15.10.25
 知事選の準備で俄然忙しくなってきてしばらくブログをお休みさせていただきました。すでに御存じの方も多いと思いますが、「民主主義守れ、独裁政治を許さない」と府民の間で維新包囲網が広がる中、知事選で私たちは府議のくりはら貴子さんを自主的に支援してたたかいます。実はくりはらさんは豊中選出の現職の府会議員。所属は自民党です。「なんで共産党が自民党?」と言われる方もちらほらおられますが、民主主義の土俵を守るという大義で一致団結、そこには自民党も共産党もありません。土俵が壊されそうな時にはいつもは熾烈なたたかいを繰り広げる白鵬も鶴竜も稀勢の里も団結するというわけです。
 ところで24日は支持者のみなさんとバーベキュー。選挙戦向けて腹ごしらえ、おいしいお肉を頂きました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-25 21:45

出馬の大義は?②

 15.10.10
 この倉田前市長の大義なき出馬話、市民の代表からなる市議会(定数22)の反応はというと、彼を推すのは二人だけ(うち一人は息子)。かつて支援してくれた自民・民主・公明諸会派からも完全に見放された形です。ちなみに今回倉田支持を表明した二人は自民会派を放りだされました。
 そんな中、彼を励ます会の資料を入手。その発起人を見るとゴルフ場会社の社長、食品会社の社長、元プロ野球選手など12人の名前が並んでいますが、肝心の池田市民は私の知る限り一人だけです。彼が誰に推されどちらを向いた政治をするつもりなのかおぼろげながら見えてきました。 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-10 22:40

出馬の大義は?

 15.10.8
 前回府知事選に出馬し敗れた倉田前市長が12月の市長選に出馬するとの情報が流れ市民のみなさんから驚きと憤りの声が上がっています。その理由は①前市長は4年前当選半年で市長職を投げ出している、②自分が後継指名した小南現市長と争うのは道理がない、③自身の息子(晃氏)が今春の市議選で当選しており、親子でチェックする側とされる側にいることになるのはおかしい、等々です。「出馬の道理が立たないではないか」「みっともないことやめなはれ」というわけです。
 報道などによると前市長は「小南市長は行革のスピードが遅い」「公共施設管理公社で不明瞭な入札を繰り返していた業者との高級車購入をめぐる市長の疑惑の発覚で、市長復帰をめざすことを決めた」と言っているとか。しかし行革が遅いのなら後継者を側面から激励したらよいわけで自らの出馬理由にするのはやはり苦しいと言わざるを得ません。また現市長疑惑は小南氏が倉田氏の元で副市長を務めていた頃(2008年夏)の話であり、倉田氏が言えば言うほど自身の任命責任が問われてきます。
 この出馬話、どこから見ても大義はありません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-08 22:19

どたばた、アタシも阪神も…

 15.10.5
 土日(3・4日)の近況報告。
 3日は赤旗日刊紙の早朝配達の後自宅で休息。午後は後援会ニュースの作成等。その合間を縫って社会人落語日本一決定戦の予選会場のひとつ池田会館を訪問、短時間でしたが今年も笑わせていただきました。4日は赤旗日刊紙の早朝配達の後石橋南小学校の運動会へ。午後は共産党の会議等々…。とまぁなんとも慌しい、どたばたとした週末週初めとなってしまいました。
 どたばたと言えばわが阪神タイガース、2日の神宮球場では今シーズン限りで引退する関本のタイムリーヒットで同点に追いついたものの、結局延長12回サヨナラでヤクルトスワローズの優勝を許してしまいました。そのヤクルト、「阪神に悪いことしたなぁ」と思ったのか翌3日4位広島に勝利、せっかくクライマックスシリーズ(CS)に誘ってくださったのに4日黒田に手も足も出ずその広島に大敗。阪神のCS進出は広島の最終戦の結果次第となってしましました。
 思えば30年前阪神は神宮のヤクルト戦でリーグ優勝を決め、今年8月6日広島でのナイタ―で空気を読まずに(?)勝ってしまったツケが、今になってまわってきたようです。因果応報ですな(8/6付ブログ参照)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-10-05 03:09