山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


手を振ってくださる方が予想以上に多かったような…

 15.11.30
 選挙戦二日目。
 石橋駅東口で早朝宣伝後、市内南部と伏尾台地域を中心候補者カ―で回りました。30回ほど辻々でスポット演説。急な立候補だったにも関わらず手を振ってくださる方が予想以上に多かったような…。出足は上々です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-30 23:05

元気に出発させていただきました

 15.11.29c0133503_22442461.jpg
 今朝の出発式には200人の方に集まっていただきました。地域のママさん、清水ただし衆院議員、藤原市議、柴田前市長候補に激励の言葉をいただき、元気に出発しました。以下は私の出発式でのあいさつです。ちょっと長いのですが掲載いたします。

 市民の皆さん、みんなのための新しい池田市政をつくる会の山元たけしです。
 2月6日投開票の池田の市長選挙に立候補いたしました。一週間の短期決戦ですが命暮らしを守る私山元たけし市長へと押し上げていただきますようまずもっとよろしくお願いいたします。
 みなさん、9月に「戦争する国にするな」「憲法を守れ」の空前の反対運動を無視して、自衛隊を海外での武力行使に道を開く戦争法を安倍政権は強行可決しました。先日はフランスでテロ事件があり、尊い命が犠牲になりました。負の連鎖、悲しみの連鎖が広がっているという報道を聞くにつけ、戦争する国に日本がなること、私は許すわけにはいきません。そして今ほど憲法の9条をはじめとした平和原則の遵守が求められている時はないのではないでしょうか。
 安倍内閣の暴走政治のもとで非正規雇用が増大、今全労働者の4割を占めるにまでなりました。ブラック企業、ブラックバイトの蔓延するもと、貧困と格差が広がっています。憲法25条に保障された生存権、文化的最低限度の生活すら脅かされています。
 国が悪政をすすめるならばその防波堤となって市民の生活を守るのが地方自治体池田市の役割です。倉田・小南市政の20年間、市は住民の願いに応えその役割をはたしてきたでしょうか。
 国から官僚を呼び国の悪政を先取りし保育所民営化、幼稚園の統廃合、施設運営の民間委託、学校統廃合、家庭ごみの全部有料化などきりがないほど行革がすすめられ、池田の優れた施策がどんどん失われてきました。職員の数を減らしすぎてこのままではサービスが維持できないと住民の個人情報を取り扱う総合窓口や福祉窓口を民間にゆだねるところまで自治体の役割を投げすててきました。問題の多いマイナンバーの取扱いも民間業者にまかせるなど情報漏洩の危険がさらに高まっています。さらに「おまかせ民主主義はダメ。自分のことは自分でせよ」とばかりに福祉・くらし・教育予算の削減がすすめられてきました。
 国と地方自治体池田市には今憲法を活かす政治を行うか否か、そのありかたが問われているのではないでしょうか。
 私山元たけしは憲法を活かし子ども・高齢者の誰もが安心して暮らせる池田めざして五つの転換をお約束いたします。
 一つ目は福祉についてです。
池田市を誰もが安心して暮らせる福祉先進都市にしていきたいと思います。子どもの医療費助成は18歳まで拡大、国保料・介護保険料の引き下げ、保育所の民営化を許さず、こどもの貧困対策をすすめていきます。
 二つ目は教育の問題です。
 私は教育にとって一番大事なことはどの子にもわかる授業を保障して、こどもたちが学校を「友だちにもあえて勉強も楽しい」と思える場にすることだと思います。そして行政に求められているのは現場への介入ではなくその条件整備を行うことだと考えます。きめこまかい教育を保障する少人数学級を全学年に拡大していきます。学校のトイレ改修、中学校給食のあたたかい自校方式へと転換していきます。安全・安心の楽しい学校つくり、これは学校が近くにあってこそです。私は小中一貫教育に名を借りた小学校つぶしは絶対に行ないません。
 三つ目は雇用・地域経済の活性化まちづくりの問題です。
 全国三分の一の自治体で実施されまちの経済活性化に抜群の効果があること実証済の住宅リフォーム助成制度もぜひ実現したいと思います。また池田は文化遺産に恵まれた町です。それらの調査、保存・整備をしっかり行なって回遊ルートなど整備していきたいと思います。太陽光パネルの設置を拡大し原子力発電にたよらない再生可能な自然エネルギー中心のまち池田をめざします。墓地開発の規制などを通じて五月山の緑、そして猪名川の清流を守ります。昨年の集中豪雨では土砂災害や水害など少なからぬ被害が発生しました。被害を最小限にくいとめるため防災減災対策をすすめます。労働基準監督署やハローワークとも連携をとってブラック企業やブラックバイトの根絶につとめ、悪質な企業に対しては入札参加とりけしなどの措置をとります。
 最後は戦争法です。
 私は市民の命を守ることが福祉施策の最大の目的だと考え、日本共産党の市会議員として2期8年核兵器の廃絶、反戦平和かかげてがんばってきました。日本が再び戦争する国にされようとしている今、戦争法廃止、池田の若者を戦争に送らない、市民のみなさんと全力あげてとりくんでいきたいと思います。
 どうか私山元たけし市長におしあげていただいて憲法を政治に活かし福祉暮らし教育最優先の市政に転換するこの仕事、私山元たけしにやらせてください。重ねてお願いいたしまして出発のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-29 23:08

池田市長選挙に立候補いたします

 15.11.27
 急な話ですが私12月6日投開票の池田市長選挙に立候補いたします。1週間の超短期決戦ですがどうかご支援のほどよろしくお願いいたします。
 選挙事務所;池田市住吉1丁目2-9(住吉交差点北西 ファミリーマート東隣)
 出 発 式;29日(日)午前9時池田駅前ダイエー前
 とり急ぎご連絡まで。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-27 23:55

必ず橋下維新は倒せる -W選結果から見えること-

 15.11.27
 22日投開票の大阪府知事・大阪市長選は私たちの支援した栗原知事候補・柳本市長候補は残念ながら当選にはいたりませんでした。栗原候補の得票率をよく見ると大阪市・堺市で平均(32%)より高い数字の出ていることが窺い知れます。ご存知のように両市とも維新の悪政に対して住民の共闘が大きく前進したところ。またわが池田市の栗原さんの得票率は37%で府内衛星都市ではトップです。その背景にはやはり学校備員補助の廃止や池田北高校廃校など維新の悪政が目に見える形で表れたこと、反維新の共闘が進んだことがあるのは間違いないでしょう。
 橋下維新がこれからも民主主義破壊、福祉・教育破壊の政治を続けるならば必ず住民の厳しい審判を受けることをこの選挙結果は示しています。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-27 15:39

投票日前、ぜひお考えください

15.11.20
「橋下維新はいろいろやってくれている」という府民のみなさん
ぜひお考えください
彼らが府政を担ってきたこの8年、くらしや教育、彼らの府政でよくなったでしょうか。
「こどもの安全を守るのは府の仕事ではない」と学校警備員補助が切られ、校門から警備員さんが消えました。
「魅力のない学校だから」という理由で池田北高校をはじめとした多くの高校が潰されようとしています。
救急救命センターへの補助はばっさり切られ、大阪の救急患者拒否率は1.7倍になりました。
先生をまともに採用しなかったがために大阪の校内暴力は47%(全国8%)増、不登校児童は31%(全国14%)増と危機的な状況になっています。
彼らの口から福祉や教育の業績が出てこない理由はここにあるのです。

「それでも二重行政の解消をしているじゃないか」という府民のみなさん
ぜひお考えください
彼らが声高に叫ぶ「二重行政の解消」とはなんなのか。
近い距離に府立の急性期医療センター(住吉区)と住吉市民病院(住之江区)があるのは「二重行政」、だから潰してしまえと。
私は聞きたい。
分娩件数は同市民病院が年間726件、府立同センターは446件。民間の産科不足が問題になるなか、公立病院をつぶして一体どこがこのお産を引き受けるのかと。生まれてくる子に府立の子、市立の子がどう関係あるのかと。
また府立と市立の体育館があるのは「二重行政」だと。
私は聞きたい。
両体育館の稼働率は70%をこえ、前者は相撲などの民間の興業に力を入れ、後者はアマチュアの育成に力を入れる、ちゃんと「すみわけ」までしている―、どこに潰す理由があるのかと。 
大学、図書館、美術館、博物館―、どれをとっても住民にとっては大事な大事な財産。
二重行政の解消、そしてその行き着く先の大阪市解体と都構想―、それは住民の財産を潰す口実にしか過ぎないのだ。

「それでもはっきりものいっているではないか」という府民のみなさん
ぜひお考えください
彼らがはっきり言うとはどういうときか。
「選挙で勝った僕が民意」「政治に足りないものは独裁」「(女子高校生に対し)文句があるなら大阪から出ていけ」
それは他人を恫喝し、屈服させるとき。
当然相手は自分より弱いもの。彼らが大企業や安倍首相にはっきりものいうことは聞いたことがない。
私は聞きたい。
そのどこに民主主義があるのかと。

私たちのくらしと教育よくする第一歩にしたい―
だれもが自由にものいえる政治と社会をとりもどす第一歩にしたい―
その思いが、支持政党や思想信条やこれまでのいきさつや個人的なあれこれを乗り越えて、働く者、政党人、若い兄ちゃん・姉ちゃん、高齢の方、中小企業の大将、町内会の顔役、部落解放を担ってきた活動家等々の、幾重にも重なりあう大きな共同のうねりなってきている。
この共同を「野合」と呼ぶ者は、民主主義を知らないか憎悪する者―、
そんな輩に負けるわけにはいかないのだ。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-20 11:25

W選挙勝って同窓会しましょう!

 15.11.18
「初めてお目にかかります」
「お久しぶり。何十年ぶりでしょうか」
 そんなあいさつが今大阪中で交わされています。
 先日生まれて初めて自民党の演説会で紹介されたと書きましたが、連合と全労連のみなさん、解放同盟と旧全解連のみなさんなど、運動の路線の違いから袂を分かちときには激論を闘わしてきたみなさんが、過去のいきさつを乗りこえ今次々に反維新、W選挙くりはら、柳本勝利で固く手をつなぎ動き出しています。
「選挙に通った僕が民意」「今の政治必要なのは独裁」と言い切る人間をトップに抱く組織を許せば、民意に基づく自らの主張を語ることも激論を交わすこともできなくなることをみんな思い知っているからです。
 それは大阪の、そして日本の民主主義を守る連帯、そして大同団結。
「それは野合だ」とは、民主主義を知らない者のセリフです。
 そうそう、もう一つ上記のみなさんからこんな言葉も大阪中で語られているとか。
「W選勝って同窓会しましょう!」
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-18 21:22

オール池田でくりはら知事誕生へ! ―自民党主催のくりはら貴子演説会に参加して―

 15.11.13c0133503_8475262.jpg
 石川たえ府議、清水ただし衆院議員を迎えた明るい民主大阪をつくる会の学習決起集会は、100人を越える方で大成功。その勢いで週明けの9日から池田市内全駅(といっても池田には阪急石橋と池田駅しかありませんが)で平日夕方宣伝(月曜は朝)が始まりました。どうも維新の主力は大阪市内に行っているようなので、その間に栗原貴子の風を池田でも吹かしに吹かして一気に追い抜きたいものです。
 そして昨夜は市民文化会館で開かれた自民党主催の栗原演説会へ。
 会場は開場前からすでにいっぱい。最終的には250人は来ておられたでしょうか。演壇で自民党の国会議員、府会議員、池田市長が次々マイクを握り、前の会場からくりはらさんが駆けつけられた頃には会場の熱気は最高潮に…。
「あいつが悪い、こいつが悪いという政治にみな疲れきっている」(くりはらさん)、「普通のまともな府政をつくろう」(原田けんじ衆院議員)、「『野合だ』という声あるが他人の意見をは聞かないトップのもとで滅茶苦茶になった大阪なんとかしようと、おのおのの立場でがんばっているだけだ」(木下市議)とこの選挙の大義を話されました。
 ところで司会の木下議員が「共産党の人もがんばってくれてます。ビラまきなんか私たちはあまりしないんで感謝しています」と述べたあと「40年自民党やってますが自分とこの演説会で共産党の議員紹介するの初めてです」と会場の笑いを誘ってから現職3人のみならず前職の私まで「議会で私の次に上品な?山元さc0133503_8244558.jpgんです」と紹介してくださいました。まさか名前を出されるとは思っていなかったのでまさにビックリポン。もう少しいい服着ていくべきだったと反省しています。 
 なお会場には動きが鈍かった公明党の元市議も参加。文字通りオール池田で維新退場、くりはら知事誕生の気運が高まってきたことを実感する演説会でした。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-13 08:18

くりはら府知事の誕生でみんなの声が届くまっとうな大阪をつくりましょう

 15.11.6
 派手なパフォーマンスばかりが目につく橋下維新ですが、維新府政の8年間で大阪がどうなったか、教育分野を中心に見ていきたいと思います。 
 まず「子どもの安全は府の仕事ではない」と警備員配置の補助金を廃止し、あの教育大付属小事件があった池田の学校からも警備員さんが消えました。 
 また松井知事は「高校の学区を廃止した」と豪語していますが、その結果一部の進学校や交通の便のいい高校に志願者が集中することになりました。このように学校間格差を拡大しておいて「人気のない学校は魅力のない学校」といって池田北高や能勢高の廃止を計画、このままでは大阪北部から高校がなくなってしまいます。さらに小中学校の少人数学級(35人学級)小学校2年生までというのは全国最低。なんやかんやで削られた教育予算は600億円にもなるのです。
 たまらず高校対策を求めて直談判した女子高校生に橋下前知事は「日本は自己責任の国。いやなら出ていけ」と言い放ちました。また先生をランク付けし、最低レベルの先生にクビをちらつかせるなどして「もの言わぬ」教師をつくりだそうとしています。余談ながら優秀な学生がそんな大阪を敬遠するため周辺府県の教育委員会から「大阪のおかげでいい学生が教員試験に来てくれます」と皮肉られる始末です。教育のみならず大阪府の経済や福祉もこの8年間の落ち込みは激しいものがあります。そんな実態、維新のみなさん語れるはずないですよね。否定された大阪都構想しか持ち出せない理由もここにあると私は思います。
 反対意見に耳を傾けることなく逆に封じこめようとする独裁政治は一刻も早くやめさせて、さまざまな府民の声が自由に論議できるまっとうな大阪府政をとりもどさなければなりません。そこには共産党も自民党もありません。なんとしてもくりはら貴子さんを府知事に押し上げようではありませんか。

 明日7日(土)午後2時より「維新政治退場 まっとうな大阪をつくろう 池田市民集会」が池田商工会議所(池田市役所南隣)で開かれます。清水ただし衆院議員もお話します。どうかお誘い合わせのうえお越しください。
  

[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-06 22:39

バッジなくても市民の願い役所に届けて東奔西走―、ヤマモトはがんばってます

 15.11.3
c0133503_9113154.jpg 天神2丁目6・10番境界道の狭い道路、周辺より低く「大雨が降ればすぐに水が溜まりなんとかしてほしい」との要望が周辺の住民のみなさんから出ていました。道の東側にあった水田が先年宅地化されてからは、水の逃げ場がなくなったからかさらにひどくなっているようです。市の下水道部に対策を要望してきたところ、このほど担当課から「11月に透水性舗装を施します」との連絡がありました。
 また北豊島小学校の南、大阪打抜鉄工所北側の道路(豊島北1丁目10、同2丁目13)がきれいに舗装されました。これも住民のみなさんと粘り強く市とかけあってきて実現したものです(写真)。
 バッジなくても市民願い実現へ、東奔西走のヤマモトでした。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2015-11-03 09:12 | 住みよい石橋・豊島の街めざして