山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


弁士殺すにゃ刃物はいらぬ、「これ前きいた」と言えばいい

 17.7.31c0133503_10562019.jpg
 都議選(2日)、核兵器禁止条約採択(7日)、共産党創立95周年(15日)、仙台市長選(23日)、閉会中審査(24・25日)、稲田防衛相辞意発表(27日)、横浜市長選(30日)と政治的激動の7月が今日で終ろうとしています。
 政治的なできごとを多いということは、演説等の素材が多くなるということであり、原稿を考える身にとってはとりあえずは好都合です。またそうなると不思議なもので室内外を問わず実際にお話する機会も増えてきました。
 昨日も茨木市内のある共産党後援会のつどいに呼ばれ、開始20分ほど前に到着、会場を見渡した私はいきなり「目がテン」状態になりました。10日前の別の集会に来られていた方が結構おられるではないですか。とうのも私は聴衆が重なることを想定しておらず、10日前と同じ話(都議選勝利、核禁止条約についての話)をあいさつとして用意していたのです。急いで国会の閉会中審査と野党共闘の進展、維新批判を中心としたものに原稿を大きく修正、「ヤマゲンさん、今日ちょっとかんでたね」とは言われたものの、「なんや前と同んなじ話やんか」と言われる最悪の事態は免れることができました。
 古典的な域に達したものを除くと、オチのわかった漫才を2度聞かされることほど興ざめなものはない―、それは演説も同じです。その大阪人気質を知っているだけに演説の話ひとつとっても結構気を使うものなのです。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-31 10:57 | 大阪9区飛び歩き

稲田・蓮舫辞任、森友新事実発覚―、ここ2、3日も政局は激動しています

 17.7.28c0133503_1228544.jpgc0133503_12283182.jpg
 ここ2、3日の活動報告。
 26日午後は共産党大阪府委員会の大型宣伝カーに箕面駅前から乗り込み、箕面市内と9月に町会議員選挙が行われる豊能町各地で神田・名手・村川箕面市議、高尾豊能町議とともに、主に都議選での共産党の前進、核兵器禁止条約採択について訴えました。
 豊能町での宣伝が終わった頃、町内の党員Tさんが「今日の宣伝はよくわかったし励みになった」と話しかけてくださいました。党内の人の評価は、住民のみなさんのそれとはまた違った意味で嬉しいものです。山を降りてから茨木民主商工会の後援会のみなさんと赤旗拡大行動に出る予定だったのですが、不覚にも突然の腹痛に襲われて早く帰らせていただきました(クーラーで体が冷えたのかもしれません。民商のみなさん、ごめんなさい)。
 昨日(27日)も大事をとってポスターの貼換え、赤旗集金、種々の振込、そして散髪と軽めの「メニュー」をこなしました。
 さて、このように私がやや押さえ気味の生活を送っていたこの間にも政局は激動、稲田防衛相と民進党蓮舫党首が辞任し、森友学園問題では財務省側から同学園側に「いくらなら払えますか」と打診していたことをNHKが暴露、事実なら「事前の値段交渉はしていない」との佐川理財局長(当時)発言はウソだったことになります。
「やはり佐川さん、安倍昭恵さんの証人喚問が絶対必要ではないでしょうか!」 
本日早朝JR茨木駅頭で元気に訴えてきました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-28 12:26 | 打倒!安倍政権

嫌いでも 嫌いでも 共産党…

 17.7.26
「共産党支持者じゃないし、好きじゃないけど、結局残るのは共産党なんやなぁ。どんなに否定したくても、否定できず、自分の中に残るんだ。で、いつも(選挙では)入れてしまうんだ」(7月20日の駅頭宣伝にて 三上泉京都・亀岡市議FBより)
「仙台市長選で、自民党・公明党が敗北した。しかも『都民ファースト』がなくても、『民進党・共産党・自由党・社民党』などの野党連合で勝てたのである。それほど安倍政権は嫌われている。やはり野党共闘が必要だ。わしは共産党との共闘はマズいと思っていたが、この際、その考えは改める。野党共闘で自公の息の根を止めるべきだろう」(自他ともに認める右派の漫画家小林よしのり氏の24日付ブログより)

 種田山頭火流にゆうたら「嫌いでも 嫌いでも 共産党」ってゆうとこでしょうか(季語なし。失礼)。時代は大きく変わってきています。 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-26 18:45 | 日本共産党はこんな政党です

安倍首相は稀代の大ウソつきか、それとも裸の王様か

 17.7.25
 24・25日の衆院予算委員会閉会中審査を見ていくつか。
 まず24日わが党の笠井亮衆院議員は、昨年7月に南スーダンの首都ジュバで「戦闘」があったと明記された日報が陸自に残っていた問題で、安倍首相は「日報が残っていたという報告を受けたことはない」との驚くべき答弁を行いました。日報問題の前後に安倍首相は黒江哲郎防衛事務次官ら防衛庁幹部と会っていたことがすでに明らかになっており「報告はなかった。知らなかった」は苦しい言い分です。
 また同日民進党の玉木雄一郎衆院議員が「加計学園」の獣医学部新設計画に関する質問に対し、「国家戦略特区諮問会議で『加計学園』が事業者として認められた今年1月20日まで同学園の獣医学部新設計画は知らなかった」と述べました。しかし同学園の加計孝太郎氏理事長とゴルフ、会食を今まで計14回(16年だけで7回)もともにしてきた「腹心の友」である総理が知らなかったなんてありえない話です。
 さらに25日わが党の小池晃参院議員は「昨年11月の国家戦略特区諮問会議での獣医学部新設決定の直前の8・9月に山本幸三地方創世担当相、山本有二農水相、松野博一文科相と加計理事長が面会し、両山本大臣には獣医学部新設の説明もしていた。首相にこの話がいってないわけがないじゃないか」と追及しました。
 首相の話は説得力をまったく欠きますが、百歩譲って仮に防衛庁幹部からも大臣からも安倍首相のいうように一切報告が上がっていないのが事実だとすればこれはこれで大問題。国家の重大問題で意思疎通ができない、信頼関係も築けない内閣にこの国を預けるわけにはいかないではないですか。
 いずれにせよ真相解明には黒江防衛事務次官や加計理事長などの証人喚問が絶対に必要です。

 ところで加計学園問題の質疑で示された文科省の資料に対し自民党議員から「怪文書だ」のヤジが飛ぶとみるや否や小池晃参院議員が「この期に及んでも自民党はまじめに真相解明しようとしない。だから支持が減っているんじゃないですか!」と一喝。国会内に大きな拍手が起こりました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-25 16:05 | 打倒!安倍政権

「明日へ ―戦争は罪悪である―」が完成しました! 池田は12月9日上映です!

 17.7.24c0133503_1258534.jpg
 箕面高校時代の同級生土屋保文君が脚本を担当する映画「明日へ ―戦争は罪悪である―」が完成! 各地で上映されることとなりました(本年2/2付ブログ参照)。
 とり急ぎ近畿の上映予定を紹介します。箕面は11月10日、池田は12月9日です。みなさま、お誘い合わせのうえお越しください。

日時 8月20日(日)  ① 14:00~
会場 栂文化大ホール(泉北ニュータウン、栂美木多駅前)
前売り券 大人1200円 当日券 大人1500円
製作協力券でも鑑賞できます

日時 9月2日(土)  ① 10:00~  ② 13:00~
会場 安曇川公民館大ホール(滋賀県・安曇川町 JR安曇川駅)
製作協力券でも鑑賞できます

『完成披露有料試写会』
日時 9月22日(金)  *上映時間未定
場所 ドーンセンター大ホール (京阪 天満橋)
主催 劇映画「明日へ」上映実行委員会  080-8341-1188一芝
前売り券 大人¥1200  当日券 大人¥1500
製作協力券でも鑑賞できます

日時 11月10日(金) 10:00~21:00 3~4回上映予定
会場 高槻市生涯学習センター大ホール
主催 上映実行委員会
前売り券 大人¥1200  当日券 大人¥1500
製作協力券でも鑑賞できます

日時 11月10日(金) ① 13:00~ ② 16:00~ ③ 19:00~
会場 箕面市立メイプルホール 大ホール
主催 ピースフェスタ実行委員会
前売り券 大人¥1200  当日券 大人¥1500
製作協力券でも鑑賞できます

日時 12月9日(土)  *上映時間未定 詳細が決まれば当ブログでもお知らせします。
会場 池田文化会館アゼリア小ホール
主催 池田・箕面上映実行委員会
前売り券 大人¥1200  当日券 大人¥1500
製作協力券でも鑑賞できます
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-24 12:54 | 銀 幕 日 記

日本共産党は95回目の誕生日を迎えました

 17.7.22
「共産党にはお世話になった」「若い頃共産党とはよく論争した」「共産党の○○さんはお元気ですか」等々、自身の人生と重ねて共産党のことをなつかしそうに語ってくださる方が少なくありません。中には「徳田球一は…」と終戦直後の話をしてくださる方もおられます。必ずしもわが党を支持してくださっている方ばかりではありませんが、自分とこの党のことをとりあげてくださるわけで、うれしくないわけがありません。
 また「共産党はぶれない」「共産党はどこかの党と違って公約とちゃうことしない。だから安心してと投票できる」と評価してくださる方もおられます。
 よく考えてみると昔の共産党を語ってもらえるのも、その政治姿勢を評価してもらえるのも、日本共産党そのものに長い歴史があってこそではないでしょうか(そう言えば「そもそもすぐなくなる党が多すぎる」とおっしゃる方もおられましたね)。
 7月15日、日本共産党は95回目の創立記念日を迎えました。
 これからも「核兵器廃絶」「格差と貧困根絶」「原発NO!自然エネルギー中心の社会をつくる」「戦争する国づくり許さない」「立憲主義守れ!」の旗を高く掲げ、野党共闘のしんばり棒としてがんばってまいります。
 百周年に向けて今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします(後援会ニュース「てしまの」56号より 一部修正)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-22 20:56 | 日本共産党はこんな政党です

プロフェッショナルな労働者は屈強で過労死しないのでしょうか ―残業代ゼロ法案を通すな!―   

 17.7.22
 政府が成立を狙う残業代ゼロ法案(高度プロフェッショナル制度)は、年収約1,000万円以上の一定の専門職について労働時間規制を外し残業代も払わずすまそうというものです。高度なプロフェッショナルの労働者は労働時間で評価ということ自体がおかしいのであって、会社には労働時間管理の義務がなく休日働こうが深夜働こうが残業代は発生しない、というのがその理屈です。  
 驚いたのは労働組合の連合が「104日の休日」付与を義務付けなどの条件が認められるならば同法案を認めるという姿勢に転じたことです。
 私は政府と連合のみなさんに伺いたい。
 高度なプロフェッショナルの労働者が長時間の残業に耐える根拠はなんでしょうか。彼らだけが屈強な労働者とでもいうのですか。彼らだけが過労死しないというのですか。
 104日(週休2日分)の休日が条件ということですが、その他の日は全部出勤させる気ですか?勤労感謝の日に勤労に感謝することなく、敬老の日にお年寄りを敬うことなく、子どもの日にわが子の顔をみることもなく、盆も正月も関係なく、働けというのですか。
 そもそもそんな条件をつけてところで一旦労働条件の改悪を認めれば大変なことになることは、小泉政権で例外的に認めた派遣労働がその後一気に全産業に広がり労働者を苦しめていることからみても明らかではないですか。年収制限だって引き下げられかねません。実際600万円ぐらいに引き下げる動きが出てきているではないですか。
 さっそく「残業代ゼロがひろがれば、それでなくても基本給低いのに食っていけなくなる」(池田ダイハツ労働者)と現場から不安の声が上がっています。
 残業代ゼロ法案阻止へ、私も全力あげてがんばります。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-22 20:40

マスターのふりみてわがふりなおす!? ―カウンター席から考えたこと―

 17.7.16
 先週の13日、「今日夜勤やから外で食べといて」と妻からと言われて初めて入った石橋の某飲食店でのこと。
 カウンター席に座ってテレビを見ていると、バラエティー番組に続いて5分間の短いニュースが始まりました。その内容が加計学園をめぐる集中審議のことだったのでそれなりに関心をもって見ていると途中でいきなり他局のバラエティー番組に画面が変わりました。店のマスターがリモコンを操作したのです。この突然の事態に同じく隣でニュースを見ていた男性も「えっ」と小さな声を発していました。
 マスターには堅いニュースを見る客はいないという先入観があったのだろうか、彼自身がバラエティー好きなのかな、など思うところはいろいろあったのですが、こちらの様子を全く伺うことなく番組を切り替えられると、客としてはやはりいい気はしません。
 でもよくよく考えてみると、市民のみなさんから要求やSOSが発せられているのに、自分の先入観や偏見が邪魔をして聞き漏らしたり重視しなかったりした時が、私にもあったのではないだろうか、あのマスターを責めることはできないかも…、いろいろ考えさせられた木曜の夜でした。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-16 19:43 | 建声元語 ―よもやま話―

今、総選挙があれば…

 17.7.15c0133503_17472160.jpg
 自民37%、民進12%、共産10%、公明8%、維新6%…。 
「仮にいま総選挙があれば、比例でどの政党に投票したいか?」の設問に対する結果です。日本共産党は第三党、特に昨年12月からの変化は注目です(いずれも「朝日」調査)。
 前回も触れましたが今日は日本共産党の95回目の誕生日。こりゃ、頑張るしかないな。

 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-15 17:48 | 日本共産党はこんな政党です

都議選の結果に決して浮かれているわけではありません ―共産党創立95周年に思う―

 17.7.15c0133503_17311515.jpg
「共産党は都議選でちょっと増やしたぐらいで浮かれるな!」
 先日ある会合で飛び出した厳しいご意見です。確かに連続前進とはいえ今回の議席増は2であり、別に浮かれているわけでは決してありません。強調したいのは、この2議席増が、都民ファーストという今までになかった会派に共産党も飲み込まれてしまうかもしれないような難しい情勢のもと、自由党や社民党、民進党の国会議員や区議会議員の方が共産党の候補を推してくださるなど、野党共闘が着実に前進する中で勝ち取ったものだということ。ですから今回の都議選の結果は議席数以上に政治的な意味があると私は思うのです(自民と共産の議席がほぼ並んだという意味も大きいと思います)。
 日本共産党は自分一人ではなく統一戦線で政治を変えていこうとずっと主張してきました。ただ共産党排除政治のもとで「統一戦線と共産党は言うけどどこに相手がおるねん?」と揶揄される状態がつい2、3年前まで続きました。私自身も「共産党はいつまで『星の王子様』を探すんや?」と言われたことがあります。その頃と比べると隔世の感があると思うのです。
 時代が確実に前進する中、今日日本共産党は創立95周年を迎えました(写真は本日開かれた党歴30年以上の永年党員、50年党員を祝う会でごあいさつさせていただいている時のもの。このような催しができるのも長い歴史がある共産党ならではですね)。
 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-07-15 17:32 | 日本共産党はこんな政党です