山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧


あなたの傍に生まれ変わる―、何度でも、何度でも…、 ―佐藤正午「月の満ち欠け」を読んで― 

 17.8.30
 佐藤正午さんの直木賞受賞作「月の満ち欠け」を昨日書いた缶貯金の一部を使って購入。なんか心に引っかかって「早く読みたいなぁ」と思っていた本で、一気に読了しました。ちなみに直木賞を取った作品を文庫本ではなく単行本で買ったのは宮本輝さんの「蛍川」を高校時代に買って以来40年ぶりのこと(結構文学的にはマセガキだったようです)。
 愛するあなたをこの世に残して逝った人間は、もう一度逢いたくて、秘密を話したくて、声を聞きたくて、あなたの傍に生まれ変わる、そしてシグナルを送る―、何度でも、何度でも、月が満ちて、欠けるように…。
 絶対にありえない話です。「でも、ちょっと待てよ…」と思い当たる経験が誰にも一つや二つあるのではないか、と思わしめる小説です。実は私にも秘密を仄めかしながら、そしてささやかな希望を語りながら「85歳でまた会おう」という言葉を残して逝ってしまった友がいます。年老いてからふっと傍らに会いに来てくれるのでしょうか。
 作者の佐藤正午さんは「作家の力量は嘘を本当に見せること」(「しんぶん赤旗」17/8/28付)と話しておられますが、さらに進んで佐藤さんは「嘘を心地よく信じさせること」に成功しているのではないでしょうか。それは希望と救いに繋がっていく嘘でもあります。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-30 13:03 | 積ん読・乱読・熟読日記

北ミサイル発射に厳しく抗議! ―共産党委員長志位和夫談話―

 17.8.29
 北朝鮮の弾道ミサイル発射に厳しく抗議する――対話による解決に逆行する行為を中止せよ
                     2017年8月29日  日本共産党幹部会委員長  志位和夫
一、北朝鮮は、本日、国際社会が強く自制を求めているもとで、弾道ミサイルの発射を強行した。これは、世界と地域の平和と安定にとっての重大な脅威であり、累次の国連安保理決議などに違反する暴挙である。通告なしに日本列島の上空を飛び越える発射は、きわめて危険な行為である。日本共産党は、厳しく糾弾し、抗議する。
 とりわけ、今回の発射は、米国を含めて国際社会が対話による解決を模索しているもとで、それに逆行する性格をもつ行為であることを、強調しなければならない。
一、世界と地域の平和と安定を破壊し、おびただしい犠牲をもたらす軍事衝突は絶対に回避しなければならないことを、重ねて強調する。
 北朝鮮に対して、これ以上の軍事的な挑発を中止することを厳重に求める。国際社会および関係国に対して、経済制裁の厳格な実施・強化と一体に、対話による解決の道を粘り強く追求することを、強く要請する。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-29 15:14 | 日本共産党はこんな政党です

もちはもちや、お金の計算は銀行だと思うんですが…

 17.8.29
 私は円筒形の缶の貯金箱―そう、500円玉なら50万貯まるって書いてあるやつです―に半端な小銭をちょこちょこ入れてってます。1年近くかけて昨日それがいっぱいになったので、いつものように近くの銀行―首都や大阪の遊園地みたいな名前が入る「み」から始まる長い名前の銀行です―に「総額いくらになるか数えてほしい」と持っていったところ、「今年の1月でそのサービスは終わりました」と素っ気ない返事。総額をめぐって客とのトラブルが多いというのがその理由のようです。
 社会はもちつもたれつです。お金を計算する機械があるんならそれを社会に供するのが銀行の役目の一つ、トラブルがあるというなら「計算した額について文句いわない」と客に一筆書かせたら基本的には解決するのではないかと私は思うんですが…。
 窓口のおねえさんには「職場の会議で、小銭計算復活せぇといちゃもんつけた客がいたと言ってもいいから、もう一度論議してみて」とだけお願いしておきました。
 さて、仕方なく再び帰ってほとんど10円玉と1円玉からなる小銭の山を1時間余かけて計算。総額は○万5千5百円余―。まぁ、思ったより多かったのでよしとしましょう。

 追伸;しばらくは「このお金で旅行に行こう」などと夢を見るんですが、結局生活費に消えてしまうのが山元家の常であります。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-29 13:28 | 建声元語 ―よもやま話―

桂馬で攻めて最後は香車で安倍政権を倒しましょう! ―第54回赤旗井囲碁将棋大会から―

 17.8.29c0133503_11591153.jpgc0133503_1201489.jpg
 27日は能勢のつどいに先立って箕面市内で開かれた第54回赤旗囲碁将棋大会(日本共産党茨木・豊能地区委員会主催)に伺いました。以下私のあいさつから。

 大会ご参加のみなさん、日本共産党大阪9区国政対策委員長の山元たけしでございます。すでに指先がうずうずされているとは思いますが、セレモニーでございますので(笑)、しばらくおつきあいください。
 さて、昨年のこの大会で「総選挙近し」みたいなこと申し上げたやもしれません。しかしまだ安倍さん、居座っている。「なんでや」という声があっても当然だと思います。私が申し上げたいのは加計・森友問題で国政を私物化している安倍内閣の支持率が30%前後となり、「安倍さんは信用できない」といよいよ国民から見放されつつあるということ。もう一つは、安倍内閣はルール違反をして居残っていることです。日本国憲法では国会議員の四分の一の求めがあれば臨時国会を開かねばならないとあるんですが(※)、野党が一致して今疑惑追及のための国会開催を要求しているのに開かないでいる。これは明確な憲法違反です。詰められつつある時に次の手を打たずに対局を止める、従って「まいりました」と絶対に言わない、それが今の安倍内閣ではないでしょうか。
 では安倍内閣を倒すには今何が必要でしょうか。
 私は、前向きに左右のウイングを広げ国民を結集する「桂馬」のような作戦―野党共闘の推進ですね―を練ることがまず必要だと思います。そうしてこそ最後に「香車」のごとく一気に攻め込むことができるのではないでしょうか。 
 こうやって囲碁や将棋を楽しめるのも平和であってこそ。戦争する国づくり進める安倍政権を倒して戦争法廃止、核兵器廃絶をめざす政治をご一緒につくってまいりましょう。ありがとうございました(16/9/18付ブログ参照)。

※日本国憲法第五十三条  内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-29 12:07 | 打倒!安倍政権

能勢に野党5党が勢ぞろい!辻元清美民進党衆院議員からメッセージ

 17.8.28c0133503_2057199.jpgc0133503_20572996.jpg
 昨日能勢町内で開かれた市民と野党の共同実現をめざすつどいに参加しました。
 今回、野党5党が集いエールを交換、民進党の辻元清美さん(大阪10区)は参加出来なかったけれど、メッセージをいただきました(写真右から自由党 渡辺義彦さん、新社会党 山下慶喜さん、社民党 長崎由美子さん、豊中市議 木村真さん、緑の党 野々上愛さん、私)。
 以下私のあいさつです(大要)。

 日本共産党の山元たけしでございます。
 大阪府の六分の一を占める広い選挙区を1年余り連日駆け回る中で思い知ったのは、三島ウド(茨木市)、高山ゴボウ(豊能町)、池田ミカン(池田)などの特産品の振興、体験型の農家民宿の普及(能勢町)等々、「大阪の大地から安全でおいしい農産物をつくっていきたい」との農業関係者のみなさんの熱い思いです。農産物の二国間協定やカジノなど論外、住民の思いに寄り添った地域経済の振興が求められると思います。 
 私は56年のこれまでの人生の、そして2期8年の池田市議時代の経験のすべてを活かして9区の住民の要求実現めざしてがんばる決意です。ただ一人しか当選しない、野党がひとりに候補者を絞らなければ勝てないのが小選挙区制という制度です。いかなる状況になろうとも野党共闘第一、野党と市民の共同第一貫いてがんばっていきます。ともにがんばりましょう!
 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-28 20:59 | 打倒!安倍政権

連日高校生に励まされています ―埼玉県勢甲子園初制覇・母校箕面高校ダンス部連覇!―

 17.8.25c0133503_1094010.jpg
 連日熱戦の続いた夏の甲子園は23日花咲徳栄高校が広陵高校(広島)を14対4でくだし初優勝!埼玉県に初めて優勝旗をもたらしました。やっぱり「優勝なし県」が一つずつ消えていくのはあまり馴染みがない県であってもなんかうれしいですね。ちなみに同校の優勝で「優勝なし県」はあと19県になったとのことです。
 それに先立つ16日、高校ダンス部日本一を決める「第10回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」が横浜市内で開催され初日の55チームが参加した「スモールクラス」(2~12人)でわが母校府立箕面高校が昨年に続いて優勝しました。動画も見ましたが、う~ん、あなたがたよりウン十年上のおじさんがどれだけ先輩風を吹かしても逆立ちしても絶対に叶わない脱帽の演技でした。
 暑いけど、彼らに負けないよう、僕らも喘ぎながらもがんばらなければ!
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-25 10:10 | 同 窓 会

「野党は衆院選で統一候補をたてろ」は国民の声だ! ―日経世論調査から―

 17.8.24
 24日付日経電子版世論調査は野党共闘について興味深い結果を載せています。
 まず野党は衆院選でも統一候補を「立てるべきだ」は47%で、「立てるべきではない」の36%を上回り、野党支持者に留まらない国民の半数が野党共闘を望んでいることが分かりました。また「立てるべきではない」が内閣支持率とほぼ同じ数字であることから見て、安倍政権のコアな支持者以外は少なくとも野党共闘を否定していないと見ることもできそうです。ちなみに党首選ただ中の民進党支持層では「立てるべきだ」が73%にのぼりました(「立てるべきではない」は22%)。
 私は「野党共闘はもう後戻りできない」と書きましたが(8/21付ブログ参照)、世論調査でもそれが裏付けられた形です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-24 18:18 | 打倒!安倍政権

ゴボウにサイクリング、モリアオガエルにヤマカガシ―、出るは出るは豊能町自慢!

 17.8.24
 9月に町議選の行われる豊能町に入る機会が多くなり、昨日は町の共産党支部の方との懇談にお邪魔しました。
 支部が取り組んだ住民アンケートをもとに議論するうちに話題は豊能町の魅力に移っていきました。
 当初「豊能町は売り出すものがない」みたいな声が出たのですが(私も正直そう思ってました)、話が進むにつれて「モリアオガエルが樹上に卵産む池あるよ」「それ狙って今話題の?ヤマカガシもやってくる!」「それって都会の子には結構魅力的ちゃう?」「伝統野菜の高山ゴボウを増やそうとがんばっている人がおられる」「そうそう、普通のゴボウより太くて長くておいしいらしいで」「太いゴボウってちょっと想像つかんな(笑)」「それに豊能町の坂道はちょうどええ感じらしくってサイクリストがたくさん来てはるよ」と、まぁ出るは出るは豊能町自慢!
 国も府もカジノにうつつ抜かす前に地元の隠れた魅力に目をむけて経済活性化を図るべきだと改めて思った次第です(5/19付ブログ参照)。
 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-24 06:22 | 大阪9区飛び歩き

野党共闘は政治を現実に動かしつつあります ―豊能町の街頭演説から③―

 17.8.24
 野党と市民の共同で私たちの願いは少しずつ実現しつつあることも紹介したいと思います。
 まず奨学金の問題。
 先進国の中で大学学費が異常に高い日本、奨学金を借りたら借りたで利子をつけてかえさなければならない―、大学を卒業したら何百万もの借金を抱えて社会に出されるのがこの国の現状なのです。そんな中、今年度予算で大変不十分だけれども返さなくてもいい奨学金(給付型奨学金)が導入されました。
 また保育所問題解消も喫緊の課題です。
 実は保育問題に関しては建物が足りないということと同時に建てても保育士さんが集まらないという問題もあります。厳しい労働条件の割に賃金が安すぎるからです。これも今年度予算で不十分ではありますが保育士給与が最高月4万円引き上げられることになりました。
 返さなくてもいい奨学金も保育士の待遇改善も野党が実はこの間野党と市民が政府に要求してきたことです。野党と市民の共闘が暮らしや教育をいい方向へと変えていく現実の力になりつつあるのです。
 そしてなによりも自民党推薦の憲法学者さえ憲法違反と言った戦争法に基づいて実施された自衛隊南スーダン派遣に対して「一人の自衛隊も死なすわけにはいかない」の声が高まる中、安倍政権を自衛隊撤兵に追いこんだではないですか!
 みなさん、野党共闘を強く大きくしていただいて、国政を私物化し憲法9条を変えて戦争する国づくり進める安倍自公政権を倒してこそ、私たちの願いが届く政治をつくることができます。
 みなさん、野党共闘を大いに広げようじゃありませんか。その心張り棒としてがんばる日本共産党へのご支援、大阪9区でも豊能町でも賜りますこと、お願い申し上げまして私の挨拶に代えさせていただきます。ありがとうございました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-24 05:34 | 打倒!安倍政権

発展する野党4党合意 ―豊能町の街頭演説から②―

 17.8.23
 来る解散総選挙を念頭において野党間では共通の政策のすり合わせも進みつつあります。
 まず野党4党は2016年6月1日に安倍政権と対決する政治的内容として(1)安保法制(戦争法)の廃止、立憲主義の回復、(2)アベノミクスによる国民生活破壊、格差と貧困を是正する、(3)TPP(環太平洋連携協定)や沖縄問題など、国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない、(4)安倍政権のもとでの憲法改悪に反対する―の4点を確認していると指摘、さらに総選挙でも「できる限りの協力」を行うことでも合意しました。
 また6月8日に行われた党首会談では、(1)この間の党首会談の合意を尊重し、実行するために引き続き努力する(2)安倍政権の下での憲法9条の改悪に反対する。(3)「共謀罪」廃案めざし、院の内外で共同して闘う。(4)加計学園・森友学園疑惑の徹底究明のため全力をつくす、と合意内容をさらに発展させました。
 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-08-23 11:19 | 打倒!安倍政権