山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧


9区候補決定 てんやわんや 

 17.9.30c0133503_17205955.jpg
 9月28日、安倍首相が冒頭解散した直後民進党が野党合意を踏みにじり希望の党への合流を決めたことに対する大きな怒りの声が上がる中、日本共産党委員長志位和夫は国会内で社民党と共闘して闘う決意を語りました。同じ日、大阪9区では野党共闘をすすめてきた諸団体からなるMINITs9(※)の方々から統一候補決定を求める要望書が党の地区委員会に届けられました。
 情勢が激動する中、党大阪府委員会は社民党の服部良一さんを9区野党統一候補として推すことを決定、29日午後4時前私は玉造の党大阪府委員会でその報告を受けました。それから大急ぎで党内手続きをすすめ、30日「しんぶん赤旗」日刊紙で報道、午前地区委員会を訪ねてこられたMINITs9の方々にも伝えました(写真)。
 マスコミには29日の夜に伝えられたようで、何社から私にも問い合わせがあり、「山元さん、無所属で出られるということはないでしょうね」とご丁寧に確認する社もありました。私の入っている党はなくなりませんので放り出されて無所属になる必要性はまったくありません。ご心配なく。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-30 17:22 | 打倒!安倍政権

野党は服部良一さんで団結してがんばります

17.9.30
  昨日私は衆院大阪9区(茨木、箕面、池田、豊能、能勢)の候補者を降りることになりました。決してなにか悪いことをしたからではありません。安倍自公、希望の二つの改憲勢力からこの国を救う野党候補の一本化に伴う決断です。今後は比例区での日本共産党の躍進と9区の野党統一候補服部良一氏(社民党)の勝利に邁進して参ります。
 取り急ぎの報告まで。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-30 14:25 | 打倒!安倍政権

希望の党に国民の希望を託すことができないと私が考えるさしあたっての理由

 17.7.29
 希望の党なる政党ができたようです。私がまず驚いたのはその当初メンバーの構成です。半分が森友学園問題で有名になった日本会議に所属しており、もちろん安保関連法賛成、9条改憲賛成のまぁウルトラ右翼の人ばかり。中山成彬氏は「総理は安倍がいい」といい、党首の小池百合子氏にいたってはつい先日まで核武装を主張していました。これだけ見ても国民の政治を変えてほしいとの願いに応える党でないこと明らかではないですか。
 さて、この希望の党、2030年原発ゼロを公約に掲げるとのこと。しかし私は言いたい。原発なくても電力は足りているのだからなぜ即時ゼロをうち出さないのか。小池氏は政権に参画している時になぜそれを言わず今言うのか(言わないよりましという意見もありますが、細川氏にしろ小泉氏にしろ小池氏にせよ国政の一線を退いてから言う人に、私は胡散臭さを感じます)。そして25年で八つの党を渡り歩いた小池党首(ちなみに私は37年間一つの党です)に13年後の約束をされても誰が信じるでしょうか。
 この党はさしあたって小池人気で選挙をやり過ごせばよいという人には希望の党かもしれませんが、国民にとっては失望、いや絶望の党に過ぎません。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-29 13:49 | 打倒!安倍政権

北朝鮮問題を安倍首相が本気で解決する気がないと考えるとりあえずの理由

 17.7.29
 いよいよ解散総選挙。中央がどたばたしているようですが、私たちはあくまで野党共闘を広げ、安倍政権打倒に全力をあげるのみです。
 さて、確実に選挙の争点になるのは北朝鮮問題。核開発やミサイル発射は国連決議にも反するものであり、絶対に許すわけにはいきません。同時にこの問題はあくまで話しあいで解決しなければなりません。この事態で乗じて緊張を高め偶発的なことで軍事衝突が起こり東アジアに取り返しのつかないこと事態が生じることは絶対に避けねばならならないからです。
 今世界では話し合いで北朝鮮問題を解決しようという機運が高まっています。スイスなど遠いヨーロッパの国も仲介役を買ってでようかといってくれている中、日本の態度はどうか。「対話のための対話は無意味」とひたすら話しあいのチャンネルを閉ざしています。
 ところで先日のミサイル発射についても日本政府は事前に察知していたようです(少なくとも菅官房長官は否定しませんでした)。であるならば、日本国民に対して情報を伝え注意を促し、北朝鮮に対しては「もし発射したら、ますますあなたがたは孤立を深めるからやめなさい」となだめ、「そちらには飢えた国民もおられると聞く。ミサイルを開発するお金をそちらにまわしたらどうだ」と胸襟開いて話し合うべきではなかったでしょうか。
 そんなことは一切せずにミサイルが飛んできた後にJアラートを鳴らし、「北朝鮮はひどい国だ」と宣伝し「国難だ」と騒ぎたてる―、みなさん、この安倍政権のやり方で北朝鮮問題、解決すると思われます?
  
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-29 12:50

池田→茨木→池田→豊能→茨木→池田→なんば→茨木

 17.9.27c0133503_10285259.jpg
 28日(木)の衆院選解散を前にして先週末から慌ただしい日々を過ごしています。
 まず23日(土)午前は地元の日本共産党女性後援会のつどい(写真右)で、午後は既報の「憲法を守りいかす議員を国会に送る会・茨木」であいさつ。24日(日)は池田の市民団体の方とお会いした後夜は豊能町の高尾靖子さんの8期目当選(5位 803票)のお祝いにかけつけ(写真下左)、翌25日(月)早朝はJR茨木駅西口で、午前は茨木市東部の白川・鮎川地域で宣伝、夜は池田で共産党の会議、26日(火)午後は大阪の小選挙区候補勢ぞろい街頭演説に参加。なんば高島屋前でマイクを握りました(写真下右)。そして本日27日朝は大嶺さやか茨木市議と阪急茨木市駅西口で宣伝してきました。これらの活動の隙間を縫って選挙実務をこなしていっています。 

 明日28日(木)午後6時半より日本共産党小池晃書記局長が梅田ヨドバシ前で訴えます。お誘い合わせのうえお越しください。c0133503_10292761.jpgc0133503_10295631.jpg



[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-27 10:33

明日26日はなんば高島屋前へ!

 17.9.25
 明日26日午後4時、日本共産党の大阪小選挙区予定候補者がなんば高島屋前に勢ぞろい。私もマイクを握りますので、お誘い合わせのうえお越しください。 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-25 16:02

まな板の鯉は1匹にしなければいけません ―23日集会のあいさつから②―

 17.9.25
 私は池田の市議時代、市教委の小中一貫校に名を借りた小学校つぶし反対の大闘争を市民のみなさんと繰り広げました。その際当時の民主党政権から審議会の報告という形ではありましたが「小中一貫校の実施にあたっては慎重な検討が必要」という通達がきました。私たちはそれに勇気づけられて結局ほとんどの小学校を守ることができたのです。大変広い意味ではありますがあの時、民主党と共産党、そして市民が共闘しえたことを本当にうれしく思っています(※)。
 さて、安倍自公政権を倒すため、私たちはなにをなすべきか。野党が魅力ある共通政策を練ること、もちろん大事です。しかしそれだけではダメです。小選挙区は一人しか当選できないのですからはこっちも候補者を一人に絞る、野党統一候補をつくらねば勝てないのです。まな板の上に鯉は1匹にしぼらなければならない、いつまでも3匹いては食べてくださる人が分散するし、そもそも3匹捌いているうちに選挙が終わってしまうではないですか。これは私たち候補者にとっては残酷な話ではありますが、絶対に実行しなければならない。
 私は1匹の鯉となって茨木の、そして9区全体のみなさんの幸せのためにいつでも闘う覚悟と準備はできています。またいかなる立場になろうとも野党共闘を推進し、安倍政権を倒すために全力をあげることも同時に申し上げて私のあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。

 ※福山参院議員の講演のあとの質疑応答で「民主党は政権時代、なにをしてくれたんだ」と質問が出たことを受けての発言。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-25 15:18 | 打倒!安倍政権

「山元さん、野党共闘が『国民の財産』であることを忘れないように」―23日集会のあいさつから①―

 17.9.25c0133503_15161469.jpg 以下私のあいさつ(大要)です。

 あいさつの機会を与えてくださいましたありがとうございます。「もと」は元旦の元を書くやまもとでございます。幸か不幸か私のポスターはほとんど剥がされておりませんので町のポスターでご確認してくだされば幸いです(笑※)。
 さてこの情勢激動のこの1週間、私には腹立たしいこととうれしいことが一つずつありました。腹立たしいことはやはり代表質問も委員会審議もすっとばしての国会冒頭での解散です。これでは国民の前に争点を示すことができない、これでは加計・森友隠解散と言われても仕方ありません。うれしかったことは野党共闘を求める運動が急速に進んでいることです。先日そうがかり行動の宣伝に参加させていただいた折にもみなさんお互いの耳元で「いよいよやな」「そやな」「がんばろうな」とあちこちでささやきあっておられる姿を見て取ることができました。私以外の候補者の方と初めてお会いしたことは私にとって象徴的なことでありました。
 ただある方から「山元さん、野党共闘って政党の組み合わせみたいに語られることが多いけど、そやない。2年前の戦争法を安倍政権が通した時以来、市民が憲法守ろう、そのために野党は共闘、統一候補者をつくろうと運動を展開してきたわけ。いわばこの到達は『国民の財産』や。政党が勝手に切り崩すことだけはやめてや」と言われました。心しなければなりません。
 
 ※福山参院議員の話の中で「前原代表は男前でよく女子高校生からポスター剥がされた」と発言されたのを受けて
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-25 15:17 | 打倒!安倍政権

「憲法を守りいかす議員を国会に送る会・茨木」であいさついたしました

 17.9.25c0133503_1513201.jpg
 23日午後、大阪9区で市民と野党の統一候補を実現させようとがんばっておられる市民グループ「憲法を守りいかす議員を国会に送る会・茨木」のつどいに参加、情勢激変もあって会場は超満員でした。さよなら原発の共同の取り組み、前維新市長・慰安婦暴言の謝罪撤回を求める共同、持続的な19日いばらき総がかり行動などで共同を発展させてきた茨木ならではの取り組みです。
 つどいでは民進党の福山哲郎参院議員からこの間の国会情勢報告があり、「安倍政権で本来ありえないことが普通になっているのが怖い」との指摘にいたく納得。その後野党から予定している私も含めた3人が決意表明、各々安倍自公政権と維新に厳しい審判を下そうと訴えました。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-25 15:14 | 打倒!安倍政権

森友・加計学園疑惑は「そんな大きな問題」なんです ―ニ階発言に思う― 

 17.9.22
 自民党の二階俊博幹事長は19日の記者会見で、「衆院解散については野党側から森友・加計の疑惑隠しとの批判が出ているが?」との質問に対し、「われわれはそんな小さなというか、そういう問題を隠したりすることは考えていない」と発言しました。
 ニ階さんの言うとおりだとすると、安倍首相自身が国会で「(森友疑惑に)もしかかわっていたのであれば私は総理大臣をやめる」と言っていたのですから、首相は「そんな小さな問題」で進退をかける大変器の小さい人間だということになります。また「そんな小さな問題」を半年一年かけても国民に納得のいく説明ができないというわけですから、安倍内閣は相当に「仕事のできない内閣」だったということにもなりますね。それでも「そういう問題を隠したりしない」とおっしゃるのならば、私たち野党はちゃんと臨時国会の場を設けましたので解散する前に存分になに隠すことなく真実を「丁寧に説明」してくだされば幸いです。
 森友・加計学園疑惑の解明を中途半端に終わらせることは、首相と気脈の通じた人、長年の友人に特別の便宜を図る―、そんな行政の私物化の前例をつくることを意味します。森友・加計学園疑惑はこの国の行政のあり方を左右する「そんな大きな問題」であることを改めて指摘しておきたいと思います。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-09-22 09:25 | 打倒!安倍政権