山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


忘年会―、野党共闘効果はこんなところにも②

 17.12.30

 さてトリ年のトリとして28日お邪魔したのが9区某行政区の野党共闘関係者のみなさんとの忘年会。以下はそこでの会話から(AさんもBさんも社民党系などの労働組合で長年活動されてきた方です)。


A
さん「労働運動の右傾化、安倍政権の出現…、こらなんとかせなあかんと思っているとき、今まで疎遠だった共産党と一致することが結構多いということに気づいたわけ」

私「私が活動を始めた1980年代は赤旗紙上によく社会党との論争が載っていたので、私も社会党系の人とはなんとなく距離をおいてきました。よくわかってないのに『あの人は○×主義者だ』みたいなこと言ったりして…」

Bさん「そうそう、民青・共産党から『あいつらはトロ(=トロツキスト)だ』とよく言われた」

私「それは寿司のネタの好みの話じゃなかったのかな」

B「あぁ、そうだったの!」(笑いと拍手)

A「今やから言うけど、今回の衆院選挙で最初共産党と一緒に早朝宣伝するかしないかで論議しました。『違う駅前でしよう』とかいう意見もあった」

B「結局一緒にすることにしたのが本当によかった。みんな元気出た。『比例は社民』とはさすがに言いにくかったけど…()。」

私「違う組織やから路線が違うのは当たり前。大事なのは一致する最大公約数部分をいかに大きくするかやと思う」

A「そのためには腹割ってしゃべらなあかん」

私「今日みたいな場で?」

B「そのとおり!」

参加者一同「野党と市民の共同の新たな発展へ、もっぺん乾杯!」


[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-30 18:04

忘年会―、野党共闘効果はこんなところにも①

 17.12.30

 11月、12月は例年になく宴席に呼ばれる機会が多くなりました(といっても両手で数えられる程度ですが…)。

 脚本家の高校時代の同級生の土屋君を励ます会(を名目にした飲み会)や、石橋の洋食店を閉め九州に引っ越す中学時代の同級生Y君のお別れ会(を名目にした飲み会)などが重なったことなどもありますが、やはりなんといっても野党共闘の進展で新しいお知り合いができて新たな忘年会が増えたというのが一番大きな理由です。「今年の衆院選挙の教訓を年末に決して『忘』れるわけにはいかない。今日は来年の野党共闘の新たな発展をつくるための『望』年会だ!」とどの場も大いに盛り上がりました。財布の中身には寂しくなる一方ですが、決意漲る場に呼ばれてうれしくないはずはありません。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-30 17:59

歴史的な野党共闘選挙を闘って

 17.12.27

 日本共産党石橋後援会機関紙「てしまの」に掲載した文章を以下に掲載します。

              

 「てしまの」読者のみなさん、総選挙での日本共産党へのご支援本当にありがとうございました。

 私は昨年5月の衆院選大阪9区への出馬表明以来、安倍政権打倒と野党共闘の推進を掲げて池田市をはじめとした広い選挙区を走り回って参りました。

 そして迎えた9月28日の衆議院の解散―、民進党の事実上の解体などを受け「野党共闘はどうなるのか」との不安の声が広がる中、日本共産党と社会民主党がいち早く選挙協力をすすめることを確認、9区は社民党の服部良一元衆院議員を立ててたたかうことになりました。そして当初共社2党で始まったこの野党共闘は、新社会、立憲民主、自由、みどりの各党も推薦、最終版には民進党の茨木市議も駅頭でマイクを握るなど、文字通りオール野党体制へと発展していきました。

 急に候補者を降りることとなりみなさんを戸惑わせることとなってしまいましたが、大局的な大義に立った決断をご理解くだされば幸いです。

 残念ながら日本共産党は野党共闘を優先し多くの候補者を降ろしたこともあって十分な宣伝などができず議席を減らしてしまい、服部候補も当選には到りませんでしたが、立憲民主党の躍進など全体として安倍暴走政治を許さず平和憲法を守る勢力が前進したことは本当にうれしい限りです。

 さぁ、いよいよ再来年(1919年)春は統一地方選挙、そして参院選挙です。日本共産党へのよりいっそうのご支援どうかよろしくお願いいたします。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-27 11:43

ついに羽田池田市議辞任!

 17.12.25
 自らの経営する整骨院で診療報酬を水増し請求したとして詐欺の疑いで逮捕され、今月18日大阪地裁の論告求刑で検察側から懲役4年6ヶ月を求刑された羽田達也池田市議(2015年維新公認で当選、現無所属)が12月議会最終日(22日)に辞職願を市議会議長あてに提出、本会議で辞職が認められました。
 羽田議員については市議会が2度辞職勧告決議を可決、この11月には議員辞職を求めるリコール署名運動が超党派でとりくまれ、リコールに必要な法定数には達しなかったものの、短期間に有権者の四分の一にあたる2万1569筆の署名が集まったばかりです。
 つい先日まで頑なに辞職を否定し続けていた同議員ですが、広範な市民の党派を超えた「羽田やめろ」の声が大きくなる中ついに辞職へと追い詰められた形です。
 日本共産党はリコール署名でも全体のおよそ三分の一にあたる6,717筆の署名を集めるなど、議会内外で羽田市議辞職を求める運動の先頭にたってがんばりました。
 なお今回の羽田辞職に伴い前回市議選で次点だった私が繰り上がると思って「山元さんよかったね」とおっしゃってくださる方がおられます。残念ながら法の定めにより繰り上げ当選も補欠選挙もなく、池田市議会は欠員1のまますすめられることになります。



[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-25 16:30

日本共産党が第三党に! ―NNN・日経世論調査ー

c0133503_18101975.jpg

c0133503_18105325.jpg
 17.12.20
 17日、日テレニュースが、NNNの世論調査(1517日)で安倍内閣の支持率が、前月調査より3.3ポイント下落して378%、支持しない人は3.9ポイント上がって45.3%になったことを報じています。支持率が3割台に落ち込んだのは4か月ぶりとのことです。

 さらに注目すべきは政党支持率です。

 日本共産党が自民、立憲に続いて第三党に躍り出たのです( 政党支持率は、自民党の34.3%に対して、立憲民主党が10.5%、希望の党は1.2%、公明党2.7%、民進党2.4%となっている、とこれで終わり。あれっ!共産党は? 今朝の赤旗を見て、なるほどと思った。同調査で、日本共産党の支持率は、前回より0.7ポイント上がって4.3%。自民、立憲民主に続いて、第3党になっていた。 同じ日程で調査をした「日経」でも、自民の40%、立憲民主の10%に続いて、日本共産党が4%で第3党になっている。ちなみに、公明は3%、維新2%、希望1%の順だ。 それにしても、三番目の支持率を得た日本共産党を無視して報じる日テレの報道姿勢のなんと歪んでいることか。そう感じたのは、私だけではないはずだ。公器の自覚などは、とうに投げ捨てているか。自民党34.3% 立憲10.5% 共産4.3% 公明27% 民進2.4% 希望1.2% 維新1.6% 社民0.7%)。実はほぼ同様の結果は日経の調査結果でも出ています(自民40% 立憲10% 共産4% 公明3% 維新2% 希望1% 社民・民進各1%)。

 立憲民主党が引き続き10%を維持していることもあわせてみるならば、安倍改憲に対して国民の厳しい目が向けられていると考えられるのではないでしょうか。

 ところでこの調査結果を17日放送の日本テレビバンキシャは共産党を抜いたテロップで流しました。共産党を利することは隠すって魂胆のようです。年の瀬が押し迫っても忖度、忖度…、やれやれですね。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-20 18:08 | 日本共産党はこんな政党です

2017年秋の乱読日誌から⑤ ―くどいようですがオマケ編 積ん読万歳!―

 17.12.18

 さる事情があって二年半前に収入が大きく減り、娯楽費にお金を回すことがほとんどできなくなりました(それ以前もべつに遊び回っていたわけでは決してありませんが…)。いきおい趣味の読書も新刊書ではなく家にあるものに目がいくというのは自然の流れです。このシリーズ「2017年秋の乱読日誌から」で積ん読本が頻出した背景には山元家ののっぴきならない事情があるのです。

 そもそも読書ほどリーズナブルな趣味はありません。折しも忘年会シーズン、二三軒飲み屋さんをはしごすると数時間で少なくとも5千円前後は飛んでいくと思いますが、仮に5千円分本を読もうとするとほとんど月単位の結構な時間が必要、それだけ読書は安く長く楽しめるというわけです。しかも積ん読本については新たな出費はゼロ!まぁ540円で45年楽しんだ「吾輩は猫である」などは論外でしょうけど…。

 てなわけで「今度はなに読もかなぁ」と今日もわが家の書棚を物色している次第。最近は「読みもせんのに、また本買(こ)うてきて」と妻がぼやくこともなく、積ん読本読破は夫婦円満にも一役買っているようです。

 ところで巷では吉野源三郎さんの「君たちはどう生きるか」の漫画版が評判を呼んでいるようですが、実はこの本(岩波文庫版)も私の積ん読リストに入っています。意を決して読破しようと思っているのですが、どこにしまいこんだかなぁ。まずは「発掘調査」が必要です。





[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-18 07:41 | 積ん読・乱読・熟読日記

必ずやってくる破局的大噴火 やはり日本列島に原発はあってはならない

 17.12.15

 13日の伊方原発の運転差し止め決定を出した広島高裁判決では同原発から約130㌔離れた阿蘇カルデラ(熊本県)で約9万年前におこった巨大噴火(阿蘇4)の火砕流が同原発に到達した可能性が小さいとは評価できず、「原発の立地は不適」と判断し、さらに最大規模の噴火でなくても四国電力の火山灰などの想定は「過小」と指摘しました。

 それに対してY紙で学者のM氏が「破局的な噴火が起これば原発のうむに関係なく西日本は壊滅状況になる火山が林立する西日本そのような事態まで想定するのは論理の飛躍で原発も動かせない」とコメントを寄せています。

 M氏のいうように日本列島に壊滅的な影響を与える破局的噴火はそう頻繁に起こるものではないでしょう。ただしこの12万年で上記阿蘇4も含めて10回前後、人類が日本列島に居住して以降も2回九州で起こっています(2万9千年前の姶良カルデラ噴火、7,300年前の鬼界カルデラ噴火)。その間隔は単純計算すると1万年ほどなので、最後の鬼界カルデラ噴火から7,300年経っていることを考えると、次の破局的噴火がいつ起こっても極端な話明日起こってもおかしくないと指摘する研究者もいます。

 M氏も、時期はともかく破局的噴火が起こること、その時は西日本が壊滅状況になることは認めているのですから、やはり原発は動かせない、というよりも火山の林立する日本列島にそもそも原発はあってはならないと言えます。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-15 11:36

2017年秋の乱読日誌から④ ―番 外 編―

c0133503_08570984.jpg
c0133503_08581566.jpg
 17.12.14

 あまり新聞小説は読まないほうですが、今「しんぶん赤旗」日刊紙に掲載中の山崎ナオコーラさんの「趣味で腹いっぱい」は面白くて結構はまっています。ことのついでというわけで、あまりにガチなタイトルにちょいと怯み、これまた長らく積ん読状態にあった山崎さんのデビュー作「人のセックスを笑うな」(河出文庫)も一気に読了。

 前者は本業の傍らに行う副業、後者は教師と生徒の年の差恋愛、不倫と結構きわどい、ことによってはドロドロした展開にもなってもおかしくないテーマを扱っているのですが、山崎さんにかかるとふわふわしたなんとも暖かい話に仕上がっていきます。ストーリーから生じる不道徳、不義、不穏等々、マイナスイメージがつきまとう言葉を甘い砂糖と溶けあわせたマショマロでくるみこんでしまったような感じかな。

 山崎ナオコーラ―、掴みどころに少々苦労する、不思議な作家さんです。


 さて、旧知の漫画好きのY君、これまで「これおもしろいから読んでみて」と「ワンピース」「ハンターハンター」「進撃の巨人」と様々な作品を薦めてくれたのですが、どれも読む気がおこりませんでした。思うにどれも時代・地理的背景がはっきりしないのが理由かと…。いつのどこのことかようわからん話はしんどいというわけです。

 それでもめげずに彼が今度紹介してくれたのが「キングダム」(原泰久 集英社)。こちらは中国戦国時代の秦のお話と時代も場所もはっきりしていて、ストーリー展開もおもしろそう。暇を見つけて読みすすめています。「また感想聞かせて」と今度ばかりはY君も満足げです。








[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-14 08:59 | 積ん読・乱読・熟読日記

年の終わりまでやっぱり忖度かと思いきや…

 17.12.13

 10日オスロで行われた核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN(アイキャン))へのノーベル平和賞授賞式で広島の被爆者サーロー節子さんが行った「核兵器は必要悪ではない。絶対悪だ。私たち被爆者は72年にわたり、核兵器の禁止を待ち望んできた。これ(核兵器禁止条約採択)を核兵器の終わりの始まりにしよう」との訴えが世界に感動を呼んでいます。腑に落ちないはその広島のある国、日本のマスコミが式を中継しなかったこと。同条約に反対する安倍政権の顔色をやっぱり伺ってるんでしょうかね。

 12日は日本漢字能力検定協会が今年の漢字を「北」になったと発表しました。北朝鮮による核実験やミサイル発射、北海道産ジャガイモの不作、北海道日本ハムの大谷翔平選手の米大リーグ移籍、競走馬キタサンブラックの活躍などがその理由とのこと。公募で「北」が一番多かったとのことですが、北朝鮮については安倍政権の声高にいう国難への敗「北」、他の理由については付け足しの匂いを感じているのは私だけでしょうか。ちなみに安倍首相が「挑」と答えたのに対し、わが党の小池書記局長が「『てへん』ではなく『しんにょう』(逃)では?」とチクリ。私はやはり「偽」がよいと思うのですが…。
 そんなこんなで「年の瀬が迫っても忖度ばかりとは情けないことよ」と思っていた本日の昼過ぎ、広島高裁が火山災害による重大事故のリスクなどを指摘して四国電力に伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じる決定を下しました。高裁の原発の運転差し止めは初めてとのこと。

 少しずつ、少しずつ、歴史は前に動いています。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-13 19:02

2017年秋の乱読日誌から③ ―吾輩はエコである―

c0133503_14171417.jpg

 17.12.11
 先日夏目漱石の名著「吾輩は猫である」を読破しました。
 
名前のない猫「吾輩」が人間社会を客観的、批判的に観察するその内容についてはすでにみなさんご存知のとおりなのでここでは触れません。
 私が少し驚いたことは、小説とはいえ、主な舞台となる主人の苦沙弥(くしゃみ)先生の家に、まぁ実に入れ代わり立ち代わり客人が訪れること。よく考えてみると電話が普及せずもちろんメールもない明治期、手紙を出すほどでもないでもないご近所さんに用事を伝える時は訪問するしかなかったわけです。また作中に「ご一新以後」や天璋院様(13代将軍徳川家定の奥方篤姫)などの言葉が出てきたことも印象に残りました。今、私たちが昭和を懐かしむような感覚で当時(明治38年)の人は江戸時代を語っていたようですね。
 ところでこのハードカバーのポプラ社刊の「吾輩は猫である」、小学生の頃その奇をてらった作品名に興味を覚えて買ったものの、さすがに当時は難解すぎて「なんで妻が『細君』やねん!嫁さんて言えんか!」と逆切れして読書放棄、その後中高時代は「純文学の作品名は『暗夜行路』や『人間失格』みたいに漢字を並べるものだ。こんなふざけた名前の本が読めるか!」と今度は上から目線で逆切れして再び読書放棄、その後本棚から聞こえる漱石先生の「はよ読めぇ」の声に苛まれ続け、今回やっと積ん読解放となった次第です。
 なお同書の奥付けを見ると「1972540円」とあります。わずか540円(当然消費税なし)で45年間もお付き合いできたわけで、こんな経済的(エコノミカル)な本はありません。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2017-12-11 14:20 | 積ん読・乱読・熟読日記