山元たけしの あの日その時、そしてこれから


日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります
by takeshi_yamagen
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
橋下知事のPT、はじめは..
by 佐々木雅博 at 10:03
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


平昌五輪雑感② ―新しい光景を見たのは誰か― 

c0133503_21542800.jpg

 18.2.28
 18日スピードスケート女子500m決勝で小平奈緒選手が優勝、イ・サンファ選手(韓国)の五輪3連覇を阻止しました。
 イ選手は悔し涙をこぼしながらリンクサイドあたりにへたりこむだろうだろう、小平選手はこぼれるような笑顔でリンクから手を降っているだろうと思っていた矢先、私の前にまったく予想していなかった光景が飛び込んできました

 氷上で泣き崩れんばかりに小平選手に寄りかかるイ選手、相手への気遣いからか自身の喜びを抑え無表情にすら見える顔立ちで抱きかかえる小平選手―、え、この二人って違う国の人だったよね、確か1分前までこわい顔して競い合ってたんだよね…、で、なんで泣き合ってるの?なんで抱き合ってるの?? 私の頭は少々混乱してしまいました。

 聞けば両選手は10年来友情を育んできた仲良しだとのこと。試合後の会見で小平選手は「競い合うことも大事なんですけど、国の文化や言葉を知ることで、さらにスポーツの楽しさが増すといいますか。他の国の選手はどんな思いを持っているのか、どんな文化を持っているのか知ることは、その競技を高めるために必要だと思っています」と述べました。専ら競い合うことだけに目的意識が集中する(と私は思っていた)オリンピック選手の口から相手の国の文化をリスペクトする言葉が飛び出すのを、私は生まれて初めて聞きました。さらに小平選手は「メダルのことは名誉です。これからどう生きるかが大事になってくる」と帰国後のインタビューでも述べています。小平選手にとってはスポーツと相手の文化へのリスペクト、そして自身の生き方が分かちがたく結びついているのです。

 競技前「小平選手は金メダルをとって新しい景色を見ることができるでしょうか」とコメントしたアナウンサーがいましたが、その小平選手のおかげで、新しい景色を見ることができたのはどうやら私たちだったようです。

 ありがとう!小平さん。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-28 21:54 | スポーツ話

羽田元市議に懲役2年10月の実刑判決! 

c0133503_13340649.jpg
c0133503_13334677.jpg
 18.2.27
 以下は23日付藤原美知子池田市市議(日本共産党)のブログから転載したもの。


 大阪地裁では、羽田達也元市議(元大阪維新の会)への判決が下りました。

「不正の仕組みを確立し、従業員にやり方を教えるなど、主導的な役割を果たした」「療養費制度の根幹を揺るがすもので、非常に悪質だ」と厳しく、懲役210カ月の実刑判決。前回の公判で、4年半の求刑がありましたが、3年以下なら執行猶予もあり得ると微妙なニュアンスもありましたが、きちんと、彼の本質を見抜いた判決でほっとしました。
 この間、自らが経営する整骨院の不正請求で逮捕された時、また、本人が起訴事実をほぼ認めて保釈され議会に戻ってきたときと、市議会では2度にわたって全会一致で辞職勧告決議をあげても、辞職しようとせず、全員協議会で前議員の前でも辞職は市内と言い切り、結局市民からリコール署名運動が起こりました。
 署名は住民投票に必要な有権者の3分の1には至りませんでしたが、4分の1に相当する21569筆を集め、12月議会(それも最終日まで粘りましたが)で辞表を出すに至りました。
 なお、皆さんにご協力いただいた署名簿は、井上リコール署名実行委員長がクリーンセンターに持ち込み、焼却処分したこともご報告しておきます。ご協力本当に有難うございました。
 私(藤原議員)も2度ほど公判を傍聴しましたが、本当の心の底から悪いことをしたと反省している様には思えませんでした。彼自身の今後のためには、「とんでもないことをしたんだ」と反省をしてもらうためにも、執行猶予のない実刑判決が妥当だと思います。
 損保会社には不正に得た金額を返済したようでそれが求刑よりも少ない判決につながったかもしれませんが、私たちにすれば、議員報酬から支払ったのではないかと思うといまいち納得できない部分もあります。
 議員になる以前の犯罪が断罪された場合、本来なら議員になる資格はないわけですが、それならこれまでの議員報酬は返してと言えないものかと思います。(判決が下りた日を起点とするのか、犯罪を犯した日を起点とするのか、こんな時はどう判断するんでしょう?)










[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-27 13:36 | 維新退場!

平昌五輪雑感 ―笑顔、笑顔のオリンピック―

 18.2.27

 さまざまな感動を呼んだ平昌オリンピックが25日閉幕しました。日本勢が史上最高の13個のメダルを獲得したのは本当に嬉しいですね。

 さて私はメダルを獲得したか否かに関わらず選手たちの試合後のインタビューを注意深く聞いていました。印象的だったのは「ずっと楽しかった。本当に楽しかった。楽しくて負ける気がしなかった」(モーグル銅 原大智選手)の声に代表されるように多くの選手が口々に競技の楽しさを語っていたこと。終始笑顔だった女子カーリングチームについては英ガーディアン紙が「もし笑顔という競技があれば彼女らは表彰台のトップにたつだろう」と報じていました(確かに3位決定戦の英チームの選手は対照的に怖い顔してましたね)

 もちろんメダルがとれなかったり実力を出し切れなかったりで、悔しさや謝罪を口にする選手もいましたが、そんな場面は以前に比べれば本当に少なくなっているのではないでしょうか。

 スポーツって本来楽しいもの、それはオリンピック選手も同じ―、私の少年期と重なるスポ根全盛時代とは隔世の観があると思った次第です。

「これを知る者はこれを好む者に如かず。 これを好む者はこれを楽しむ者に如かず…」(論語)。孔子先生の言うとおりですね。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-27 12:06 | スポーツ話

大杉さんは風のようにふっと去っていかれました

 18.2.25
 俳優の大杉漣さんがロケ先で急逝されました。テレビ関係者のインタビューを見ていても、「へ?」といった感じで、どなたもその死を実感なさっていないように見受けられました。
 かくいう私も演技派の脇役ということ以外には大杉さんのことをあまり存じ上げず、どの映画で誰の役をやっていたか示せと言われても詰まってしまいます。恥ずかしながら劇場まで見に行ったのにもかかわらず「シン・ゴジラ」で総理大臣役をしておられたことすら忘れていたのです。
 主役をひきたてて、いい作品を作り上げるためにはどんな役も引き受ける―、その姿勢から大杉さんは「三百の顔をもつ男」と言われていたとのこと。その脇役人生から考えるに「控えめな存在感だけで十分、出演作品が覚えられているかいないかなんてあまり関係ない」と考えておられたのかも知れません(私の贖罪もこめた推測です)。
 そしてその最期にあたってもあくまでも控えめに吹き抜ける風のようにふらっと逝かれた大杉さん、今頃は同じく脇役仲間で急逝された阿藤海さんなんかと再会されているかも知れませんね。
 安らかにお眠りください。



[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-25 11:04 | 墓碑銘 ー送ることばー

「君たちはどう生きるか」と「蟹工船」

c0133503_09381275.jpg

 18.2.24
 吉野源三郎さんの著書「君たちはどう生きるか」(1937年)が、漫画版も出版されてヒットしているとのこと。実は同書、先日紹介した「吾輩は猫である」には及ばないにしてもわが家で長らく「積ん読」状態になっていた本の一つです(17/12/11当ブログ参照)。折角の機会だからと本棚の奥から引っ張り出してきました。奥付の発行年月日が19831220日(第8刷)となっているので、実に30年以上読まずに放置してきてこのたびやっと読了した次第です(ただ主人公のコペル君の名は記憶にあるのでなんどかページを開いていたことは間違いありません)。
 いじめ、裏切り、友情、貧富の差…、直面する出来事を通じて一つ一つ成長するコペル君―、時あたかも日本全体が狂気の戦争に向かいつつあった当時、同書で吉野源三郎さんがコペル君に、そして当時の青少年に言いたかったことは「自分の頭で考えろ」、ただそのひとことに収斂していくのではないでしょうか。
 小林多喜二の「蟹工船」は「君たちはどう働かされているか」と資本主義の搾取の実態と本質を暴露しました(08/7/177/22当ブログ参照)。その「蟹工船」の再ヒットから10年―、ますます混迷を深めるこの国の資本主義の中で、「君たちはどう生きるか」と今度は国民一人一人が問われているように私には思えるのです。
 多喜二虐殺85年の月に記す(写真は2月25日付「赤旗」日曜版1819面と岩波文庫版同書)。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-24 09:39 | 積ん読・乱読・熟読日記

月末はお勉強です

c0133503_10415650.jpg

 18.2.22
 平昌オリンピックに夢中になっていたわけでもありませんが、ブログを4日ほどお休みさせていただきました。
 というわけで月末は勉強して頭のネジを巻かなければなりません。
 以下の学習会、どうかお誘いあわせのうえお越しください。

◆2月25日(日)14:00~  
「北朝鮮はなぜミサイルを撃ち続けるのか」(戦争をさせない池田の会発足2周年学習会) 講師;飯田光徳さん(日本コリア協会・大阪理事長)
場所;池田駅前南会館(阪急池田駅下車すぐ サンシティ2階)

◆2月26日(月)18:30~
種子法学習会(同会学習会実行委員会)
講師;山田正彦さん(元農水大臣・弁護士)
場所;茨木市福祉文化会館303号室(茨木市役所北向い)


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-22 10:43

石橋南小学校の子どもたちの安心・安全な通学路確保へ、一歩前進です

c0133503_19451950.jpg

 18.2.17
 一昨日、市民のみなさんから寄せられた生活相談の件で市役所を訪れました。
 懸案事項が解決の方向で動き出しちょっとほっとしていたところ、「山元さん、ちょっと別件でお話が…」と職員のKさんに呼び止められ、「市営石橋住宅への進入路わきの土地、借りれました」と報告してくださいました。
 実は今春から市営石橋住宅(石橋4丁目)の建替工事が始まるのですが、周辺住民とりわけ若いお父さんお母さんが大変心配しておられたのが「現地に入る車両の進入路があまりに狭い。子どもたちの通園通学の安全が確保できるのか」という点。昨年10月の住民説明会でもそこに議論が集中したのです。この声を受けて、12月6日周辺住民の方とともに市当局と交渉、「現地の南側、中央環状線の石橋4北交差点わきにある現在更地になっている民有地を借りてでも進入路の幅を確保すべきではないか」と善処を求めていました。
 冒頭の報告はそれを受けてのもので、この2月から毎月更新という形ですが賃貸契約が成立したとのこと。地元の石橋南小学校やなかよしこども園の子どもたちの安心・安全な通学へ一歩前進、うれしい限りです。
 余談ですが、帰り際市長や副市長とエレベーターで偶然鉢合わせしました。「地元の要求実現に尽力してくださりありがとうございました」とお礼申し上げた次第です(写真右側が進入路、左側が借地。奥に中央環状線石橋4北交差点の信号が見えます。高架道路は中国縦貫道。なお借地奥の二階建て家屋も施工業者の事務所として借用することになりました)。

 


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-17 19:51 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

なぜ隣国のオリンピック観戦で寝不足になるのだ!

 18.2.15

 学生時代陸上部に所属していた旧知のA君、平昌オリンピックもさぞかし楽しく見ているだろうと思いきや、「冬のオリンピックは関心ない」と言い切り、「その時の気象条件など偶然の要素で勝負が決まりすぎる」とその理由を語ってくれました。「選手の実力が正当に評価されないことが多い。これではスポーツショーだ」というわけです。

 確かにスキーのジャンプでは出走時の風向きが成績に大きく影響を及ぼすようですし、スピードスケートでは伴走者とのちょっとした接触で転倒するシーンをよく見かけます。ものごとを厳密に考える彼らしいなと思ってしまいました。

 さて今回オリンピックが行われているのはお隣の国韓国です。

 久々に「ライブ観戦翌日寝不足」を免れると思いきやさにあらず。真夜中に実施される競技がなんと多いこと!スキーのジャンプなどは競技中に日がかわってしまっていました。欧米の昼間の時間に合わしたようですが、気温氷点下で競技を強いられ、それだけ「偶然の要素」の生じるおそれも高くなる中、やってる選手はたまったものではありません。

 東京ではこのような事態を再現させてはなりません。


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-15 09:22 | スポーツ話

安倍首相は平昌になにしに行ったのか

 18.2.14
 韓国平昌で行われている冬季五輪では競技と並行して各国の首脳会談が行われています。
 注目すべきは韓国と北朝鮮の融和ムードが一気に進み、北側からは文大統領の平壌訪問まで提案されるに到っていること。北朝鮮が非核化に向けた動きをとるまで「最大限の圧力」を維持し続けるとするアメリカも、もし北朝鮮が対話を望むなら「われわらは話をする」(ペンス副大統領)と語り直接対話を示唆しました。
 このように東アジアの平和と安定のために各国が対話に向けて積極的に動き出す中、安倍首相は韓国でなにをしてきたか。

「対話のための対話は無意味」「北朝鮮の微笑み外交に惑わされるな」と一貫して対話路線に水をさし、文大統領との会談では「米韓軍事演習の再延期をするな」と発言、大統領から「内政干渉だ」と一蹴されるお粗末ぶり(さらにいうならば開会式直前の晩餐会を安倍首相は遅刻、ひんしゅくを買いました)。
 なるほど巷では北朝鮮の思惑などを持ち出して一連の動きを評価しない声もあります。しかし北朝鮮がどう考えているにせよ、まずは無条件で胸襟を開いて話し合わなければならないのです。戦争への道を食い止めるためにはそれしかないじゃないのですか。対話の目的がどうのこうの、微笑み外交がどうのこうのと、レッテル張りに費やす時間はないと私は思うのですが…。





[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-14 19:44

セミ・ヌード

 18.2.11

 1月22日付の当ブログで紹介した池田清彦先生の「ナマケモノはなぜ『怠け者』なのか」は、一話の短かさ(3ページ弱)や先生の人類の自虐ネタを散りばめた文章の巧みさもあって、表題のナマケモノ話以外もついつい引き込まれて読んでしまいました。

 特におもしろかったのはアブラゼミとクマゼミの分布の話。

 一般的に近年の地球温暖化に伴って南方系のクマゼミがアブラゼミを席巻しつつあると言われています。吹田市に住まいしていた幼稚園時代(60年代半ば)の記憶にあるのはアブラゼミだけで、京都市内に住まいしていた小学校低学年時代(60年代末)、京都御所で初めてクマゼミを目撃して以来、まわり(もっぱら池田市内)でクマゼミがじわじわ増加してきたという自らの経験から言ってもこの「温暖化クマゼミ拡大説」は妥当だと、私も思ってきました。

 しかし先生はどうもことはそう単純ではないと指摘されます。近年京阪神や鹿児島ではクマゼミは減少傾向にあり、先生自身近年東京にやってきたと思っていたクマゼミがすでに江戸時代後期の江戸で生息が確認できることなどから、クマゼミの分布域の変化に関して温暖化以外の原因を考えておられるようなのです。

 ところで、先生はさらにセミはクマゼミのように翅が透明なものが多くアブラゼミのように透明でないものは世界的に見てとても珍しいと指摘されています。翅が透明だと全身が透けて見えてしまいますが、透明ではないアブラゼミでは頭部と胸部しか見えません。この状態を生物学的にはセミ・ヌードと言います(ん?)。


 追伸;クマゼミは暑い南方のセミなのでフル・ヌードなのですね。もうえぇて?


[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-02-11 17:37 | アニマルライフ