突き抜けてとことん行きつきました ―「燃えよ剣」と「不夜城」―

 18.8.27
 先日来新撰組の近藤勇、土方歳三、沖田総司を主人公にした司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」(新潮文庫)を読んでいます。私としては、彼らに特別な思い入れあったわけではなく、実のところ好きでもありませんでした。それどころか幕末の京都で政敵を切りまくった今でいうところのテロリスト集団に対して、むしろ強い嫌悪感をもっていました。
 それでも彼らを主人公にした小説を読んだ理由を列記すると、昨年京都市長選挙の応援に行った際事務所のごく近くにたまたま彼らの壬生屯所があったこと、「新撰組について最低限のことは知っておかなあかんかな」と言った文学部史学科日本史専攻出身者としての漠然とした義務感(?)、さらにはその文庫本(上・下)が身近にあったこと等々。まぁその程度です。 
 契機はともかく、読んでまず感じたのは鎌倉期以来といってよい封建的な主従関係を愚直なまでに戴いて彼らが生き抜いたことへの新鮮な驚きです。そして15代将軍慶喜の新政府への恭順というそのイデオロギー的基盤の崩壊後も、そのエネルギーはあくまで新政府打倒に向かったわけですが、今から見るとその生き方にはやはり哀れさを禁じえません。
 さて、そこで思い出したのが、昨年FBである方が「読み出したら止まらない1冊」にあげられていた馳星周さんの「不夜城」(角川文庫)です。
 北京系、上海系、福建系、台湾系、香港系が互いに抗争する新宿歌舞伎町の中国系裏社会―、騙し騙され、誰が信用でき、できないのかを探りながら毎日を生き抜くことだけを考えて動く人々、彼らは普通の人間性を一度ならず渇望しながら結局果たせずにある者は生き抜き、ある者は死んでいく―、まぁざっというとそんな話です。私の場合「読み出したら止まらない」ことはなかったのですが、キャラの立ち過ぎる登場人物が、そんなに広くない歌舞伎町を所狭しと動き回るスピーディーな展開を結構楽しみながら最後まで読んでしまいました。
 イデオロギー的な背景の有無の差はあるものの、新撰組のメンバーも不夜城に登場する中国系マフィアのメンバーも行きつくところまでしゃにむに突き進んだ点では一緒。どちらの本も「こんな人生送った人、少ないけどまわりにもいたなぁ」と、何人かの顔を思い出しながらページをめくり続けた次第です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-27 18:33 | 積ん読・乱読・熟読日記

近況報告 まだまだ暑い1週間でした

 18.8.24c0133503_2193155.jpgc0133503_2110540.jpg
 19日「日本共産党を語るつどい」を池田市内3ヶ所で開催。辰巳コータロー参院議員が駆けつけてくれました。
 午前のつどいで辰巳議員は、森友・加計問題、西日本豪雨対応、カジノ実施法強行可決、杉田自民党衆院議員の「生産性発言」などをあげ、安倍政権が最悪の国家私物化政権、究極の売国政権であると指摘。激変する朝鮮半島は情勢も。圧力一辺倒で周辺5か国のうち対話できないのは日本だけであることを強調しました。またこの間市民と野党共闘が進み20法案を共同提出したことを述べたあと、「共通政策政策ビジョンが示してせたら政治をさらに大きく変えられる、共闘の要として奮闘する日本共産党を躍進させて下さい」と訴えました。会場から「カジノだけは絶対許してはならない」「水道の民営化案はどうなっている」「安倍やトランプなどに一定の指示があるのはなぜか」など率直な質問が出るなど双方向のつどいになったのは嬉しかったですね。
 21日は百回目の高校野球夏の大会の決勝戦。大阪桐蔭高校が2回目の春夏連覇(史上初)を達成しました。金足農高の東北勢初優勝はなりませんでしたが、マスコミの報道はほとんど金足農高一色。「これでは大阪桐蔭がかわいそうや」とは妻の弁。
 そして昨日、若い頃から老け役が多かったこともあって「ずっとおばあさんのままでこの人は亡くならないんじゃないか」と思わせてくださった菅井きんさんの訃報が届きました。92歳。「映画に出ている」というより「映画の中におられる」っていう自然な存在感を醸し出しておられましたね。個人的には初代ゴジラの熱弁をふるう女性代議士役が印象に残っています。ご冥福をお祈りいたします。
 そして昨晩は台風20号が近畿地方を縦断して日本海に抜けました。一部河川などが氾濫したとの由。被害にあわれたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-24 21:11 | 建声元語 ―よもやま話―

高校野球余聞

 18.1.20
 夏の甲子園、百回大会もいよいよ本日準々決勝。激戦を勝ち抜いてきた4校がぶつかります。
 さて、今回の夏の大会、例年以上に私は楽しみにしていました。まず近大附属(10年ぶり)、高知商業(12年ぶり)など久しぶりにその名前を聞く古豪が見受けられたのは嬉しかったですね。レジェンド始球式も粋な計らいですね。私は坂本佳一投手(東邦高校)に注目。バンビと呼ばれた細い体で全試合を投げ抜き決勝戦でも東洋大姫路相手に互角に投げ合った姿が思い出されます(実は僕と同学年です)。それに太田幸司さんはいくつになっても男前でんなぁ。
 印象に残ったのは近江高校が前橋育英を4―3のサヨナラで下した試合です。1979年のセンバツで滋賀比叡山高校が群馬の前橋高校の松本投手に史上初の完全試合を喫して以来40年、近畿人の私としては滋賀県勢が群県勢を下すとそれだけでうれしいのです(まぁ現在の群馬の球児にしてみれば生まれる前の話であり、えぇ迷惑でしょうが…)。
 そしてその近江を鮮やかなサヨナラ2ランスクイズで下した金足農高は吉田投手を中心に試合ごとに強くなってきている印象です。今日勝てば103年前の豊中球場で行われた第1回大会秋田中学以来の秋田県勢の決勝進出。優勝すれば初めて優勝旗が東北にわたることになります。大阪桐蔭の春夏連破も見たいし、そこは悩ましいところです。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-20 12:13 | スポーツ話

今年もNHKスペシャルは見ごたえがありました

 18.8.19
 73回目の終戦記念日を前後して奮闘しているのがNHKスペシャルです。
 15日は「ノモンハンの真実」。
 モンゴルと満州の国境線を挟んで対峙する日ソ両軍。ついに東京の参謀本部も知らないうちに関東軍と現地軍は国境線をめぐって事実上戦争状態に突入しました。状況分析の甘さもあって日本の敗北で終わったこの戦闘で驚いたことは、関係者が上へ下へと責任を転嫁し、誰も責任をとろうとしなかったことです。
 無責任体制、甘い状況分析、精神論の跋扈はそのまま温存されて太平洋戦争に引き継がれ、戦闘がずるずる続く中空襲その他で親を亡くしたたくさんの孤児が生まれました。そんな戦災孤児を追ったのが12日の「戦争孤児の闘い」です。「大人たちの始めた戦争で親を失いずっと『駅の子』と蔑まれてきました。一体僕たちになにの責任があったというのか!欲しかったのは人のぬくもりでした」という元孤児の叫びが胸に刺さりました。終戦直後府内泉南郡の疎開先のお寺に最後まで父母が迎えに来ず、母が「親は空襲で死んでしまったんだ」と一旦は孤児として生きる決意をしたと話していたのを思い出しました(幸い母の場合はその後祖父母が迎えに現れました)。母にとって、ひいては私にとっても「駅の子」は他人事ではなかったのです。
 13日の「船乗りたちの戦争」も見ごたえがありました。
 民間の船が物資輸送に徴用されていたことは知っていましたが、その中に小さな漁船(写真を見る限り「奈良時代の遣唐使船以下だ」と思ってしまうくらい粗末なものです)まで含まれており、それに乗り込んでいた徴兵年齢前の今でいう高校生くらいの子たちがそのまま南方で戦闘に駆り出されて命を落としていたことを初めて知りました。
 毎年戦争の悲惨な現実をこつこつ発掘してくれるNHKスペシャルのスタッフには本当に頭が下がります。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-19 20:42 | 歴 史 夜 話

マイブーム お江戸のおみやげ

 18.8.16c0133503_9164929.jpg
 半世紀以上生きてくると公私あわせて何十回か東京に足を運んできました。その度に「ひよこ」や崎陽軒の焼売(横浜やけど)を買って帰り、時間が許せば佃島の天安まで足を伸ばしでおいしい佃煮を求めたりもしました。
 そんなおみやげ遍歴を重ねてきた私の昨今のマイブームが舟和の芋羊羹です。数年前先輩議員からすすめられたのですが、芋と言うからには素朴で田舎っぽい味を勝手に想像していたワタクシ、一口食べると芋とは思えぬよく抑えた上品な甘さが口いっぱいに広がり、その予想は見事に裏切られました。「まさに対立物の統一、相互作用の妙―、ヘーゲル先生もびっくりの弁証法的な味だ」とよくわからんこと思わず口走ってしまうおいしさです。
 7月の国会要望の際にも浅草仲見世の舟和本店で買い求めて、家族と一緒に食べたところ、息子が「お父さん、もひとつ」と意外な感想。「僕ら和菓子文化の馴染んでないのと、若いからもうちょっと甘ないともの足りん」と結構冷静に分析しておりました。ジェネレーションギャップを実感した次第です。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-16 09:18 | 建声元語 ―よもやま話―

酷暑お見舞い申し上げます

 18.8.15
 自身の要領の悪さもあるのですが、ここしばらく「お仕事全くオフ」の日を取れないまま猛暑に突入。生活習慣病のみなさんとはそれなりのお付き合いをする年齢にはなってきましたが、概ね健康の私の体もついに悲鳴をあげたようで、ここ数日体調が優れません (軽い熱中症のようです)。
 みなさまもくれぐれも無理なさらずおすごしください(ブログの文字数も今回は少なめです)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-15 19:23 | 建声元語 ―よもやま話―

東京で縄文に圧倒されて帰ってまいりました

 18.8.11c0133503_1156784.jpgc0133503_115626100.jpg
 先月国会要望後一泊して、東京国立博物館の特別展「縄文」を見学してきました。
 中部地方のコテコテの火焔土器、東北の宇宙人のような遮光器型土偶、さらには顔面ハート型の文字通りハート型土偶と、教科書その他で誰もが一度は目にしたことがある縄文土器の優品がズラリ並ぶ姿にまず圧倒されました。
 またそれらの優品もよかったのですが、控えめに小さく展示されていた赤ん坊の足型・手型の土器に、私は心惹かれました。名も知らない赤ちゃんとはいえ特定の個人を彷彿とさせるほとんど唯一の展示品だったからです。彼ら(彼女ら?)はどんな生涯を送ったのだろうか、もしかしたら生まれてすぐ亡くなったのかもしれないな、だとすればお母さんの悲しみはいかばかりだっただろうか…、展示品の前で過度に感情移入する私の性格がまた出てしまいました。
 私としては、移動生活から定住志向の高度な狩猟採集生活へと移行した縄文1万年のダイナミックな流れが示されてなかったのだけは残念に思えましたが、それを差し引いても一見の価値は十分ある特別展でした(9月2日まで)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-11 11:57 | 博物館は楽し

「地震で落ちずに残った破損瓦も補助対象」 -たつみ参院議員、宮原府議らに環境省答弁

 18.8.9
 大阪北部地震の対応をめぐり、日本共産党の宮原たけし府議団長とたつみコータロー参院議員らが7月24日政府に第2次要請を行いました。自身で破損し、屋根に残っている屋根瓦について環境省は「市町村が産業廃棄物と認めるなら要請すれば補助の対象となる」と回答。国から処理費用の9割が補助されることが明らかになりました。
 これまで地震によって屋根から落ちた瓦は、災害廃棄物として国から処理費用の9割が補助されていましたが、屋根に残ったままのかわらは対象外で、補助はありませんでした。屋根の回収を行う場合、瓦の撤去や産廃処理は自前で行うこととなり、費用は70万円にも及ぶこともあるといいます。
 宮原氏は、屋根に残っていても地震によって破損した瓦でありことは変わらないと強調。「写真などで地震による破損と証明できれば、災害廃棄物として十分可能ではないか」とただしました。
 破損瓦について環境省は「市町村の柔軟な運用で、被災者を救うことになる」と説明。宮原氏は「被災した住民にとって朗報だ。市町村にも伝えて、補助を促進してほしい」と求めました(「大阪民主新報」8月5日号より)。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-09 09:08

すべては8年前の市民の訴えと共産党の奮闘から始まりました ―池田の小中学校エアコン設置―

 18.8.7
 さて国会要望でも大きなテーマとなった小中学校へのエアコン設置率。池田市は普通・特別教室とも100%です(体育館は未設置)。
 しかしその池田市でも国の空港騒音対策が行われていた大阪空港に近い北豊島小・中と神田小以外はつい近年までエアコンが設置されていませんでした。その状況を大きく変えたのが、2010年9月議会での市民の請願と市議会における日本共産党議員団の奮闘でした。以下同年9月19日付の私のブログ記事を再掲します(一部加筆修正)。

 今夏(2010年)の猛暑、「うだるような暑さで勉強できない」という子どもたちの悲鳴を受けて、学校の先生方の労働組合などが「すべての幼稚園、小中学校の教室に緊急にクーラーの設置を求める請願」を提出され、15日の文教病院常任委員会の審議に付されました(紹介議員は日本共産党市議)。
 その質疑で特異な発言を繰り返したのが市長与党のA議員。「これから秋に向かい、クーラーがいらなくなる時に(請願を)出してきても、実現するはずがない」「これはプロパガンダ(宣伝)だ」と言うのです。
 しかし、請願は「緊急に」としているものの、今夏の設置に必ずしもこだわっているわけではありません。また、A議員は紹介議員が共産党であることをとらえて、共産党の宣伝と考えておられるようですが、紹介議員が誰であろうと、まず請願の内容が市民のためになるかどうかを検討するのが議員の務めではないでしょうか。親御さん、先生方、そして何よりも子どもたちの切実な願いを曲解までして、党利党略で弄ぶA議員の態度はやはり頂けません。
 結局、わが党の「快適な学習環境をつくるためにクーラー設置は必要だ」と主張した難波議員以外の反対多数で請願は不採択となりましたが、注目されたのは市側の発言。「クーラー設置の思いは同じ。一斉には無理だが、例えば中学3年生からとか、できるところから早くすすめられるよう考えたい」(教育長)、「教育振興基金の1億円を使ってでも、家庭用のクーラーでも、ということを検討していた」(市長)と、前向きな姿勢を示されたのです。市民の声が市党局を動かしつつあります(後略)。 

 このやりとりの後市立小中学校のクーラー設置が一気に進むことになったのです。 
 ※2010年10月1日付当ブログもあわせてご覧ください。
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-07 13:47 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

「条件満たせば生保世帯クーラー設置補助します」(厚労省) ―政府要請行動で国会に行ってきました③―

 19.8.6c0133503_43121.jpg
 生活保護世帯の貧困問題も深刻です。要望では「家賃補助が4.2万円に減らされた結果、家賃は3.9万円に下がったが、家賃に含まれない共益金が増えてその分生活を圧迫している」などの現場の声を示して国の姿勢をまず質しました。
 また「生活保護受給者にエアコンの買い替え・修理に貸し付けではなく一時扶助の家具住基費により設置に必要な費用を国の責任で保証して欲しい」との要望に対し、厚労省は「保護費の範囲内でやりくりして欲しい」と答弁。「やりくりできないからここで取り上げているんじゃないか!」の声が場内のあちこちから上がりました。
 ところで最近厚労省は6月27日付で「一定の条件を満たせばクーラー設置費用に5万円の補助をする」という通達を地方に出していたことを後で知りました。周知徹底の時間が必要であったようなのですが「もう決まっていたのであれば『検討している』くらいの事を言ってくれればよかったのに」と思った次第。不十分ですが一歩前進です(写真は交渉の場となった衆議院第二会館)。 
[PR]

by takeshi_yamagen | 2018-08-06 13:25 | 住みよい石橋・豊島の街めざして