<   2019年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

街は一気に選挙モード、負けるわけにはいきません


 19.2.24
c0133503_10220865.jpg この1週間は少し軸足を宣伝に置いてきましたが、昨日から訪問活動を本格的に再始動、垣田千恵子元市議と地元のEさん、Mさんとともに鉢塚の後援会員さん宅を訪問して回りました。
 驚いたのは街のいたるところに他会派の新人と言われる人のポスターが貼り巡らされていたこと。半月前とはすっかり様変わりしています。お門もとで話を聞いても「この地域ではN議員が、この4年間しっかり入り込んで世話役活動もしてる」「もういろんな人が来て、うちは2人しかいないのに、票がたりないわ」「たくさん(候補者が)出はるみたいやね」といった話がポンポン飛び出します。「こっちも負けるわけにはいかない」とポスター貼り出しを依頼すると快く引き受けてくださいました。さらに言うと訪問からの帰宅途中に石橋で保守系のN議員(実は中学の同級生です)とばったり。その手には紙の筒が握られています。私が「ポスター貼りに行くんやろ」と言うと「さすがヤマゲン、めざといなぁ」と言い残して笑って去っていきました。
 まさに街は一気に選挙モード、負けるわけにはいきません。

 さぁ11時半曽根駅前に志位和夫が来ます。元気の出る話、聞きに行ってきます!

by takeshi_yamagen | 2019-02-24 10:22

深海へ宇宙へオトヒメ様は大忙し

c0133503_07091139.jpg 19.2.23
 沖縄美ら島財団総合研究センターは、先日深海魚のリュウグウノツカイの人工授精と人工孵化に世界で初めて成功したと発表しました。定置網にかかっていた全長およそ3mのリュウグウノツカイ2匹から精子と卵子を取り出し、人工授精したところ卵からおよそ20匹が孵化しましたが、19日までにすべて死んでしまったとのことです。
 快挙だけれども少し残念だなと思っていた22日、今度は探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウへの着地に成功したとのニュースが飛び込んできました。小惑星への着陸は05年の初代はやぶさ以来、砂や石の採取に成功すれば世界2例目。リュウグウの岩石からは太陽系や生命の起源の謎に迫れる可能性があるとのことです。
 リュウグウノツカイの次はリュウグウヘノツカイ。深海へ宇宙へ、リュウグウジョウのオトヒメ様は大忙し、浦島太郎にお相手する暇もありません。


by takeshi_yamagen | 2019-02-23 07:10 | 山元のすべらない話

トランプ言いなり 戦闘機「爆買い」を許すな!

c0133503_11544130.jpg 19.2.22
 安倍政権は、消費税増税など税金の集め方も問題ですが、使い方もひどいものです。
 今大問題になっているのは、F35ステルス戦闘機147機の「爆買い」です。その総額は維持費などふくめると6兆2千憶円にもなります。敵のレーダーに発見されにくいステルス戦闘機は他国での戦闘を前提にしたものであり、平和憲法ともあいいれません。さらに腹立たしいのは、それらの戦闘機の寿命が10年ほどしかないということ。まさにトランプ大統領に言われるがままの「浪費的爆買い」、与党筋からも「今買う必要があるのか」と批判の声があがっています。
 このステルス戦闘機を1機(100億円以上)買うのをやめるだけで保育所を90ヶ所建てることができます。日本共産党は、「軍事費削って暮らし・福祉にまわせ」との国民のみなさんの声にこたえて全力あげてがんばります。



by takeshi_yamagen | 2019-02-22 11:56 | 打倒!安倍政権

徴兵への一里塚、自衛隊への若者名簿提出を許すな!

 19.2.21
 自衛隊員の募集について、別に法律で義務付けられているわけでもないのに「6割以上の自治体が協力を拒否している」と問題視した安倍首相。「それを変えるためにも9条に自衛隊を書き込むことが必要だ」と本音をあらわにしました。
 すかさずわが党の委員長志位和夫は「9条改憲の狙いの一つが、自治体から若者の名簿を強制的に召し上げることにあると自ら告白するものだ」と厳しく批判。さらに自民党が国会議員を使って選挙区内の自治体に“圧力”をかけるよう求めていること、首相発言の出所が極右団体の日本会議だったこともわかりました。
 若者の名簿が自衛隊にわたれば、それがそのまま「徴兵対象者名簿」に転用できることは容易に推察できます。以前安倍首相は「改憲してもなにも変わらない」と述べましたが、9条改憲、自衛隊への名簿提出を許せば、この国のありようは戦争を前提としたものへと大きく変わっていくことでしょう。
 16日の日本共産党池田女性後援会主催の「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」では古谷馨副会長が「私は昨日の新聞をみて、すごく腹が立ち、日本の未来について危機感をもちました。それは、自衛隊員の募集に自治体が協力しているということがわかったからです。安倍首相は『6割が協力してないから』と憲法改定が必要だと言っていますが、自衛隊からダイレクトに高校生に募集をかけるなんて許せません。昔の兵役検査を思い出しました」と自らの戦争体験も交えながらその危険性を語られた後、「戦争への道へ進ませてはならない。そのためにも選挙で日本共産党が躍進させなければならないと思います」と熱く訴えられました。


by takeshi_yamagen | 2019-02-21 00:40 | 打倒!安倍政権

志位和夫、曽根駅前でほえる!

c0133503_05153450.jpg 19.2.20
 今度の日曜日(24日午前11時半、日本共産党中央委員会委員長志位和夫が豊中は曽根駅前に参ります。
 私の記憶による限り、日本共産党の委員長が阪急宝塚線沿線のいわゆる「豊能筋」に来るのは、豊中が自身の選挙区(旧大阪3区)だった村上弘を除くと、80年代後半に不破哲三が豊中市立大池小学校の体育館で話して以来およそ30年ぶり(のはず)。
 この滅多にない機会をお見逃しなく、どうかお誘いあわせのうえお越しください。

by takeshi_yamagen | 2019-02-20 05:17

ささやき、ささやかれて心が通いました

 19.2.20c0133503_04471006.jpgc0133503_04461946.jpg
 今までの駅頭宣伝や後援会員訪問に加えて街角での宣伝(いわゆる「スポット宣伝」)に力を入れだしています。昨日(19日)は雨天で中止したものの、17日は天神1丁目、18日は石橋1丁目に赴き、後援会のみなさんと辻々でマイクを握りました。
 特徴的だったのはビラの受け取りが思った以上によかったこと、そして「応援してるで」「アベ、倒そな」と、耳元でそっとささやいていかれる方がそこそこおられたことです。安倍自公政権が勤労統計偽装してまで、消費税増税を進めていることへの怒りがじわじわ広がっているようです。
 ところで「まわりの友達や家族にも声かけるで」「カラオケ仲間にもあなたのビラ渡すわ」と言ってくださる方が増えているのもこの間の特徴。路上で「がんばってね」とささやいてくださった見知らぬご婦人に「まわりにもお広げください」と思い切ってビラを2、3枚多く渡すと、ちょっと戸惑いながら「いいですよ」とささやき返してくださいました。



by takeshi_yamagen | 2019-02-20 04:47

これを私淑というのでしょうか ―直木孝次郎先生の逝去にあたって―

 19.2.19c0133503_13131919.jpg
 古代史家の大阪市立大学名誉教授直木孝次郎先生がなくなられました。享年100歳。
 私は学生時代、日本史の古いところを勉強していたのにも関わらず、屯倉、県主、国造などの用語がなにを読んでもよくわからず、悩んでいた時期がありました。そんなスランプを救ってくださったのが先生の著書の数々でした。先生の文章は、たとえそれが学術論文であっても論旨明快、ページをめくるたびにそれこそ水が砂に浸みこむように私の古代史の理解は広がっていきました。「えらい先生の文章はむずかしい」との私の漠然とした先入観は打ち砕かれ、むしろ逆であることを先生から教わりました。
 私のもう一つの先生像は「闘う直木孝次郎」です。先生は以前から各地の遺跡保存運動に携わってこられたのですが、2008年に橋下知事が府立弥生文化博物館の廃止を含む見直しを表明した時には「戦争の惨禍を経験した日本人はその誤りを繰り返さないために過去を学ぶことの重要性に気づいた。歴史から学ぶことはたくさんあるが、書物だけでは限界がある中で、博物館の重要性はますます高まっている」と指摘したうえで、「(博物館廃止は)秦始皇帝の焚書坑儒にも比すべき暴挙」と批判されました。各種選挙で日本共産党への期待を表明してくださったのも嬉しかったです。
 肉親や友人の時とは違う、私淑していた先生との別れの寂しさに私は今浸っています。
 先生―一度もお話したことがないのに、そう呼ぶのはおこがましいのですが―本当にありがとうございました(写真はわが家の本棚にあった先生の著書。未読のものもあり、選挙が終わったらゆっくり読みたいと思います。08/4/16当ブログ参照)。



by takeshi_yamagen | 2019-02-19 13:19 | 墓碑銘 ー送ることばー

「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」に参加して

 19.2.17c0133503_08412799.jpg
 昨日(16日)は池田女性後援会主催「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」に4月市議選でお世話になる3人と引退する白石議員と参加しました。
 第1部は、わたなべ結さんのお話。「参院選で阿倍政権をおいつめ、解散総選挙で勝ちたい。ウソのない日本語の通じるまともな政治に変えましょう」と訴えられました。
 第2部は、山元たけし、小林よしみつ、藤原みち子に対する応援パフォーマンスと私たちの決意表明、引退する白石啓子議員の訴え、行動提起。
 応援パフォーマンスはゆるキャラあり、紙芝居あり、歌あり、生演奏ありで、わたしたち統一地方選挙でお世話になる3人のおいたち、個性を存分に浮き彫りにしていただきました。
 私は「大学で歴史を学んできたが、文章に書かれた歴史は権力者がつくうそを見抜いて事実を探っていかなければならない。たとえば隠蔽、改ざん、書き換え、数字の操作…、あれ?これって安倍政権のことですですね」とまず歴史学的に安倍政権を批判。これまで池田茶臼山古墳の保存に取り組んできたことに触れた後、石橋駅ではエレベーターに続いてドアミラーの設置要望が広がりつつあること、図書館に関しては市を超えた相互利用の進展にともなって、池田市域に多くの図書館をつくろうという機運がたかまっていることなどを示して「住民のみなさんの要求が進化、パワーアップしていることを感じます。みなさんとやること、やらなければならないことがいっぱいになってきました」と述べ、ご支援を訴えました。
 ところで2月は日本共産党石橋女性後援会の「ほっこりカフェ」(10日)、ふみつきの会(日本共産党池田中部地域女性後援会)の集い(11日)、そして今回と女性後援会の行事に連続して呼ばれました(写真左から藤原、白石、小林、わたなべ、山元)。

by takeshi_yamagen | 2019-02-17 08:44

多くの人に共産党を知ってもらって広げてもらう…、これが大事ですね ―担い手づくりとSNS―

 19.2.14
 連休明けの一昨日(12日)午前はAさんと豊島南の後援会員さんのお宅を訪ねました。お留守も多かったのですが、うれしかったのは「カラオケ仲間にも声かけるよ」(M井さん)、「近所に(ビラ)配っとくよ」(Y口さん)、「今度お医者さん行ったときビラわたすわ」(K下さん)とまわりにお声かけすると言ってくださった方が多かったことです。本当に励まされます。
 午後は池田の共産党のSNS学習会に参加。「SNSやったことない」「ツイッターまでやってる」「FB開店休業状態」とそれぞれc0133503_11552583.jpgレベルの違う生徒(なぜかおっさんばかり)に講師の村川まみ箕面市議が懇切丁寧に実践指導。なんとか全員ツイキャスまでたどり着きましたが、やりこなせるか否かは各人の意識と情熱次第と言ったところでしようか。
 共産党のことをどれだけ多くの方がどれだけ多くの人に広げてもらうかが重視される昨今、口コミマンパワーとSNSが本当に大事になってきます。


by takeshi_yamagen | 2019-02-14 11:56

今度は本物の呉春が出てきました ―中部ふみつきの会でごあいさつ―  

 19.2.14c0133503_11082948.jpgc0133503_11092681.jpg
 少し報告が遅れましたが11日はふみつきの会(日本共産党池田中部地域女性後援会)の第33回目の例会にお邪魔しました。
 私の人となりがわかる話をしてほしいとのとでしたので、まずは自身のプロフィール、1961年大阪市で生まれたこと、小学校低学年の頃池田に来たこと、さらにその後の学歴、職歴などをひととおりお話し終えた頃に、テーブルの上におでん、サラダ、おにぎりなどごちそうが並び切り、一升瓶も出てきましたが、まだ先の予定があったので私は遠慮しました(ちなみに銘柄は前日その酒かすをいただいた池田の名酒呉春でした)。
 お腹いっぱいいただき、元気に午後の活動にとりかかることができました。ふみつきの会のみなさん、ありがとうございました。

by takeshi_yamagen | 2019-02-14 11:10

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る