人気ブログランキング |

「松井さん、『身を切る』改革をいうなら維新は政党助成金返上されたらいかがですか」(志位和夫)

 19.7.7
 先月30日のネット党首討論で、維新の松井代表が日本共産党委員長志位和夫に「消費税増税するなら、国会議員の身を切る改革を。どうか」と質問。それを受けて志位和夫氏は「消費税を国民に押し付ける代わりに自分たちの身を切るというのは理屈が違う。身を切れば増税を押し付けていいのか」「私たちは政党助成金の317億円。松井さんとこもたくさんもらっている。全部返上したらいかがか。私たちは廃止を求めておりますし、受けとっていません。『身を切る』というなら、そこから取り組んではいかがか」と反論。松井さん、ぐうの音も出ず黙り込んでしまいました。勝負ありましたね。
 池田市議会の6月定例会でも似たような情景がありました。維新市長は所信表明でやはり「身を切る改革」論を展開しましたが、代表質問の論議の中でその狙いが市民負担拡大であることが明らかになりました。「身を切れば市民負担を増やしていいのか」の声が池田市内でも広がっています(6/10付当ブログ参照)。

※本日核兵器廃絶全国平和大行進が池田を参ります。市役所前で集会後11時半に出発、川西市役所をめざします。一歩でも二歩でもご一緒に歩きましょう!


# by takeshi_yamagen | 2019-07-07 05:20 | 維新退場!

悲報!豊能筋の人間の胃袋を満たしてきた豊南市場が閉店しました

 19.7.6
c0133503_07034446.jpg 池田市民のみならず大阪府北西部の阪急宝塚線沿線いわゆる豊能筋にお住まいの方なら誰もが知っている、地域の台所豊南市場(豊中市庄内)―、その営業主体の「株式会社豊南市場」が先月29日で閉店されました。テナント出店の28店は継続して営業されますが、店舗数は今までの半分ほどになるとのこと。正直ショックです。
 この豊南市場、食料品がめっぽう安いことで有名でした。そこそこの高級牛肉でも100g2,000円でおつりがきたといえば、特に東京の方にはその安さが分かっていただけるのではないでしょうか。亡くなった義父とともに買い出しに繰り出し、周辺の親族に配り歩くのが大晦日の私の大事な任務だった頃が懐かしく思い出されます。
※近くにある国道店と稲津店は営業しておられるとのことです。
 



# by takeshi_yamagen | 2019-07-06 07:04 | イシバシ NOW

安倍首相、「原発増やします」ってどんどん宣伝されたらいかがですか?

 19.7.5
 3日の日本記者クラブ主催の党首討論会は結構興味深いものでした。
 その中で登壇者が質問に挙手で可否を示す場面があったのですが。安倍首相は「原発の新増設を認めない」「選択的夫婦別姓を認める」の2項目で7名中ただ1人、手を挙げませんでした。それが安倍首相にとってはどうも仲間はずれにされておもしろくなかったようで、「政策的な議論をちゃんとしないとですね、イエスかノーかということでは政治はないですから。印象操作するのはやめたほうがいいと思いますよ」と恨み言をぶつぶつ…。
 でもよく考えると他党と違う見解をを示したということは必ずしも悪い話ではありません。たとえば消費税増税せずとも暮らしや福祉は充実できると財源も具体的に示している党はわが党以外にはあまりないように思うので、全国の共産党とその後援会は印刷物で、街頭で、駅頭でおおいに訴えてまわっています。首相も記者クラブにいちゃもんつけなどせずに、おおいに「原発バンバンつくります」「選択的夫婦別姓は経済成長と関わりがないから認めません」と自党のオリジナリティを国民に訴えられればよいのではないでしょうか。

 明日(6日)午後2時より石橋駅前会館にて私の市政報告会を開催いたします。お誘いあわせのうえお越しください。 

 



# by takeshi_yamagen | 2019-07-05 12:29

野党共闘の心張棒、日本共産党へのご支援よろしくおねがいします。 ―私の街頭演説から④―

 19.7.4
 みなさん、今度の選挙は野党も大きくしてほしいのです。今野党はこの国よくしようと多くの政策協定結んでいます。消費税10%増税反対、安倍政権もとでの改憲反対、そしてこれまでなかなかまとまらなかった原発問題でも原発ゼロをめざすことで一致しました。野党を大きくしていただいて安倍政権を退陣に追い込むならば私たちの希望が届く政治が実現します。そしてその心張棒としてがんばる日本共産党を大きくしてほしいのです。この大阪ではブラック企業追放、森友・加計疑惑追及、カジノ反対、そして過酷な労働を強いられているコンビニオーナーさんの生活と権利を守る、まさに苦しむ人がいればほっとかないたつみコータローへのご支援を重ねて申し上げてご当地での訴えに代えさせていただきます。ありがとうございました。

 本日4日午後6時、志位和夫、たつみコータローが梅田ヨドバシカメラ前で訴えます。どうかお誘いあわせのうえお越しください。

# by takeshi_yamagen | 2019-07-04 00:35

維新に私たちの希望を託すことはできるでしょうか? ―私の街頭演説から③―

 19.7.4
 私たちの願いを実現するうえでちょっと考えてみなければいけない勢力があります。大阪維新です。この春の統一地方選挙で池田でも維新市長が誕生したわけで、期待された方も多いんじゃないでしょうか。
 実は6月議会で私、「維新はよく『身を切る改革』って言わはるけどいったいなに切るんですか」て聞いてみたんです。そしたら市長は「無駄を切る」とおっしゃる。無駄をなくすのは賛成だけども市長はさらに続けて「次に市民負担を増やす」ていうんですね。池田市は17年連続の黒字、51億円のためこみがあるのにそう言うわけです。市の財政が黒字であろうとどうであろうと市民の暮らしや教育の予算を削ろうというのが「身を切る改革」の狙いだったわけで。市民にとってそんな迷惑な話はありません。また大阪で維新から選出された丸山議員は国後島で「戦争しなきゃどうしようもない」と、自民党や安倍さんがたとえ言いたくても言えない恐ろしいことを言い出す。憲法9条早く変えろってけしかける。怖いですねぇ。こんな維新に私たちの願い託せないこと明らかではないですか。



# by takeshi_yamagen | 2019-07-04 00:34

消費税あげなくても暮らしの予算をつくることができます ―私の街頭演説から②―

 19.7.4
 景気を回復して払っていただく年金保険金を増やすにはどうしたらよいのか。まずしてはいけないことははっきりしています。消費税率10%引き上げです。同時に私たち日本共産党はやみくもに増税反対を言っているのではありません。消費税あげなくても暮らしの予算は捻出できる、具体的なプラン。税源もお示ししています。まず税金はお金のあるところから取るのがあたりまえではないでしょうか。であるならば400兆円ものためこみ、内部留保をもっている大企業に中小企業並みの法人税払ってもらおうではありませんか。これで年4兆円でてまいります。次に富裕層の株取引などに課税します。これで3兆1千億。さらに払う必要のない米軍へのおもいやり予算4,000億円、これやめる、これで消費税3%分計7兆5千億円をつくれます。
 こんだけのお金があればなにがができるか。まず中小企業への支援を抜本的に強めて時給1,000円そしてすみやかに1,500円を実現して8時間働けば普通に暮らせる社会をつくる、次に基礎年金の月6万5千円にとどまっている方の年金を月5千円、年6万円底上げする、そして子育て教育支援では学生の返さなくてもよい奨学金を抜本的に増やし、なによりも大学・専門学校の学費を半額、さらに無料へ。これ7兆5千億円使えば全部実現するわけです。

# by takeshi_yamagen | 2019-07-04 00:32

100年安心はウソだった! 今こそ減らない年金制度をつくっていきましょう ―私の街頭演説から①―

 19.7.4
 以下昨日の私の街頭演説から

 日本共産党池田市議議員山元たけしでございます。
 みなさん、いよいよ明日(4日)から国未来を左右する参議院選挙が始まります。今度の選挙、政党名を書いていただく比例代表では日本共産党、大阪選挙区ではたつみコータローへのご支援まずもってどうかよろしくお願いいたします。
 さて今度の選挙、年金問題が大きな争点になってまいりました。政府が専門家にお願いして先生に年金の現状をみていただいた、その答申を受けとらない、なきものにしようとしています。自分から頼んでおいて受け取らないというのは失礼な話ですが、それには理由があります。政府自民党公明党にとって見たくない事実、年金が足らない、2000万円は国民にためてもらわねばならなうという事実が書かれていたからにほかなりません。
 100年安心というのがうそだったわけですが、問題は安心安全の年金制度をこれからをどうつくっていくかということです。共産党はまず減らない年金をつくるうえで、物価や賃金ほど年金はあがらないという、年金の目減りを保証するマクロ経済スライド制度をやめることが必要だと考えています。じゃ財源をどうするのか。まず200兆円ある年金積立を崩します。次に年収1,000万円の人も2,000万円の人も同じ年金保険料率であるのを改め、収入の多い人の保険料率をあげさせていただく、そしてやはり日本の景気をよくして国民が払っていただく保険料の総額を底上げすることが必要ではないでしょうか。


# by takeshi_yamagen | 2019-07-04 00:31

Oさんちはさながら小さな動物園

 19.7.2c0133503_08352886.jpg
 田畑が次々宅地化し、最近なかなか見ることがなかったカタツムリ、梅雨に入ったからか市内豊島北の後援会員のOさん宅の庭で久しぶりに見かけました。
 実はそのお庭は小さいながらもうっそうとした灌木で覆われており、一角には小さな池までしつらえてあって、カタツムリ以外にも多くの小動物たちが集まってくるようで、ご主人によるとつい最近までその庭でアオダイショウもよく見かけたとのこと。「えさは大丈夫だったのでしょうか」と伺うと「ネコがネズミをとらなくなったから不自由してなかったと思いますよ。今頃は近くの古い空家にでもいるんじゃないでしょうか」とのことでした。
 哺乳類(ヒト、ネコ、ネズミ)から爬虫類(アオダイショウ、ヤモリ、トカゲ、カナヘビ)、魚類(池のコイ、メダカ)、昆虫(アリ、カナブン、その他多数)軟体動物(カタツムリ、ナメクジ)…、とO家の庭はさながら街中の動物園、とても貴重な空間です。



# by takeshi_yamagen | 2019-07-02 08:37

現職のアメリカ大統領が初めて北の地を踏みました 日本はSA提供で貢献?

 19.7.1
 G20を終えたトランプ米大統領は韓国に入り、板門店の軍事境界線上で北朝鮮の金委員長と面会、現職米大統領としては初めて軍事境界線を越え北側に入りました。その後両者は会談を行い朝鮮半島非核化への実務協議再開で合意しました。
 この米大統領の「入国」と分断と敵対を象徴してきた軍事境界線上での両者の会談は「新しい現在を世界にしめすもの」(金委員長)です。今回黒子に徹した韓国の文大統領もグッドジョブだったんじゃないでしょうか。日本のマスコミは今回の会談について「実務者協議の成果は不透明」とかなんとか言ってますが、それはどんな交渉事にもある行きつ戻りつの一コマ、昨年の2月以来の米朝関係の劇的な平和の大流をもっと直視すべきではないでしょうか。さらになにかあったらいつでもどこでも何回でも会うという関係性が当事者間に築かれつつあることをなによりも評価すべきではないでしょうか。。
 ところで北との対話をあくまで拒否し圧力路線を続けてきた安倍政権、やっぱりというかがっかりというか今度もお呼びがありませんでした。北へ向かうトランプさんと文さんにG20という期間限定のたこ焼き食べ放題のサービスエリアを提供してあげたのが精いっぱいの貢献だったようです。大阪の人間が交通規制で不便な目にあったのも、世界平和のためにまぁ無駄ではなかったということですわ。


# by takeshi_yamagen | 2019-07-01 08:37 | 建声元語 ―よもやま話―

池田市の財政はひっ迫しているのか?  ―A議員の「印象操作」はいただけません―

 19.6.30
 ところで「市民負担を増やさせてもらう」(市長)ほど池田市の財政状況は悪いのでしょうか。実は池田市は17年連続の黒字、いつでも使える財政調整基金は51億円もあります。決して悪いわけではありません。
 なお市長与党入りを事実上宣言した無所属の会のA議員は「給食センターと満寿美町公園で50億のお金がいる。財政調整基金はなくなる」との旨の発言をしました。
 しかし行政を少しでも学んだ方ならご存知でしょうが、そこそこ大きな公共事業をする場合、市のお金だけで行うことはあまりありません。給食センターも満寿美町公園も起債が認めらたり国・府の補助金をもらえたりで、今年度の市の財政調整基金の切り崩しは10億円以下にすぎないのです。当日傍聴席に多くの市民の方が詰めかけている中、私はA議員に対して「事実に基づかない発言をするのはフェアーな態度ではない」と厳しく批判しました。
 財政調整基金ももとはと言えば私たちの税金です。市民生活が苦しい中、市民の福祉や教育の増進に使うべきです。例えばそのわずか4%を崩すだけで国保料1万円値下げも市長公約の少人数学級の小学校6年までの実施(現在4年まで)もできるのです。
 財政調整基金を「聖域」にするのは問題です。


# by takeshi_yamagen | 2019-06-30 09:10

退職金廃止が市民サービス引下げの口実にされるのはごめんです 

 19.6.30
 20付の当ブログで退職金の廃止をうたった条例改正案をめぐる委員会審議で「現市長の退職金カットは認めるが後の市長のことまでこの場で拘束するのはよくない」さらには「最終本会議で修正案を出そう」という声が上がり、原案が全会一致で否決されたと書きました。
 25日の最終本会議は実際に修正案が出され、審議されたのですが、私は日本共産党市議団を代表して修正案に対する賛成討論に立ちました。
 日本共産党市議団は退職金の是非、額については議論して市民的な合意が得られるものにすればよいと考えるけれども、今議会では唐突で十分審議されたとはいえないこと、市長が退職金廃止の目的を市民負担を増やすことにあると答弁しており、その廃止が市の財政如何にかかわらず市民サービス切り捨てる免罪符にされかねないことを指摘しました。
 採決の結果、賛成17、反対4(維新、無所属の会)で修正案が可決され、現市長の退職金のみ廃止されることとなりました。


# by takeshi_yamagen | 2019-06-30 08:29

自民党元市議木下克重さんが亡くなりました

 19.6.27
 本日午前今春まで自民党の池田市議会議員を9期36年務めた木下克重さんの葬儀に参列しました。
 政治信条は正反対、議会では何度も激しいやりとりを繰り返しましたが、よく「俺は一生自民党貫く。『一筋』では君らと一緒や」と豪語され、12年前の市議選後には「今回こそ共産党つぶそうと思たのに藤原みちこと山元たけしのうるさい二人が新たに通ってきて計画失敗や」と笑いながら嘆いておられました。これらの木下さん流のほめ言葉、ちょっとうれしく思ったことを覚えています。
 私とは出身大学がいっしょ、旅好き、いちびり、いらち、そして少々口が悪いところもいっしょ、それになによりも議会の役割をわきまえその水準を落とさないという思いは一致していました。63歳。若すぎます。合掌。

# by takeshi_yamagen | 2019-06-27 18:58 | 墓碑銘 ー送ることばー

相変わらずドタバタの中、本日6月議会最終日を迎えます

 19.6.25
 先週も6月議会そして参院選勝利向けての活動とひき続きドタバタした日々をすごしました。
17・18日は19日(水)の総務委員会向けての資料集め、原稿準備。18日の早朝宣伝以外はほぼ市役所の冷房時々しか入らない議員控え室に缶詰。西日直撃、暑い、暑い。
19(水)総務委員会は既報のとおり。市民のために言いたいこと、言わねばならないこと、言い切りました。
20(木)午前中は控え室で原稿作成。午後は生活相談で自身の事務所へ(帰途無性にカルビ食べたくなってちょっとだけ「一人焼肉」したことは妻には内緒)。
21(金)は正午が「市議会たより」の代表質問の原稿締め切り期限。なんとか11時過ぎに提出しました。午後は夕方宣伝。その後池田民商総会に参加。
22(土)は終日各種会議でつぶれました。
23(日)は共産党大阪府委員会の宣伝カーが来池。「原発NO!」「減らない年金制度を」「消費税10%阻止」、そして「野党共闘の心張棒日本共産党を伸ばしてc0133503_06072071.jpgください」と阪急池田駅前、五月丘、八王寺の3ヶ所で久しぶりに車上から思う存分訴え。嬉しいことに聴衆の方から「そうだ!」の声が跳びました。
24日(月)はまだ本会議討論原稿ができていないところに、なんとさらに追加議案が出されました!あわてて質問原稿作成開始。
 迎えた本日25日は最終本会議。5時起きでただ今やっぱり原稿を書いているヤマモトでした。さぁ、今日もがんばっていきましょか!みなさん、傍聴に来てくださいね。

# by takeshi_yamagen | 2019-06-25 06:09

コマネチとミラーマンとエンタツアチャコと歴史修正主義

 19.6.21
 先日バラエティー番組を見ているとコマネチがオリンピックの体操選手であることを知らない平成生まれが半分を占めていて「え、コマネチ知らんの!」と驚いてしまいました。彼らにとってコマネチはビートたけしのギャグの中だけの存在のようなのです。またミラーマンに変身した鏡京太郎役で知られる俳優の石田信之さんが亡くなられたことが話題に上った時も議会事務局の若い職員から「ミラーマン?それなんですか」と言われてしまいました。
「今の若い人は○○も知らないのか」という手垢のついた若者批判をここでしたいわけではなく(かくゆう私も若い頃ひとつ上の世代から「エンタツアチャコも知らんのか」と言われたことがあります)、個々の人間の知識の範囲は意外に狭くジェネレーションギャップは想像以上に大きいことを、声を大にして言いたいわけです。だから戦争の知識も体験もちゃんと繰り返し伝えていかなければ歴史を偽る勢力(歴史修正主義)に負けてしまいます。先日もテレビで日韓の歴史問題が取り上げられていた際、ある女性漫才師が不満げに「日本が韓国にどんな迷惑をかけたの?」と発言をしていたのを聞いてぞっとする思いにかられたばかりです。


# by takeshi_yamagen | 2019-06-21 12:57 | 建声元語 ―よもやま話―

池田市政始まって以来初?市長提案が全会一致で否決されました ―総務委員会―

 19.6.20
 昨日は私の所属する総務委員会が行われました。今回の議案の中心は市長の退職手当の廃止、市長の給料の月額30%カット、副市長、教育長、病院事業管理者、上下水道事業管理者の給料は月額10%カットする条例改正案です。
 私が「退職金廃止の背景は?」と問うと市長は時代の変化や政党助成金の導入などを縷々述べられたのですが、退職金制度の開始時期など基本的な事実の誤認もあって、あまり生産的な答弁ではなかったように思えました。
 問題なのは市長が「自分が『身を切った』あとに市民の負担を増やす」と述べていることです。現在の池田市は17年連続の黒字、51億円の財政調整基金があり、すぐ市民負担を増やさねばならないような状況にはなく説得力に欠きます。さらにこの条例改正案には退職金カットを恒久化することが記されています。市長の退職金カットと引き換えに市民サービスが削られていくような慣例がつくられていくようでは市民から見たらたまったものではありません。
 結局全委員から「現市長の退職金カットは認めるが後の市長のことまでこの場で拘束するのはよくない」さらには「最終本会議で修正案を出そう」という声が上がり、原案は否決されました。
 ちなみに市長提案議案(しかも関連する予算案入れて計4本も!)が委員会で全会一致で否決されたのはおそらく池田市議会始まっていらい初めてだと思われます。



# by takeshi_yamagen | 2019-06-20 13:38

近づく参院選準備、そして6月議会―、どちらも手をぬけない1週間でした

 19.6.18
 先週1週間の活動報告。c0133503_06141082.jpg
9日(日)午前全教大会に参加。午後は市議選のお礼と参院選へのご支援を訴えて後援会員・支持者のお宅を回る。
10日(月)ちょっと腰痛気味ながら土木委員会傍聴。夜共産党の会議
11日(火)石橋西口朝宣伝。「政府は金融庁の報告を認め年金制度の改革を図れ」と訴えました。
12日(水)一日こもってひたすら議会原稿作成
13日(木)午前諸雑務、午後阪大前宣伝。「学費当面半額、そして無料へ」「返さなくてもよう奨学金を抜本的に拡充しよう」と訴え。ビラの受け取りは上々でした(写真上)。
c0133503_06170225.jpg 14日(金)厚生委員会傍聴。その後議会の各派代表者会議。夕方は石橋駅前宣伝。雨にも負けず予定の1時間、やり切りました。
15日(土)午前会議、午後志位和夫梅田ヨドバシ前大街頭演説会に参加(写真下)。
16日(日)一日市役所控室にこもって議会原稿作成。いよいよお尻に火が付いてきました。

# by takeshi_yamagen | 2019-06-18 06:15

百年安心と言っていた年金が2千万足らないことが明らかになりました

 19.6.17
 金融庁は、高齢夫婦の平均収入と支出の差は毎月5万5,000円で、公的年金だけでは30年間で2,000万円不足すると試算する報告書をまとめました。政府がこれまで「厚生年金で必要な生活費はまかなえる」「100年安心の年金」などと宣伝してきたけれど、それがウソだったことを明らかになったわけです。
 これを受けて麻生太郎副総理兼金融担当相は11日の閣議後記者会見で、「政府の政策スタンスと異なる」として同報告書を受け取らない意向を示しました。さらに自民党の二階俊博幹事長は11日、党本部で記者団に「撤回を含め、党として(金融庁に)厳重に抗議している」と述べました。政府は同報告書をなきものにしようと必死です。
 そもそも同報告書は金融庁の審議会の下に設置された各界の識者からなるワーキンググループがまとめたもの。政府が「まとめてください」とお願いしておいて今になって「いらない」とはそんな失礼な話はありません。
 なぜ彼らが同報告書に難癖をつけるのか。考えられる理由はただ一つ。参院選前に年金破綻の実態が明らかになるのを自公政権側が恐れていることです。実際二階氏は「我々選挙を控えておるわけですから、そうした方々に迷惑を許すようなことのないように注意したい」と明け透けに語っています。
 日本共産党の小池晃参院議員は10日の参院決算委員会で今回の金融庁の報告書を機に「これからの日本の年金制度をどうするのか真剣に考えるべきだ」と強調しました。


# by takeshi_yamagen | 2019-06-17 07:57

緩やかに、しかし着実に広がるオール大阪の流れ ―堺市長選挙の結果から―

 19.6.11
 堺市長選挙で自民党を離党し市議会議員を辞任して反維新・反都構想の立場を明確にして出馬した野村友昭候補が維新候補に敗れました。しかしその差はわずか1万4千票で野村候補は選挙前の予想を裏切る大健闘、新聞は勝った維新陣営の選挙事務所に笑顔がなかったと報じています。堺市民の都構想反対の思いが根強いことを改めて示したといえます。
 驚いたのは自民党自民党府連会長渡嘉敷奈緒美氏の発言。野村氏が敗れたのは「共産党と組んだせい」といわんばかり。さらに「(堺市長選の結果から)住民投票の実施に賛成する必要があると強く感じた」と(NHK関西ニュース)。維新への卑屈なまでの屈服ぶりです。
 最近感じるのは大阪の保守層が大きく二つに分かれてきているのではないかということ。自治会や老人会など地域でまじめにこつこつがんばっておられる反維新的な潮流と、自身の世俗的名誉や金儲けを第一に考える半維新・親安倍といってもよい新自由主義的な潮流です。野村候補が前者、渡嘉敷会長が後者であることは言うまでもありません。
 幸い都構想の是非を問う住民投票は来年秋。それまでに住みよい大阪、住みよい池田をどうつくっていくか、良心的な保守の人(当然普段の選挙では自民党や公明党に票を投じる方も含まれます)と話す機会はいくらでもあります。反基地のオール沖縄に続き反維新反都構想のオール大阪の流れをつくるため私も全力あげてがんばります。
 
  

# by takeshi_yamagen | 2019-06-11 05:05 | 維新退場!

6月議会 さっそく市民の願い市政に届けてがんばっています

 19.6.10
 市議会に返り咲かせていただいて2ヶ月、喜ぶ間もなく迎えた6月議会で私は日本共産党議員団を代表して、市長の所信表明に対する代表質問に立ちました(6日)。
 相手は各地で病院つぶし、学校つぶしなどをすすめている維新の公認で当選した冨田市長、当然その動きはくいとめねばなりません。私が「51億円の財政調整基金の4%を使うだけで全学年の少人数学級も国保1万円値下げも実現できる。『身を切る改革』の名のもとに暮らし・福祉削減は許されない」と迫ると市長は「福祉の増進が地方自治体の目的と認識している。(社会保障の中心の)扶助費は削らない」と答え、市長が市議時代に財政的理由で民営化を主張していた市立病院については「(市民の命と健康を守るという)市立病院の意義はよくわかっている。財政ありきでは考えない」との答弁をひきだしました。
 さらに市長が教育への政治介入を合理化する発言をくりかえしたため「戦前の軍国主義教育の反省にたってつくられた教育の政治からの独立の原則を崩してはいけない。最高裁判決でも『政治の教育への介入は抑制的でなければならない』といっているではないか」と釘をさしました。
 市議会へと押し上げていただいた地域のみなさんのお顔を思い浮かべながら山元たけしは元気いっぱいがんばっています。 



# by takeshi_yamagen | 2019-06-10 17:11

この1週間の喜怒哀楽

 19.6.4
  明後日は返り咲き後初の代表質問。10万市民の思いを胸にただいま原稿作成中! 
  維新は辞めても議員は辞めない丸山穂高衆院議員。「(自身の戦争けしかけ発言は)憲法違反ではない」と言ってるとか。私は戦争放棄の9条、公務員の憲法遵守の99条に立派に違反すると思うんですが…。いずれにせよ言いたいことあるなら早く国会に出て来いよなぁ。
  1日漫才師の横山たかし師匠逝去。かなりショック。「死んだんウソじゃ、笑えよ~、生きぃよ」ってもう一度言ってもらえませんか。ハンカチ貸しますから…。合掌。
  2日夜はテレビで映画「今夜、ロマンス劇場で」を鑑賞。映画からお姫様(綾瀬はるか)が出てくるというラブファンタジー。ありえない話とわかっていながら涙腺崩壊(このての映画、ワタクシ弱いんです)。隣で妻が「なんでそこで泣く?」と不思議そうにのたまっておりました。



# by takeshi_yamagen | 2019-06-04 15:06 | 建声元語 ―よもやま話―

日本共産党 大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る