遣隋使と首相秘書官

 18.4.13

 今はどうか知りませんが、私たちの習った歴史の教科書には推古天皇の摂政聖徳太子(厩戸皇子)の業績のひとつとして607年の遣隋使 小野妹子の派遣が書かれていました。しかしそれに先立つこと7年、600年にも遣隋使は派遣されていたようなのです。600年のそれが教科書に載っていない理由については、607年の遣隋使は中国側の史書「隋書」と日本側の史書「日本書紀」に記されているのに対して、600年のそれが「随書」にしか記録がないことと関係していると考えられます。逆にいうと607年の遣隋使は日中双方に記録が残っているため、歴史的事実としてほぼ認められるからこそ教科書に載ったといえます。

 さて2015年4月2日首相秘書官(当時)の柳瀬唯夫氏が愛媛県や今治市の職員と会った際に加計学園獣医学部建設を「首相案件」と述べたとする文書の存在を、愛媛県知事に続いて農水大臣が認めました。中央・地方の双方が記録の存在を認めたことから柳瀬氏の「首相案件」は政治的事実ということになります。首相が「加計学園が獣医学部申請していることを初めて知った」とする20171月の2年近く前から、国家戦略特区として「加計ありき」が始まっていたわけです。さらに「首相秘書官が官邸で外部者と面会したということは、事前に首相の指示または了解があり、事後に報告があったことに疑いがない」と前川喜平前文科省政務次官が強調するように、首相がこの「首相案件」を知らなかったという言い分ももはや通用しません。

 ことここに到っても「事実でない、記憶にない」とおっしゃるのなら仕方ありません。小野妹子さんと梁瀬唯夫さんには証人喚問に出てきてもらって白黒をはっきりさせてもらおうではありませんか。ついでに聖徳太子と安倍首相をお連れしていただいても結構ですよ。



[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-13 19:58 | 山元のすべらない話

 18.4.12
 先日所用で市内に出た際に夕食を兼ねて入った西天満に居酒屋さん、なんと切り盛りしている姉妹が、吹田市内にある同じ幼稚園の数年下の卒園生であることが判明。小・中・高、そして大学の先輩や後輩に出会うことは結構あるのですが、幼稚園の後輩に出会ったのはおそらく初めて。思い出話に花が咲きました。 
私「幼稚園の門入った左手に藤棚があったでしょ?」
妹「あった、あった。私、あそこで我慢できずにおもらししたことあります」
私「僕は登って上から落ちたことあるねん!? ところでその藤棚の横にキリンを描いた滑り台あったん知ってる?」
姉「そんなんあったかな?(「あった、あった」とお二人のお母様が助け船)」
妹「幼稚園のまわり、池がたくさんあったね」
姉「カメやザリガニ、よう捕まえたわ」
私「ヒキガエルもおらへんかった?」
妹「おった、おった!」
私「そういえば、近所に『日本運送』って会社なかった?」
妹「あった、あった。広い敷地に社宅もあって同級生もいたなぁ」
姉「幼稚園の奥に神社あったけど、気の毒なことに火事で焼けちゃいましたね」
妹「そうそう、それからその隣の公園でバーベキューしにくなってしまいました」
 この半世紀前の超ローカル・ピンポイント話に偶然隣席に居あわせたビジネスマンのT田さんついて行けず(当たり前)。T田さん、ごめんなさいね。私たちが通っていた幼稚園は吹田市岸部にあった私立敬愛幼稚園。文中にある神社は吉志部神社です。ただ社殿の焼失は2008年で私たちがいた頃よりずっと後の出来事です(08/1/4付当ブログ参照)。


 追伸;帰り際名刺をお渡しすると「亡くなった父が介護のことで摂津市の共産党の議員さんにお世話になりました」と礼を言われてしまいました。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-12 08:26

c0133503_10343293.jpg

 18.4.9
 私の祖父山元正二(190676)は10人?兄弟の末子で学校を出るとすぐに家を出て、京都で働いている時に広島出身の祖母と知り合い父が誕生、そして今の私があるというわけです。一方その祖父の長兄忠蔵は大正の初め妻子とともに北海道に渡り旭川の北にある和寒(わっさむ)という町で炭焼きの仕事を始めたとのこと。普通長男が家を出ることは戦前の日本社会では考えられないのですが、そこにはどうも本家の複雑な事情があったようです。
 
さてその忠蔵、寒さに苦しみクマの出没に怯えつつも仕事自体はうまくいきかけていたようなのですが、1922(大正11)年7月突然死去(享年は40歳ぐらい。死因は脳梗塞系の疾患だったようです)。やむを得ず妻の志乃は子どもたちの手を引いて富山に引き上げて来ました。それ以来本家を守った彼女は1986年その99年の人生を閉じます(私も41年前の訪問の際1度だけ会っています)。
 
私の親族はほぼ全員が名古屋以西に住まいしており、東日本や北日本との関係はありません。したがってこの忠蔵のおよそ1世紀前のおよそ10年間の北海道での活動は山元家の唯一の例外といえます。祖父の長兄が北海道に渡ったことは以前から知っていましたが、その詳細を知り得たのは今回の訪問の大きな収穫だったといえるでしょう(写真は忠蔵・志乃夫妻の写真。忠蔵の写真は山元家の人物を写した現存最古のものと考えられます。08/5/13付当ブログ参照)。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-09 10:38 | 山元家の人々

c0133503_18563625.jpg

c0133503_18570222.jpg
 18.4.8
 本家は4反(約5千㎡)の水田を経営しており、母屋の裏側の高台にあるその田んぼにも案内してもらいました。でもなにか変…。41年前は谷に沿って棚田が広がっていた記憶があるのですが、今回眼前に結構広々とした平坦な水田が広がっているではないですか。伺うと30年ほど前丘を削り谷を埋めてほ場整備が行われたとのこと。道理で景観も変わっていたわけです。「水田面積が増えトラクターも入るようになったけど、以前谷だったところから水が漏れるなど結構大変です」と苦笑しながら話されました。ほ場整備もいいことばかりではないようです。
 さらに「この前はため池の堤防にひびが入って難儀しました。また大雨で土砂崩れが起こって2、3年使えなくなった田もあります」と営農の苦労を教えてもらいました。こういった個々の農家の努力で日本の農業はなりたっているんですね。
 TPPや種子法廃止について伺うと「まぁ国のやることだし…」と言葉を濁されながら、安倍政権については「もうおしまいやな」(当主)、「外交でも仲間はずれっちゃ」(当主夫人)とキッパリ。「安倍やめろ」の声は山深い北陸の農村にも広がっています。
 なお思いがけず米30kg(半俵)を土産にいただきました。おいしく頂きます!


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-08 18:58 | 山元家の人々

c0133503_12565260.jpg

c0133503_12571976.jpg
 18.4.7
 先月29日、石川県との県境に近い富山の山あいにある山元家の本家を父と息子とともに訪ねました。私にとっては高1以来41年ぶりに訪問、当時新婚だった現在の当主(祖父の長兄の孫)夫妻もいいお歳になっておられました(まぁお互い様ではありますが…)。久々の再会を喜んで仏壇に手を合わせた後、さっそく他の親族回りも兼ねて家の周辺を歩いて回りました。
 驚いたのは日陰のところどころにまだ雪がかなり残っていたこと。「今年は雪が本当に多かった。家の軒先まで埋まりました。集落総出で雪下ろしをして各家にある除雪機をフル稼働しましたが、ほとんど追いつきませんでしたね」と話され、「おまけに機械の先で傷つけてしまいました」と側溝のコンクリートの破損部分を指さしながら続けられました。
 雪国の苦労を改めて思い知った次第です。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-07 12:58 | 山元家の人々

c0133503_18515035.jpg

 18.4.6
 4月22日投開票で豊中市の市長選挙、府議補欠選挙、市議補欠選挙が行われます。府議補欠選挙ではで豊中市会議員として2期7年市民の声を市議会に届けてがんばってきた山本いっとく(33歳)がお世話になってまいります。

 みなさん、安倍政権の暴走、本当にひどいですね。森友学園、加計学園など一部の学校法人に便宜を図る、関連する公文書は破棄したとうそをつき、しぶしぶ出してきたら出してきたで中身を改ざん、そんな財務省の公文書改ざんを国土交通相も知っていたのに黙っていたっていうじゃないですか。そして最近の報道では文書隠ぺいや改ざんが防衛省でも行われていたことが明らかになりました。また厚生労働省が国会に提出したデータも捏造されていました。たまらず安倍首相を批判した人、たとえば文部科学省の政務次官であった前川喜平さんに対して、文部科学省は教育の政治的中立性の原則を踏みにじってその発言の調査までしていました。
 みなさん、そもそも国は公平公正に国民全体のために仕事をしてくれるという前提があるからこそ私たちは「高い。高い」といいながらも税金を国に納めているんじゃないですか。その国が一部の学校法人を「えきひいき」していた、そしてその国の仕事ぶりを記した公文書を改ざんして国会に提出していたわけです。政府は国会議員、ひいては国会を1年にわたって騙していた、そしてそんな誤った情報のもとで昨年衆議院選挙も行なったわけです。
 なぜそんなことが次から次へとおこるのでしょうか。
 森友学園文書の改ざん部分には国会議員でもない一私人の安倍昭恵さんが節目節目で関与していたことが出てくる、隠されていた自衛隊の南スーダンPKO日誌には自衛隊がいてはいけない戦闘状態がかかれている―、要は国民に知られてはいけないことが書かれていたからこそ、公文書を隠し、改ざんし、データをごまかしてきた、まさに安倍政権の国政の私物化、憲法無視の暴走がいきつくところまで行き着いた結果がこの公文書の隠ぺい、改ざんではなかったでしょうか。
 みなさん、山本いっとくさんはその森友疑惑の解明へ無所属議員などとともに全力あげてがんばってきました。また市議事会では小中一貫に名を借りた小学校つぶし反対、35人学級の拡大、中学校給食実現せよと訴え、高すぎる国保料を引き下げろと市に迫ってきました。そして豊中市民も多く利用する障害者スポーツのメッカ、箕面市稲(いな)の府立スポーツセンターを市民のみなさんと力あわせて存続させました。
 不正を許さない、心やさしい、試されずみの政治家、若い働き盛りの山本いっとくさんをご支援ください、働かせてください。
 今、無所属や社民党の豊中市議会議員の方々、新社会党や自由党の方、そして多くの市民の方が「今度は山本いっとくでいっとこう!」と立ち上がってくださっています。安倍暴走政治ノー、カジノ推進の維新政治ノーのあなたの願いを山本いっとくへ党派を超えてお寄せ下さることをお願い申し上げて御当地での訴えを終わらせていただきます。ありがとうございました。

 

 
[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-06 19:02 | 打倒!安倍政権

c0133503_09281405.jpg
 18.4.5c0133503_09263840.jpg
 空港1丁目のみなさんをお訪ねした際、Tさんから相談が寄せられました。「大雨の際家の前の道路下の水路がよく詰まって水が溢れる。なんとかして」とのこと。さっそく市の担当課の方に来てもらい現地を見てもらいました。
 鉄製のフタをとって内部に入ると農業用水の流路調整用のブロックなどがそのまま残っていて、それらに流れてきた木やごみがひっかかって溢水していたようです。「今は農業用水として利用されていないので、ブロックが撤去できないか検討してみます」との返答が市の担当者からありました。一歩前進です。

 


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-05 09:32 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

c0133503_09123853.jpg
 18.4.5

 中央環状線石橋4丁目北交差点から北上する、ちょうど住吉2丁目と石橋4丁目の境界となっている市道は以前から見通しが悪く、市営石橋住宅工事現場への進入路ともなることもあって交通事故を心配する声が絶えません(2/17付当ブログ参照)。

 先日も隣接する住吉2丁目側の住民のみなさんからカーブミラーの設置や市道から細い道に入る部分に進入禁止の看板設置を求める声が寄せられ、さっそく市の担当課の方にも来てもらって対応策を検討してもらいました。いずれも前向きに対策を検討してくださるようです(写真は市の担当者にカーブミラーの設置を求める地域のみなさんと私)。 


 







[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-05 09:14 | 住みよい石橋・豊島の街めざして

c0133503_17235265.jpg 18.4.4 
 防衛省の南スーダンPKO活動部隊に続く陸自イラク派兵部隊のPKO活動日誌の隠ぺい、陸自統合幕僚会議文書の改ざん開示、財務省の森友学園の用地取得に関わる疑惑、同学園関連公文書の隠蔽・改ざん、文部科学省の前川氏の授業に対する 調査、厚生労働省の裁量労働制に関するデータ誤用など中央省庁の不祥事が次々明らかになってきました。森友文書改ざんについては国土交通省も早くから知っていたとのことです。
 国民のために公平公正に働いてくれると思っているからこそ私たちは「高い、高い」といいながらも税金を国に払っているわけです。その国の中央省庁が、一部の学校法人に便宜を図ったり、自身の仕事を記録した公文書を隠ぺい、改ざん、捏造したり、さらには政権にとって気に入らない者は調査し、攻撃する…、まさに安倍政権の毒が政権全体に回りつつあります。
「魚は頭から腐る」といいます。毒が地方や国民に回らないうちに安部政権をストップさせなけれれば、この国は大変なことになるのではないでしょうか。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-04 16:17 | 打倒!安倍政権

c0133503_19330944.jpg

 18.4.1 
 文章にするいとまも与えないほど情勢が激動し、身内の不幸で北陸に行ったこともあって先週はブログの更新ができないまま4月を迎えました(これはフールではありません)。 
 ということで、お話すべきだったこの間のことは遅ればせながらではありますがおいおい触れて行きたいと思いますが、さしあたって本日のことのみご報告。

 陽光うららか、風もさわやか、そしてピンクの花びらが軽やかにひらひらと舞い落ちる中開かれた恒例の石橋の共産党後援会のお花見会―、食欲も進んで稲荷寿司、イタドリ、ゼンマイなど春のお野菜(多くが参加者の持ち込みなのもこのお花見の伝統です)についつい箸が伸びてしまいました。

 あぁ、生きててよかったなぁと思わしてもらった時間でした。

 さぁ新しい年度、がんばりましょう!


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-04-01 19:34

 18.3.22

 CGなどに頼ることなく、あくまで手作りにこだわったメイクの手法が評価され、今回アカデミー賞(特殊メイク部門)を受賞された辻一弘さんのインタビューをテレビで見ました。

 話し始められた瞬間、そのアクセントから辻さんが関西人だと私は直感しました。でもまず感じたのは親近感ではなく距離感―、そう辻さん、笑っておられないのです。いや口元は時々崩れるのですが、目が動かないのです。

「他人の意見は聞かない。後悔する」

「すでに出た答に沿ってやらない。違うことしないと達成感がない」

「怖がらず一歩を踏み出す。踏み出したら簡単」

「自分の人生、誰も責任をとってくれない」

 腹の上に鉄球を落とされたような重くて刺激的な言葉の数々が、いともさらりと辻さんの口から飛び出します。

 そして「(私に仕事に)生まれ育った京都の職人さんの影響はあるでしょうね」と、辻さんが少し懐かしそうにおっしゃった瞬間、辻さんの目が、遠い昔京都に住まいしていた頃お会いした京友禅の職人さんの目と同じであることに、私は気づきました。

「人が触ったもの、それが大事だと思います」と続けられた辻さん。CGなどと縁のなかった初期のウルトラマンシリーズなどについて辻さんと一度語り明かしたいな、なんて思ったのは私だけ?

 少しづつ辻さんとの距離が縮まってきたみたいです。 少しずつ辻さんとの距離が縮まってきました。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-22 07:33 | 山元のすべらない話

c0133503_12425793.jpg

 18.3.19
 石橋4丁目から住吉2丁目、豊中市蛍池北町にかけて大きな遺跡がありました。宮の前遺跡です。今からちょうど50年前(196869年)の中国縦貫道建設に先立つ調査以来、池田市、豊中市、大阪府の各教育委員会や府文化財センターによる発掘調査が行われ、宮の前遺跡が弥生時代(およそ2千年前)のムラであることが明らかになりました。
 弥生時代は稲作が始まった時代。宮の前遺跡は、箕面川から分かれた小規模な河川を利用して、石橋の地で初めて水田を営んだ人々のムラだったのです。また宮の前遺跡では木棺の周囲を四角く溝で囲んだ墓(方形周溝墓)が見つかり、それまでよくわかっていなかった近畿地方の弥生時代のお墓の研究が大きく進むきっかけともなりました。
 猪名川と箕面川の合流点近くの伊丹市中村で銅鐸が見つかっています。宮の前遺跡のような箕面側沿いに展開したムラのお祭りで使われていたのかもしれません。
 なお石橋南小学校の校章は宮の前遺跡の弥生土器をモチーフにして制定されたものです。(写真は石橋南小学校外周に設置された説明版)。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-19 12:45 | イシバシ NOW

 18.3.18

 政治が激しく動いています。

 財務省が国会に提出した森友学園に関わる公文書を改ざんしていたことを認めました。国会、ひいては国民は一年間騙されていたことになり、真相究明を求める声が大きく広がり安倍政権を追いつめています。

 森友疑惑追及のみならず国民の期待を受けとめて、今野党は元気です。

 長時間労働・残業代未払い、ひいては過労死を増やす裁量労働制の法案提出を撤回させ、即時原発を停止する文字通り原発ゼロ法案を野党4党が共同提出しました。私がうれしく思っていることは原発ゼロなどで小泉元首相など保守の方との連携も進んでいることです。

 もちろん巻き返しもあります。高浜原発が再稼動され、労働時間そのものを取っ払ってしまう高度プロフェッショナル制度の導入や憲法9条改訂を安倍政権はあきらめていません。

 しかし力あわせれば願いが叶うことを羽田市議辞職で私たち池田市民は経験しました。

 今国民すべてが力をあわせれば怖い原発はなくせます。長時間労働、タダ働きを止めさせることができます。平和憲法を守ることができます。国政を私物化する安倍政治をストップすることができるのではないでしょうか。

 野党共闘をご支援ください。そして日本共産党を大きくしてください。財界から政治献金を受けとらない党、日本共産党が伸びてこそ野党共闘はより確固としたものになると思うのです。私も力の限りがんばります(日本共産党石橋後援会ニュース「てしまの」60号より)。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-18 20:35 | 打倒!安倍政権

 18.3.17

 次は石橋のなじみのお店です。

「森友問題、Sさんだけで終わらないでAさんまでいくに決まってるやないですか。みんな言うてまっせ。でも僕言うたって言わんとってくださいね。ここだけの話でっせ」(Hさん)

「山元さん、石橋南小学校残ってよかったですね。私も一生懸命廃校反対の署名集めましたよ」(Nさん。今でも南小存続で見知らぬ方から礼を言われることが時々あります)

「ニセコ、キロロ、トマムもいいけど、北海道のスキー場はルスツが最高。広いからいろんなコースが楽しめるで」(スキー通のAさん。「一緒にいかへん?」とまわりの女性を誘いながら)

「以前九州で借りた一軒家、月5万は安いと思ってたらやっぱり出ました。毎晩鎧を軋ませながら落武者が階段を登っていくんです」(Iさん)

「うちも霊感強いからそれようわかる。わが家は軍服姿の男が壁から出てきた。『ここはあんたの来るとこちゃうよ』って言ったら出んようになったけど」(Nさん)

 最後は季節外れの怪談に花が咲いてしまいました。おぉこわ!


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-17 20:04

 18.3.17

 ホームヘルパーをしている妻から週に一度ほど、「今日は夜勤やから外で食べといて」と言われます。てなわけで10日はあべの橋で行われた共産党緊急街頭演説会のあと天王寺で、昨日(16日)は地元石橋で夕食をとりました。以下そのときの会話から。

 まずJR天王寺北口すぐのお店にて。

「私、あの病院で生まれたんです。なくなったらどこでお産するんでしょうねぇ。ほんとに心配です」(住之江区在住の女性。維新市政のもと3月で廃止される住吉市民病院について)

「(私の名刺を見て)実は僕、維新好きだったんです。吉村(大阪市長)と松井(府知事)は嫌いやけど、今でも橋下さん好きです。でもね、共産党も応援してるんですよ。大病患ったとき共産党の人が親身に世話してくれはったんですわ。今度池田にも応援に行きますよ」(市内在住Kさん。うれしい限りです)


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-17 20:03

 18.3.16

 今回明らかになった森友文書改ざん―、1年間にわたって騙されていたわけで全ての国会議員は与野党問わず怒らねばならない問題です。そして二度と騙されないために真相の徹底究明にとりくまなければならない。それをしない国会議員は、自らも詐欺師集団の一員か、騙されていたことに未だに気づかない大ばかものか、どちらかではないかと私は思っています。

 しかし最近の自民党を見ると財務省に責任を押し付けてこのまま幕ひきを図る魂胆のよう。そうは問屋が卸しません。まずは佐川氏の証人喚問に応じざるを得ないところまで追い詰めました。そして自民党国会議員から「始まりは安倍首相」の声も出始めました。永田町で、霞ヶ関で、そして全国で激烈な闘いを繰り広げながら、われわれは少しずつ「本丸」に近づいていっています。
 明日もがんばろう! 


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-16 13:07 | 打倒!安倍政権

2018年3月12日の言葉から

 18.3.13

「…行政府が立法府をだましたことになる。こんなことは戦後はもちろん一切なかった。戦前にもこんなことはないのではないか」(日本共産党不破哲三前議長 12日時事通信のインタビューで)

「しかし、はすっぱなな首相夫人が名誉校長を務める極右の小学校のために、官僚が公文書(森友学園への国有地売却問題で)国会に公式に提出された文書が改ざんされていたとなると、国会審議は成り立たない。野党が審議拒否しているのではない。政府与党が国会のまともな審議の前提を壊している。偽造にまで手を染めるなんてのは、前代未聞の日本の戦後政治の汚点だろう。結局なってはいけない人が首相になっているということに尽きる。」(作家平野啓一郎さん312日ツイッター)

「(佐川さんを)やめさせた理由言ってるじゃないですか!」(フジ系「とくダネ!」キャスター小倉智昭さん 自民党某国会議員が「佐川さんは一般人(民間人)になられたから国会招致はできない」と言ったのに対して)
「でも残念ながら某国会議員の思惑はとおらない。過去に国会招致した小佐野さん(ロッキード事件)も江副さん(リクルート事件)も姉歯さん(マンション設計改ざん)も、そして籠池さんも前川さんも、みんな民間人ですから!」(上記に対する山元ツッコミ)


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-13 18:06 | 打倒!安倍政権

 18.3.13
 財務省が森友関連の公文書改ざんを認めました。
 私はある集会でご挨拶申し上げる予定でしたが、スケジュールの都合でお話することができなくなってしまいました。以下は発言予定だった原稿です。

 日本共産党の山元でございます。
 3月12日は激動の一日になりました。財務省が国会に提出した森友学園に関わる公文書を改ざんしていたことを認めたのです。国会はこの改ざんされた文書を元に審議をしていたわけで、財務省は国会、ひいては国民を一年間騙していたことになります。
「特例的な内容」など、森友学園が特別扱いしたところが改ざんされていたようです。みなさん、国は国民に対して公正公平な仕事をしてくれる、その信頼があるからこそ私たちは高い税金を払っているわけです。その国が一学校法人を贔屓していたことが明らかになったわけで、許すわけにはいきません。また最高10年の懲役刑にもなりうるような公文書偽造を、佐川前国税庁長官はじめ官僚の一存で行うとは考えられません。その背後に政治家の力が働いていたと考えるのが自然です。佐川さんと今回財務省文書で名前が出てきた安倍昭恵さんには証人喚問に出てきてもらわなければなりません。
 みなさん、ちょうど百年前の1918年(大正7年)、シベリア出兵を見越した米の買い占め、米価高騰に怒った民衆の一揆が全国に広がり、時の寺内内閣を倒しました。世にいう米騒動です。今度は納税者の一揆で国政の私物化すすめる安倍政権を倒そうではありませんか!私たち日本共産党も野党共闘をおおいにすすめて全力をあげてがんばります。ともにがんばりましょう!




[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-13 16:39 | 打倒!安倍政権

c0133503_16201341.jpg

 18.3.8

 フランスに本部を置く博覧会国際事務局(BIE)が2025年の万博に立候補している大阪を訪れています。しかし、行政も関西財界もこの万博がカジノIRと一体に誘致されるものであることをBIEにはいっさい伝えていません。

「カジノ問題を考える大阪ネットワーク」と「あかん!カジノ女性アピール」が大阪市役所前で緊急の宣伝に取り組みました。なんと57人が参加し、300枚のビラが受け取られていきました。

 私からは「BIEの事務局さーん!大阪万博は賭博施設と一体のもんですねん!人工島の開発でごっつう税金使いますねーん!今夜はご馳走振る舞ってもらうとおもいますけど、大阪には美味いもんがぎょーさんありますさかい、一杯食べて帰ってください!ほんで、大阪が食い倒れの街であること、カジノなんかなくても魅力ある街であることを知ってくださーい!」と訴えました。

 ニュースではBIEのみなさんが「大阪の人々の熱意とおもてなしは私たちの心に響いた」と感想を述べたとのことですが、カジノと一体の万博にたくさんの大阪府民が反対していることをぜひ知ってもらいたいと思います(清水ただし日本共産党前衆院議員の8日付FB記事より)。 


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-08 16:22

c0133503_09171173.jpg

 18.3.8
 6日、朝鮮半島からうれしいニュースが飛び込んできました。
 文在寅・韓国大統領の特使と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は南北首脳会談を4月末に開催することで合意しました。さらに北朝鮮側は「朝鮮半島非核化の意思を明確」にし、「北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、北朝鮮の体制の安全が保証されれば、核を保有する理由がない」と非核化にも言及、米国との対話も行う用意があると述べたとのことです。これに対して、米国のトランプ大統領も「合意は非常に前向きだ。それは世界にとって良いことだ」と肯定的に評価、朝鮮半島を含む北東アジアは緊張緩和へと大きく動き出しました。
 今回の合意に対して「北朝鮮には何度もだまされてきた」とその実効性を疑う声もあります。しかし北朝鮮が平和のボールを投げてきた今、日本を含む関係国自身が「軍事的脅威の解消」、北東アジアの非核化に努めてこそ、北朝鮮に今回の声明の内容を誠実に実行するようより強く求めるボールを投げ返すことができるのではないでしょうか。
 日本政府はこの間の南北対話に対して「対話のため対話は無意味」「微笑み外交にだまされるな」と述べてきました。しかしこの間の話しあいが「対話のための対話」に留まらない誰もが「微笑む」結果をもたらしたわけです。
 また北朝鮮は「対話が持続している限りは追加の核実験や弾道ミサイル発射は行わない」とも述べているわけですから、対話こそが椅子の下に子どもたちを潜り込ませる訓練をしたり、Jアラートを鳴らさなければならなかったりする「国難」から脱出する唯一の道だと私は思います。 
 政府は、これまでの対話否定・軍事一辺倒の頑なな態度をあらため、いま生まれている北朝鮮問題の「対話による平和的解決」をめざす動きを促進し、それを実らせる立場にたち、あらゆる外交努力をはかるべきです。


[PR]
# by takeshi_yamagen | 2018-03-08 09:20