人気ブログランキング |

「辺野古基地は海でも陸でも作ることができないではないか!」 ―5日小池晃書記局長の質問から―

 19.3.7c0133503_06181768.jpg
 5日の参院予算委員会の小池晃書記局長の辺野古追及は圧巻でした。
 まず小池氏は海面から90mまで達することが判明した建設予定地内のマヨネーズ並みの軟弱地盤について「国内では65mしか工事の実績がなく技術的に不可能だ」と追及。岩屋毅防衛相は「70mまでの工事で安定的な施工は可能と強弁したため、小池氏が証拠資料の提出を求めたところ国は提出拒否。「資料は出しません、しかし工事は進めますでは納得できない」と批判しました。
 次に小池氏は高さ制限の問題を取り上げ、「アメリカの基準を制限辺野古に当てはめると、周辺の建造物は54.2mを超えてはならないのですが、辺野古周辺にはその基準を超える建物が358も存在している。そのなかには小中学校や郵便局、高専の学生寮もある。こんなところで基地は作れないではないか」と迫ると、政府側は「航空機は海上を飛ぶから大丈夫。安全対策を米側に申し入れる」と答弁。すかさず小池氏は「普天間では部品の落下事故があった小学校や保育所の上を戦闘機が飛んでいる。飛ぶなといっても米軍が守らないのが実態だ」と反論。「海上も陸地も辺野古は基地をつくる条件にない。ただちに工事を中止せよ」と迫りました。

# by takeshi_yamagen | 2019-03-07 06:20 | 打倒!安倍政権

日本共産党には破壊活動とやらする暇おまへんねん ―維新足立やすし議員の反共攻撃に思う―

 19.3.4
c0133503_09401960.jpg 先週の活動以下列記。
 支持者、後援会員のみなさんのお宅訪問147軒(鉢塚1丁目、天神2丁目、石橋4丁目中心に)。
 うち対話できた方79人。
 「赤旗」購読をお願いして快諾してくださった方2人。
 おうちに共産党のポスターを貼らせていただくことになった方2人。
 新たに後援会ニュースをお届けすることになった方2人。
 水曜朝朝7時から1時間、夜7時から1時間、金曜夕5時から石橋駅頭宣伝。
 隙間時間を見つけて「赤旗」集金。
「昔難病を患った時、共産党ががんばってくれて保険適用になり、本当に助かりました」(石橋4丁目Hさん)、「消費税増税、やめさせてね」(あちこち)などのお声、各地で頂戴したのはうれしい限り。

 ところで日本維新の会の足立康史氏が2日未明の衆院本会議で「破防法(破壊活動防止法)の監視対象と連携する政党がまっとうな政党を標榜(ひょうぼう)するのはおかしいと考えているし、そう思う国民は少なくない」と発言し、わが党と立憲民主党など野党の共闘を分断しようとしました。
 しかし全国の日本共産党員の日常活動が、彼の発言がいかに事実に基づかない卑劣なものであるかを示しているといえるのではないでしょうか。足立さん、あなたがいう破壊活動やらをする暇、残念ながらうちの党にはおまへんねん。いや本マ(詳しくは16/3/27付当ブログをご覧ください)。



# by takeshi_yamagen | 2019-03-04 09:37 | 維新退場!

知事選票超える辺野古反対票!政府が圧力を強めるほど沖縄の団結は固まるのです

 19.3.3
 沖縄の米軍普天間基地移設に伴う辺野古沖埋め立てへの賛否を問う県民投票が2月24日に行われ、反対票が43万4273票を得て、総投票数に対する得票率は71.74%と7割をこえました。この得票は14年知事選の翁長票(36万820票)、18年知事選の玉城票(39万6632票)を上回りました。これまで知事選は辺野古基地問題だけが争点ではないとする意見が一部にありましたが、今回辺野古基地埋め立て反対の沖縄県民の確固とした意思が疑問の余地なく示されたことになります。
 なお得票が有権者の4分の1を超えたため、条例の規定により玉城知事は、安倍首相とトランプ大統領に結果を通知することになりました。
 反対票を投じた県民の数が投票資格者総数の過半数に達せず投票率も52.48%と低かった点を捉え、辺野古移設を容認する自民党県連からは「県民の総意ではない」との批判の声が出ています。しかし投票率の低さの一因は自主投票の形をとって静観し、投票を積極的に呼びかけなかった彼らにもあります。自身のことを棚に上げて投票率云々というのは姑息な手段と言わざるを得ません。
 ところで那覇市在住の旧友A氏にさっそく電話を入れて聞いたところ「県民投票は盛り上がりませんでしたねぇ」とやや意外な返事。「諦めが広がっているってこと?」と尋ねると「いや、ヤマゲンさん逆です。もう『基地はいらない』て決着ついたのにまだやるの』という感じ。そんな雰囲気が低投票率につながったのかな」と冷静な分析、「でもそんな『ダメ押し』投票で昨年の知事選の玉城票を超えたのは僕はすごいことだと思います」と続けられました。
 政府が沖縄への圧力を強めれば強めるほど沖縄の団結はより強固なものになるのです



# by takeshi_yamagen | 2019-03-03 05:20 | 打倒!安倍政権

はりきりすぎて?風邪をひきかけました

 19.3.1
 前回のブログで「選挙本番モード、負けるわけにはいかない」と書き、さらには24日の志位和夫演説にエネルギーをもらい、日中はりきりすぎたわけではありませんが、夜疲れて居間のこたつでうたた寝することがこの間2、3回あり、危うく風邪をひくところでした(まぁ熱いお風呂に入って〇ンザ飲んで暖かい布団に入ったので大事には至りませんでした)。特に朝7時からの早朝宣伝と夜7時からのおかえりなさい宣伝(ともに石橋西口)がある水曜日はなかなかしんどいのですが、ビラの受け取りが目に見えて増えている(今週は先々週の倍!)のには励まされます。 
 そうこうするうちに月がかわって弥生3月、さぁ今日も訪問と夕方宣伝(午後7時から 石橋西口)に、元気にがんばるとしますか。

# by takeshi_yamagen | 2019-03-01 09:48

街は一気に選挙モード、負けるわけにはいきません


 19.2.24
c0133503_10220865.jpg この1週間は少し軸足を宣伝に置いてきましたが、昨日から訪問活動を本格的に再始動、垣田千恵子元市議と地元のEさん、Mさんとともに鉢塚の後援会員さん宅を訪問して回りました。
 驚いたのは街のいたるところに他会派の新人と言われる人のポスターが貼り巡らされていたこと。半月前とはすっかり様変わりしています。お門もとで話を聞いても「この地域ではN議員が、この4年間しっかり入り込んで世話役活動もしてる」「もういろんな人が来て、うちは2人しかいないのに、票がたりないわ」「たくさん(候補者が)出はるみたいやね」といった話がポンポン飛び出します。「こっちも負けるわけにはいかない」とポスター貼り出しを依頼すると快く引き受けてくださいました。さらに言うと訪問からの帰宅途中に石橋で保守系のN議員(実は中学の同級生です)とばったり。その手には紙の筒が握られています。私が「ポスター貼りに行くんやろ」と言うと「さすがヤマゲン、めざといなぁ」と言い残して笑って去っていきました。
 まさに街は一気に選挙モード、負けるわけにはいきません。

 さぁ11時半曽根駅前に志位和夫が来ます。元気の出る話、聞きに行ってきます!

# by takeshi_yamagen | 2019-02-24 10:22

深海へ宇宙へオトヒメ様は大忙し

c0133503_07091139.jpg 19.2.23
 沖縄美ら島財団総合研究センターは、先日深海魚のリュウグウノツカイの人工授精と人工孵化に世界で初めて成功したと発表しました。定置網にかかっていた全長およそ3mのリュウグウノツカイ2匹から精子と卵子を取り出し、人工授精したところ卵からおよそ20匹が孵化しましたが、19日までにすべて死んでしまったとのことです。
 快挙だけれども少し残念だなと思っていた22日、今度は探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウへの着地に成功したとのニュースが飛び込んできました。小惑星への着陸は05年の初代はやぶさ以来、砂や石の採取に成功すれば世界2例目。リュウグウの岩石からは太陽系や生命の起源の謎に迫れる可能性があるとのことです。
 リュウグウノツカイの次はリュウグウヘノツカイ。深海へ宇宙へ、リュウグウジョウのオトヒメ様は大忙し、浦島太郎にお相手する暇もありません。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-23 07:10 | 山元のすべらない話

トランプ言いなり 戦闘機「爆買い」を許すな!

c0133503_11544130.jpg 19.2.22
 安倍政権は、消費税増税など税金の集め方も問題ですが、使い方もひどいものです。
 今大問題になっているのは、F35ステルス戦闘機147機の「爆買い」です。その総額は維持費などふくめると6兆2千憶円にもなります。敵のレーダーに発見されにくいステルス戦闘機は他国での戦闘を前提にしたものであり、平和憲法ともあいいれません。さらに腹立たしいのは、それらの戦闘機の寿命が10年ほどしかないということ。まさにトランプ大統領に言われるがままの「浪費的爆買い」、与党筋からも「今買う必要があるのか」と批判の声があがっています。
 このステルス戦闘機を1機(100億円以上)買うのをやめるだけで保育所を90ヶ所建てることができます。日本共産党は、「軍事費削って暮らし・福祉にまわせ」との国民のみなさんの声にこたえて全力あげてがんばります。



# by takeshi_yamagen | 2019-02-22 11:56 | 打倒!安倍政権

徴兵への一里塚、自衛隊への若者名簿提出を許すな!

 19.2.21
 自衛隊員の募集について、別に法律で義務付けられているわけでもないのに「6割以上の自治体が協力を拒否している」と問題視した安倍首相。「それを変えるためにも9条に自衛隊を書き込むことが必要だ」と本音をあらわにしました。
 すかさずわが党の委員長志位和夫は「9条改憲の狙いの一つが、自治体から若者の名簿を強制的に召し上げることにあると自ら告白するものだ」と厳しく批判。さらに自民党が国会議員を使って選挙区内の自治体に“圧力”をかけるよう求めていること、首相発言の出所が極右団体の日本会議だったこともわかりました。
 若者の名簿が自衛隊にわたれば、それがそのまま「徴兵対象者名簿」に転用できることは容易に推察できます。以前安倍首相は「改憲してもなにも変わらない」と述べましたが、9条改憲、自衛隊への名簿提出を許せば、この国のありようは戦争を前提としたものへと大きく変わっていくことでしょう。
 16日の日本共産党池田女性後援会主催の「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」では古谷馨副会長が「私は昨日の新聞をみて、すごく腹が立ち、日本の未来について危機感をもちました。それは、自衛隊員の募集に自治体が協力しているということがわかったからです。安倍首相は『6割が協力してないから』と憲法改定が必要だと言っていますが、自衛隊からダイレクトに高校生に募集をかけるなんて許せません。昔の兵役検査を思い出しました」と自らの戦争体験も交えながらその危険性を語られた後、「戦争への道へ進ませてはならない。そのためにも選挙で日本共産党が躍進させなければならないと思います」と熱く訴えられました。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-21 00:40 | 打倒!安倍政権

志位和夫、曽根駅前でほえる!

c0133503_05153450.jpg 19.2.20
 今度の日曜日(24日午前11時半、日本共産党中央委員会委員長志位和夫が豊中は曽根駅前に参ります。
 私の記憶による限り、日本共産党の委員長が阪急宝塚線沿線のいわゆる「豊能筋」に来るのは、豊中が自身の選挙区(旧大阪3区)だった村上弘を除くと、80年代後半に不破哲三が豊中市立大池小学校の体育館で話して以来およそ30年ぶり(のはず)。
 この滅多にない機会をお見逃しなく、どうかお誘いあわせのうえお越しください。

# by takeshi_yamagen | 2019-02-20 05:17

ささやき、ささやかれて心が通いました

 19.2.20c0133503_04471006.jpgc0133503_04461946.jpg
 今までの駅頭宣伝や後援会員訪問に加えて街角での宣伝(いわゆる「スポット宣伝」)に力を入れだしています。昨日(19日)は雨天で中止したものの、17日は天神1丁目、18日は石橋1丁目に赴き、後援会のみなさんと辻々でマイクを握りました。
 特徴的だったのはビラの受け取りが思った以上によかったこと、そして「応援してるで」「アベ、倒そな」と、耳元でそっとささやいていかれる方がそこそこおられたことです。安倍自公政権が勤労統計偽装してまで、消費税増税を進めていることへの怒りがじわじわ広がっているようです。
 ところで「まわりの友達や家族にも声かけるで」「カラオケ仲間にもあなたのビラ渡すわ」と言ってくださる方が増えているのもこの間の特徴。路上で「がんばってね」とささやいてくださった見知らぬご婦人に「まわりにもお広げください」と思い切ってビラを2、3枚多く渡すと、ちょっと戸惑いながら「いいですよ」とささやき返してくださいました。



# by takeshi_yamagen | 2019-02-20 04:47

これを私淑というのでしょうか ―直木孝次郎先生の逝去にあたって―

 19.2.19c0133503_13131919.jpg
 古代史家の大阪市立大学名誉教授直木孝次郎先生がなくなられました。享年100歳。
 私は学生時代、日本史の古いところを勉強していたのにも関わらず、屯倉、県主、国造などの用語がなにを読んでもよくわからず、悩んでいた時期がありました。そんなスランプを救ってくださったのが先生の著書の数々でした。先生の文章は、たとえそれが学術論文であっても論旨明快、ページをめくるたびにそれこそ水が砂に浸みこむように私の古代史の理解は広がっていきました。「えらい先生の文章はむずかしい」との私の漠然とした先入観は打ち砕かれ、むしろ逆であることを先生から教わりました。
 私のもう一つの先生像は「闘う直木孝次郎」です。先生は以前から各地の遺跡保存運動に携わってこられたのですが、2008年に橋下知事が府立弥生文化博物館の廃止を含む見直しを表明した時には「戦争の惨禍を経験した日本人はその誤りを繰り返さないために過去を学ぶことの重要性に気づいた。歴史から学ぶことはたくさんあるが、書物だけでは限界がある中で、博物館の重要性はますます高まっている」と指摘したうえで、「(博物館廃止は)秦始皇帝の焚書坑儒にも比すべき暴挙」と批判されました。各種選挙で日本共産党への期待を表明してくださったのも嬉しかったです。
 肉親や友人の時とは違う、私淑していた先生との別れの寂しさに私は今浸っています。
 先生―一度もお話したことがないのに、そう呼ぶのはおこがましいのですが―本当にありがとうございました(写真はわが家の本棚にあった先生の著書。未読のものもあり、選挙が終わったらゆっくり読みたいと思います。08/4/16当ブログ参照)。



# by takeshi_yamagen | 2019-02-19 13:19 | 墓碑銘 ー送ることばー

「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」に参加して

 19.2.17c0133503_08412799.jpg
 昨日(16日)は池田女性後援会主催「春を呼ぼう 花いっぱいのつどい」に4月市議選でお世話になる3人と引退する白石議員と参加しました。
 第1部は、わたなべ結さんのお話。「参院選で阿倍政権をおいつめ、解散総選挙で勝ちたい。ウソのない日本語の通じるまともな政治に変えましょう」と訴えられました。
 第2部は、山元たけし、小林よしみつ、藤原みち子に対する応援パフォーマンスと私たちの決意表明、引退する白石啓子議員の訴え、行動提起。
 応援パフォーマンスはゆるキャラあり、紙芝居あり、歌あり、生演奏ありで、わたしたち統一地方選挙でお世話になる3人のおいたち、個性を存分に浮き彫りにしていただきました。
 私は「大学で歴史を学んできたが、文章に書かれた歴史は権力者がつくうそを見抜いて事実を探っていかなければならない。たとえば隠蔽、改ざん、書き換え、数字の操作…、あれ?これって安倍政権のことですですね」とまず歴史学的に安倍政権を批判。これまで池田茶臼山古墳の保存に取り組んできたことに触れた後、石橋駅ではエレベーターに続いてドアミラーの設置要望が広がりつつあること、図書館に関しては市を超えた相互利用の進展にともなって、池田市域に多くの図書館をつくろうという機運がたかまっていることなどを示して「住民のみなさんの要求が進化、パワーアップしていることを感じます。みなさんとやること、やらなければならないことがいっぱいになってきました」と述べ、ご支援を訴えました。
 ところで2月は日本共産党石橋女性後援会の「ほっこりカフェ」(10日)、ふみつきの会(日本共産党池田中部地域女性後援会)の集い(11日)、そして今回と女性後援会の行事に連続して呼ばれました(写真左から藤原、白石、小林、わたなべ、山元)。

# by takeshi_yamagen | 2019-02-17 08:44

多くの人に共産党を知ってもらって広げてもらう…、これが大事ですね ―担い手づくりとSNS―

 19.2.14
 連休明けの一昨日(12日)午前はAさんと豊島南の後援会員さんのお宅を訪ねました。お留守も多かったのですが、うれしかったのは「カラオケ仲間にも声かけるよ」(M井さん)、「近所に(ビラ)配っとくよ」(Y口さん)、「今度お医者さん行ったときビラわたすわ」(K下さん)とまわりにお声かけすると言ってくださった方が多かったことです。本当に励まされます。
 午後は池田の共産党のSNS学習会に参加。「SNSやったことない」「ツイッターまでやってる」「FB開店休業状態」とそれぞれc0133503_11552583.jpgレベルの違う生徒(なぜかおっさんばかり)に講師の村川まみ箕面市議が懇切丁寧に実践指導。なんとか全員ツイキャスまでたどり着きましたが、やりこなせるか否かは各人の意識と情熱次第と言ったところでしようか。
 共産党のことをどれだけ多くの方がどれだけ多くの人に広げてもらうかが重視される昨今、口コミマンパワーとSNSが本当に大事になってきます。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-14 11:56

今度は本物の呉春が出てきました ―中部ふみつきの会でごあいさつ―  

 19.2.14c0133503_11082948.jpgc0133503_11092681.jpg
 少し報告が遅れましたが11日はふみつきの会(日本共産党池田中部地域女性後援会)の第33回目の例会にお邪魔しました。
 私の人となりがわかる話をしてほしいとのとでしたので、まずは自身のプロフィール、1961年大阪市で生まれたこと、小学校低学年の頃池田に来たこと、さらにその後の学歴、職歴などをひととおりお話し終えた頃に、テーブルの上におでん、サラダ、おにぎりなどごちそうが並び切り、一升瓶も出てきましたが、まだ先の予定があったので私は遠慮しました(ちなみに銘柄は前日その酒かすをいただいた池田の名酒呉春でした)。
 お腹いっぱいいただき、元気に午後の活動にとりかかることができました。ふみつきの会のみなさん、ありがとうございました。

# by takeshi_yamagen | 2019-02-14 11:10

「ほっこりカフェ」といいながら、いただいたのは甘酒でした!  

 19.2.10
c0133503_21462130.jpg 本日午後、日本共産党石橋女性後援会の「ほっこりカフェ」にお邪魔しました。
 Kさんの心温まる紙芝居のあと、私から池田市議選挙、参院選挙でのご支援を訴えました。そして自己紹介、フリートークタイムに。公園の遊具や植栽、台風21号の被害から市の防災対策、市営住宅の建て替え、休日でも住民票のとれる石橋の市民サービスコーナーの復活と要望が多く寄せられました。身の引き締まる思いです。
 ところで「ほっこりカフェ」いいつついただいたのはコーヒーではなくなんと甘酒!(しかも池田の名酒呉春の酒かすから作られたとのこと)寒い日だったので体の芯からあたたまりました。女性後援会のみなさん、ありがとうございました。

# by takeshi_yamagen | 2019-02-10 21:47

安倍改憲反対で街頭に立った後、決起集会にかけつけました        

 19.2.10
c0133503_18530807.jpg 昨日9日は昼前9条の会のみなさんとともに石橋駅西口の安倍改憲を許さない「9の日宣伝」に参加、多くの人がマイクを握られ、反応は上々、署名も1時間で46筆集まりました。制服姿の学生サービスさんが「学校で憲法を習ったとこです」とペンを走らせてくれたのはうれしかったですね。
 午後は私の地域の日本共産党と後援会の総決起集会でした。冒頭松岡恒雄さん(日本共産党池田後c0133503_09143735.jpg援会長)から消費税増税と社会保障改悪の政府の狙いと闘いの展望を語っていただきました。その後、地域の方、ご婦人、労働者の方、元議員の方、そして野党共闘をともに闘ってくださった方など計8人の方から暖かい応援と期待の声が寄せてくださいました。その中で触れられた要求はカジノ反対、社会保障の充実、入札制度の改善、文化遺産の整備・継承から教育問題など、その範囲はまさに「森羅万象」に及びました。身の引き締まる思いです。みなさん、ありがとうございました。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-10 20:46

うれしい再会が続きます    

 19.2.7
 地域の後援会員と支持者のみなさんのお宅を、引き続きこつこつ、てくてく訪問中。その数は500を大きく超えつつあります。
 うれしい再会もありました。かつて豊島南に住まわれていた小中時代の同級生Hさんのお父様と緑丘団地で再会、同じ緑丘団地では住吉にお住まいの時お世話になったAさんとも数年ぶりにお会いしました。お二人とも旧居が誰もお住まいになっておられないようだったので気にしていたのですが、お元気そうでなによりでした。
 また鉢塚のあるお宅を訪問し「初めまして」とあいさつ申し上げると「山元さん、お久しぶりですよ」との返事。よく見ると以前石橋地域で「赤旗」配達を手伝ってくださっていたOさんではありませんか。こちらはおよそ10年ぶりの再会、Oさん失礼いたしました。
 Oさんに限らず最近「山元さん、ご無沙汰しております。その節はありがとうございました」と声をかけてくださっているのに、思い出せない時があります。10年ほど前に生活相談などでお世話させていただいた方が多いようなのですが、自身の記憶力のなさをただただ恥じるばかり。ご容赦くださいませ。 


# by takeshi_yamagen | 2019-02-08 09:36

悩める公務労働者と阪大生 ―再び勤労統計偽装問題―     

 19.2.6
 ある地方大学の経済学部教員の旧友Aさんの話。
 20年ほど前、論文で隣県の公式統計をつかったら、県の担当者Bさんから「ぜひお会いしたい」との電話があったとのこと。Bさん曰く「毎日毎日、数字の羅列と格闘。正確さにものすごく神経をつかうのに、『この統計はいったいどこの誰が見ているのだろう、何の役に立っているのだろう』と、むなしさを感じていた。それが先生の論文に使われているのを知り、論立てに重要な意味をもっていることを知って、本当に報われた思いです。ありがとうございました」とおっしゃったとのこと。Bさんは今回の勤労統計の偽装、さぞかし憤っておられることでしょうね。
 ところで先月30日石橋西口で宣伝していると青年が一人近づいてきて「僕は大阪大学の経済学部です。当然統計学を学んでいますが、数字が偽装されてしまったら、いったいなにを信じて勉強すればいいのか」と怒り心頭の様子。「選挙、共産党も考えますよ」と言って去っていかれました。
 安倍政権は、このまじめな公務労働者や学生、そして国民の怒りにどう答えるのか。

 勤労統計のこの偽装問題の真相解明を訴えに今朝石橋駅頭定例宣伝に立つ予定でしたが、あいにく外は雨、そこそこの雨脚です。申し訳ありませんが中止させていただきます。
 

 

# by takeshi_yamagen | 2019-02-06 07:55

雇用保険も労災も払わず、そのうえ消費税増税向けて「印象操作」とはなにごとか! ―勤労統計偽装問題―  

 19.2.5

 またも安倍政権下で偽装と隠蔽が発覚しました。厚生労働省の「毎月勤労統計調査」が長年にわたり誤った手法で行われてきたのです。同統計は賃金、雇用、労働実態を示す大切な指標です。その偽装は統計そのものへの信頼を失わせる異常事態、組織的な隠蔽の疑いも濃厚です。

 また同統計は、さまざまな制度の給付額算定のベースにされています。偽装によって賃金水準が低く出たためそれらの給付額が減少し、その影響は1973万人に及び、総額は537万5千億円にもなります。とりわけ仕事中にけがをしたときなどに出る労災保険・年金給付は一人当たり約9万円の損失になるとのこと。深刻ですね。

 さらに許しがたいのは2018年だけは賃金水準を実態に近づけて、さも賃上げがすすんだと「印象操作」していたことです(実際は2018年の実質賃金はマイナスの可能性が高いと指摘されています)。この偽装データをもとに首相は「過去最高の賃上げ」「アベノミクスの成果」と自画自賛して消費税増税の根拠にしていましたが、それが崩れた以上消費税増税はやめるべきです。

 国会が始まりました。日本共産党をはじめ野党各党はこの勤労統計の偽装を許さず、真相究明求めて一致団結してがんばることを申し合わせています。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-05 07:39 | 打倒!安倍政権

街頭での訴えが増えました 声かけてくださいねぇ! 

 19.2.4c0133503_05494081.jpg

 1月下旬の活動c0133503_05500165.jpg報告

 22日(月)の予算要望後、年末年始とばした疲れが出て週半ばの活動は少し抑えに。それでも定例の水曜朝の石橋西口定例宣伝(23日)は欠かさず行い、30軒ほど支持者・講演会員のお宅を訪問しました。

 そして25日(金)は池田の共産党の新春のつどい。たつみコータロー参院議員、小林よしみつ議員、藤原美知子議員、そして勇退する白石議員とともに、春の統一地方戦、夏の参院選での日本共産党の躍進を訴えました。月末は赤旗の集金に地域回り。

 なお、水曜朝(7時~)、金曜夕(5時~)に加え、30日から水曜夜(7時~)も石橋西口で宣伝ごあいさつすることになりました(所謂「おかえりなさい」宣伝)。見かけたらお声かけくださいね。


# by takeshi_yamagen | 2019-02-04 05:50

日本共産党 前大阪・池田市会議員  山元たけしの日々の活動を綴ります


by takeshi_yamagen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る