この夏、母校受難が続きます

 18.7.29c0133503_2175554.jpg
 引き続き猛暑が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 先週の活動をごく簡単にまず報告。
 23(月)・24(火)は共産党の各種会議が集中し、25(水)・26(木)日は国会要請行動で府内地方議員のみなさんと国会へ(後日詳報)、27(金)・28(土)日は後援会ニュース配布や赤旗代集金に勤しんでいたところ、28日に強い台風が、いつもと逆の東から近畿を直撃することが明らかになり、平和夏まつり(池田駅前てるてる広場。私もあいさつ申し上げる予定でした)も秋に延期になってしまいました。
 さてそんなこんなで土曜は眠れない夜を過ごすことになったのですが、一夜明け箕面川の水位が落ち着いc0133503_736877.jpgていることを確認してから事務所にいると、わが党の藤原美知子市議から「北豊島中学校で被害あったらしいで」との一報が入りました。現場に急行すると運動クラブ棟の屋根がみごとにめくれ上がっているではないですか。母校北豊島中学校では6月18日の大阪北部地震後プール南側のブロック塀が「危険。倒壊の恐れあり」と診断され撤去されました。その跡にはオレンジフェンスと目が細かいビニール製の黒いフェンスが設えられています。
 この夏、何かと受難の北中でした。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-29 21:14 | イシバシ NOW

職場で学園で地域で、50年間社会進歩のためがんばってこられました② ―永年党員・50年党員表彰会―

 18.7.23
 50年党員の方のお話の続き。
「大学時代に党に入って就職した直後、高校時代の恩師が解放同盟に暴行される事件が発生(八鹿高校事件)。警察が動かずマスコミも取り上げない中、共産党だけががんばってくれました。国会質問で取り上げてくれたのも村上弘(元中央委員会委員長)さんだけだったこと、今でもよく覚えています」(池田Mさん)
「1963年に専売公社に就職して生理休暇闘争に取り組む中、労働学校で搾取の本質を学んでいきました。党と夫に出会ったのもこの頃です。女性の二交替勤務を押しとどめたのも、人員整理の嵐が吹き荒れる中働き続ける決意ができたのも共産党の仲間がいたからこそ。感謝しています」(茨木Tさん)
「会社に入って入党し組合の執行委員に当選、労働者の生活と権利を守るためにがんばったんですが、たたかう執行委員の排除を狙って『組合執行部委員立候補には30人の推薦人が必要である』と選挙規約が改悪されようとした時、裁判でたたかい勝利したこともありました。本当にうれしかったですね。今は難病に苦しんでいますが、必ず体調を取り戻してがんばります」(池田Kさん)
「職場での活動の傍ら、地域で赤旗の配達・集金を入党以来50年雨の日も風の日も続けてきました。ある時知人の子に見つかりに見つかり、『おじさんち、新聞屋さんやったん?』て聞かれたこともありました(笑)。今は自治会会長として保守的な方とも仲良くがんばっています」(箕面Mさん) 

 みなさんの長きにわたるたたかいがあったからこそ共産党は創立96年を迎えることができたんですね。百周年めざして私もがんばろうっと!
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-23 14:47 | 日本共産党はこんな政党です

米騒動百年

 18.7.22
 農村から都市への人口流入や、シベリア出兵を見越した米の買い占め、売り惜しみで米価が高騰する中、ちょうど百年前の1918(大正7)年7月22日夜、富山県下新川郡魚津町の漁民の妻等が相談し、米が高くなるのは米を県外へ移出するためだと考え、翌23日午前8時すぎ、米の積出し中止を求めて46名が海岸に集結しました。同様の米放出を求める動きはその後約50日間で1道3府37県の計369か所に広がり、参加者の規模は数百万人を数え、その鎮圧に出動した軍隊は10万人にのぼったとのこと。世に言う米騒動です(その発端等については諸説有り)。
 米騒動は自然発生的な運動であったことから鎮圧されましたが、その教訓を踏まえてこれ以降全国水平社など大衆運動の組織化が進み、現状変革を求める国民的な運動が広がる中で日本共産党が創立されるのです(1922年)。
 ちなみにこの米騒動の責任をとって辞職した寺内正毅首相は安倍首相と同じ山口県出身です。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-22 21:09 | 歴 史 夜 話

昨日国会閉会、今日から新たなたたかいが始まります

 18.7.21
 カジノ実施法が昨日可決成立、そして国会が閉会しました。
 そして今日から二つのたたかいが始まります。カジノを設置させないたたかい、そして来年参議院選挙でカジノ推進勢力に厳しい審判をくだすたたかいです。新たな闘志が沸いてきました。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-21 13:01 | 打倒!安倍政権

国会緊迫!最後まで力合わせて究極の売国法カジノ実施法を阻止しよう!

 18.7.19c0133503_9313556.jpg
 22日の会期末を前に国会が緊迫しています。審議すればするほど矛盾が露呈しているカジノ実施法を自民・公明・維新は今日にも参院内閣委員会の採決強行を狙っているのです。
 そんな中、カジノ解禁突破口となったカジノ推進法が16年12月に成立した際国会答弁者となった5人の議員全員(※)が米大手カジノ運営会社「シーザーズ・エンタテイメント」からパーティー券購入など「脱法献金」を受けていたことが報じられ、西村康稔官房副長官はその事実を認めました。実は「シーザーズ・エンタテイメント」社は過当競争に遅れをとり現在会社再建中、競合他社と明暗を分けたのはアジア進出を果たせなかったからだとされており、同社が日本のカジノ開設へ執念を燃やしていたことが伺えます。
 外国人からの献金といえば2011年前原誠司氏が在日コリアの方から25万円もらっていただけで外相の首が飛んだことが思い起こされますが、今回はそれよりはるかに「賄賂性」が強いと言わざるを得ず、ことは重大です。
 自公政権が西日本豪雨災害の被災者救援、被災地復興よりもアメリカのカジノ資本の利益を優先する背景を垣間見た思いです。
 7月に入っても国民の6~7割は「法案に反対」もしくは「今国会で成立させるべきではない」と答える究極の売国法カジノ実施法には世論も道理もありません。「通せば来年の参院選で惨敗必死」と自公維に思わせるまで反対の世論を一気に高めて廃案へと追い込もうではありませんか(写真はカジノ実施法の不当性を連日報道するしんぶん赤旗日刊紙)
 ※細田博之(自民)、岩屋毅(同)、西村康稔(同)、小沢鋭仁(維新)、松波健太(同)。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-19 09:32

「暑いし人多いで」「そやな、やめとこか」を繰り返して半世紀が経ちました

 18.7.18c0133503_1945177.jpg
 関西で生まれ育ったのに、短いながらも京都に住んだこともあるのに、大学で日本史を学んでたのに、「暑いで」「人多いで」とのお友だちのやさしい助言に素直に従い、「今年やなくてもいつでも行ける。そのうち1回行ったらええわ」と自身を納得させ結局1度も足を運ぶことなく半世紀が過ぎました。
 さすがに近年は「いつでも行けるて思てたらいつまでも行けへん。そのうちって言うてるうちに1回も行かんと死んでしまう。今年こそ行こう」と毎年決意しているのですが、今年も結局諸般の事情で願い叶わず、夜クーラー効いた部屋で一人ねそべってのテレビニュースでの見学となってしまいました。
 1首できました。
 来年こそは見にいくよって待っててや 四条通の山鉾の列(字余り御免)

 追伸;上記と同趣旨の記事をFBに投稿したところ、「救急搬送12名だそうです。烏丸御池で、12時台はサイレンの音がずっと聞こえてきましたよ」(Kさん)、「今年の祇園さん、死者が出ないのが不思議なくらいの蒸し暑さですよ」(Hさん)とのメッセージを京都から頂きました。搬送された方が快方に向かわれること、そして少しでも早くこの暑さが収まることを祈るのみです。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-18 19:14 | 山元のすべらない話

職場で学園で地域で、50年間社会進歩のためがんばってこられました① ―永年党員・50年党員表彰会―

 18.7.16c0133503_12482277.jpg
 昨日永年党員(共産党歴30年以上の方)と50年党員の方をお祝いする会が箕面市内で開かれました。以下そこで出されたお話から。
「共産党に入ったのは社会進歩のためとか言うよりも正義心からかなぁ。当時職場では一般の職員はアルバイトせな食べていけないのに、業者からリベートをもらっている上司がいたんです。『おかしい』と声をあげたら一緒に抗議してくれたのが共産党の人たちだったわけ。それで私も党に入りました」(茨木Mさん)
「仙台から流れ流れて神戸に来てやっと勤めた会社が倒産。首切り反対、会社更生の裁判を闘う中で大阪の会社は守ることができました。よこしまな人生を歩まなかったのは共産党のおかげ。妻が亡くなった時も支えてくれたのも党の仲間たちでした」(茨木Sさん)
「党に入った頃、会社の寮の自治会をつくって、『会社の売店で軍手売るのはおかしい。本来会社が支給するものだ』と訴えて実現させたりしました。当時やりあった管理職も最近は『Nさんが節曲げずにがんばったのは本当にえらいと思う。うちは6票あるからまかしといて』と言ってくれます」(池田Nさん)
「多くに人に支えられて50年がんばってこられた。今はシルバー人材センターでがんばっています」(池田Eさん)
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-16 12:50 | 日本共産党はこんな政党です

水害、猛暑、腰痛、恩師との別れ…。

 18.7.15c0133503_17485334.jpgc0133503_17491712.jpg
 大阪北部地震の余震が続く7月初旬、大水害が西日本を襲いました。7日の平和行進は雨天決行しましたが、大雨の余波を受けて駅頭宣伝は2回中止に追い込まれ、5日に予約していた歯医者さんも延期を余儀なくされました。
 さて雨が一段落した次に日本列島を襲っているのが厳しい猛暑。日中は息をするのもしんどいような暑さが続いています。参院選挙勝利向けて今全国の共産党が党勢拡大活動に暑さにもまけずがんばっているのですが、ここ数日で池田市石橋でも3人赤旗の読者さんが増えました。
 駅頭宣伝も再開。カジノ実施法阻止と西日本水害の救援募金に13・14日と連日取り組みました。募金を訴える中で旧知のご婦人のNさん、「災害の現地にはさすがに行けないので、募金しようと思てるんやけど、ヤマゲンさんとこ、ちゃんと届けてくれる?」とちょっと怪訝そうに聞かれました。私が返答しようとする間もなく二人の会話を隣で聞いていたYさんが「共産党は大丈夫。安心して募金されたらええと思うよ」と言ってくださいました。Nさん、Yさんのおっしゃるとおり、お預かりした募金、共産党は必ず被災地に届けます!
 水害、猛暑に加え、初出馬の時以来私の選挙を支えてきてくださったY先生の逝去(11日)、腰痛と、公私にわたりあまりよいことがあったとはいえない日々が続く中、日本共産党は今日96回目の創立記念日を迎えました。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-15 17:52 | 建声元語 ―よもやま話―

水害被害が拡大する中、自民党は酒宴で大盛り上がり! ―災害時議員はなにをなすべきか②―

 18.7.12c0133503_13132647.jpg
 九州で強まった豪雨の中心が徐々に東に移動し、気象庁も14時に「記録的な大雨となるおそれ」と大雨では異例の緊急会見を開き、17時台には「厳重な警戒」を呼びかけていた7月5日の夜、赤坂議員宿舎で「赤坂自民亭」なる飲み会が開かれそこに安倍首相も参加していたのです。会には安倍首相(山口)のみならず岸田元外相(広島)、竹下自民党総務会長(島根)など、被災地を選挙区とする面々もおり、自衛隊の出動に関する判断がいつ求められてもおかしくない小野寺防衛大臣や翌日にオウム死刑囚を大量処刑した上川法相も参加(彼女はご丁寧に笑顔で万歳三唱の音頭までとったらしい)、また安倍首相の左後には地震と豪雨で住民が苦しんでいるわが大阪9区選出の原田けんじ衆院議員も写っているではないですか(原田さんは5日の13時には選挙区内の能勢町で住民に避難勧告が出ていたことご存知ではなかったのでしょうか)。
 参加者周辺でいろいろ言い訳が聞こえてきます。
 小野寺防衛大臣は「自衛隊の指示は出していた」と。しかし酒を飲んでる時に指示求められたら冷静沈着に判断できますか?
 また曰く、「被災地に首相や国会議員が行けば救助作業の手を止めるだけではないか(だから行かなかった、だから飲んでいた)」と。ならば現地自治体などに知らせず一人現場に入り被災者の声を聞き、家族を亡くした方の悲しみが少しでも癒えるようその手を握り締めてあげることもできるではないですか(実際共産党の国会議員は救援活動の手を止めないよう配慮して現地へ入ります)。
 なによりも首相は私邸にこもる時間があったのならばテレビやSNSで、未だ孤立する地域の方に「必ず救助するからがんばってください」と真剣に訴えることができたではないですか。それだけで国民がどれだけ励まされたかわかりません(首相は8日午後非常災害対策本部を立ち上げるも20分で切り上げさっさと私邸に引き上げていたのです)。
 今からでも遅くありません。現場の実態や情報を持ちあって被災者救援、生活支援のためになにができるか、政府も国会も真剣に話し合い、今までやったこともないこともないことも含めてやれることをすべてやりつくすべきです。
 博打やカジノの話など、どうしてもしたいって言うんなら後でゆっくりやりはったらええやないですか。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-13 13:14

「災害時は池田から出るな!」  ―災害時議員はなにをなすべきか①―

 18.7.12
 私が市議会に初当選した11年前共産党の先輩議員から強く言われたことがあります。議会中は議案審議に集中し親の死に目に会えないことも覚悟すること、災害の際にはどこにいても市内に戻り、現場を見てなにができるかをよく考え実行に移すこと、この二つです。私はその教えを守って、台風の際には必ず箕面川や今井水路の水位を見て回り、2008年10月の天神2丁目の文化住宅火災の報に接したときもすぐさま現地に駆けつけ、焼け出された方の避難先確保をお世話させていただきました。公職についていない今でも夜中にサイレンを聞くと必ず起き上がってしまいます(08/10/4 、11/5/29、14/4/9 ・8/24/ ・8/29・9/11付当ブログ参照 )。
 こんなわけで6月18日の大阪北部地震の際もその発生直後から石橋・豊島地域の住民のみなさん、とりわけ独居高齢者の方のお宅の訪問活動を開始。幸い一部を除くと大きな被害はなかったのですが、当日「ガスが出ない」という声をあちこちかで聞きました。地震の際ガスの安全装置が作動したのが原因だったのですが、さっそく池田の党員と連絡をとりあって安全装置の回復方法を住民のみなさんにお知らせして歩きました(6/19付当ブロブ参照)。
 そんな教育を受け実践してきた私は、西日本水害で被害が拡大する中自民党が酒宴を開き、安倍首相もそこに参加していたという話を聞き、ひっくりかえらんばかりに驚きました。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-12 09:08

政府と国会は被災者の救命・救助、被災地の救援、復旧に全力を!

 18.7.9
 西日本を中心とした豪雨被害は、9日にかけて広い範囲に拡大しました。毎日新聞のまとめでは9日午後0時半現在、13府県で105人が死亡、87人が安否不明、被害の全容は未だ分かっていないとのこと。残念ながら事態は最悪の方向に向かっているようです。御遺族のみなさまにお悔やみ申し上げるともに被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
 日本共産党の小池晃書記局長は、多大な犠牲者を出した豪雨災害を受けて、「豪雨による被害が広範囲かつ深刻です。国会は災害対応を最優先にして、月曜からの『参院選挙制度改革』『カジノ実施法』などの審議を止め、秋の臨時国会に先送りすべきです。政府は首相の外遊を中止し、全力で被災者の救命・救助、被災地の救援、復旧にあたるようにすべきです」との談話を発表いたしました。
 なお先ほど安倍首相が外遊を取りやめたと報じられました。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-09 13:31

長引く雨 阪急電車のダイアも乱れています

 18.7.6
神戸本線  運転見合わせ
伊 丹 線  運転見合わせ
今津北線  運転見合わせ
今津南線  運転見合わせ
甲 陽 線  運転見合わせ
宝塚本線  運転見合わせ
箕 面 線  運転見合わせ 
京都本線  運転本数を減らして運転しています (現在、「特急」は運転していません)
千 里 線  遅れが出ています
嵐 山 線  現在、遅れはありません
 雨が降り続きますと、京都本線・千里線・嵐山線でも運転を見合わせる可能性があります。お帰りが困難になる場合もございますので、今後の運転状況のご確認をお願いいたします。
 運転見合わせ区間においては、雨の小康状態が一定時間継続することが確認され、その後に線路の点検を行った上での運転再開となります。現在のところ雨が降り続いており運転再開の目途が立っておりません。
以上阪急電鉄HPより(14:45現在)

 ちなみに中央環状線を車で走って石橋からJP茨木駅前まで渋滞で1時間半かかって先ほど到着。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-06 15:06

「あのぉ、赤旗を読みたいんですが…」 ―赤旗購読申し込みが相次いでいます―

 18.7.5c0133503_6415261.jpg
 6月19日付「赤旗」(日刊)は、森友学園問題をめぐって、共産党の辰巳孝太郎参院議員が18日政府の内部文書を入手したとして政権を追及したことを1面で報じました。同文書には5月の交渉文書の公表をめぐり、財務省や国土交通省の中で「国交省として、出すのが得策かどうか検討してほしい」「最高裁まで争う覚悟で非公表とするのだろう」など、公文書の改ざんが発覚した後も安倍政権があくまで公文書の隠ぺいを続けようとしていたことが生々しく記載されています。その後石井国交相(公明)は「やりとりのメモだろう」とその存在を暗に認めたものの、その公表を拒否、開き直りの態度に終始しています。
 また6月24日付「赤旗」(日刊)では委員長志位和夫の米朝会談をめぐるインタビューが掲載されています。そこで志位氏は、米朝会談の否定論を明確に退け北東アジアの平和の流れはもう後戻りができないこと、朝鮮戦争終結で、朝鮮有事を想定して沖縄に駐留する米海兵隊の存在意義がなくなり、辺野古新基地建設の理由もなくなることを指摘し、北東アジアに平和の共同体ができれば安保条約そのもの存在意義が問われてくるだろうと強調。まさに歴史の転換点に入ったことを実感できる読み応えのある記事でした。
 さらに7月1日付「赤旗」日曜版はヤマト運輸が荷物料を5~10倍水増しし料金を4倍以上不正請求していたことを1面トップで告発。運輸業者を含め企業団体献金をもらってない共産党だからこそできるスクープです。
 そんな「赤旗」ですが、2年前の参議院選挙時より部数が後退しており、「これでは選挙に勝てない」と今全党あげて多くの人に「赤旗」を購読してもらおうと全国の党員と後援会員のみなさんが汗を流しているのですが、注目すべきことはこの間先方からの赤旗購読申し込みが相次いでいることです。「赤旗という新聞を一度読んでみたい」と池田在住の方から党中央委員会へ購読申し込みがあり、私が地震のお見舞いで訪ねたお一人暮らしのご婦人からも「赤旗また入れてください」と申し出がありました。新日本婦人の会で活動する党員のKさんは道端で以前読者だった方とばったり。「赤旗おもしろいからまた読みます。郵便受けに入れておいてくださいね」とおっしゃってくださったとのことです。
 多くのマスコミが安倍政権に擦り寄る中、国民に「赤旗」が待たれる情勢になってきました。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-05 06:43 | 日本共産党はこんな政党です

6月下旬のおしゃべり二題

 18.7.3
 先日、夕食をとりに石橋の飲食店に入ったところ、一人の欧米人の男性が入ってこられました。伺うと来日30年の某私大で欧米文化を教えておられる先生で、お店の常連さんだとのこと(私は初対面でした)。先生の気さくなキャラのおかげでしょうか、「みんなビールをドリンク、トゥゲザしようぜ」「先生はフィッシュ扁にブルー(鯖のこと)、ベリーライクやねんで」となぜかルー大柴言葉があちこちで飛び交い、たちまち店内は大盛り上がり。
 私は「コミュニストパーティ(共産党)のメンバーです」と自己紹介。それを聞いていた隣の別のお客さんが「ほな、自由民主党はリベラル(自由)でデモクラシー(民主主義)のパーティ(党)かな」と補足されると、先生が一言「あの党は全然自由でも民主的でもないですけどね」。間髪いれぬ鋭い突っ込みが入りました。
 また別の日。
 中学時代に社会科を習ったK先生と石橋商店街でばったりお会いしました。開口一番、「いつもブログ見てるよ。ちょっと痩せたんとちがう?」と嬉しいお言葉。さらに「(昨年の衆院選で)服部良一さんで野党が統一したのは本当によかった。ヤマゲン君、よく(候補者を降りる)決断したね」とおっしゃってくれました。
 中学卒業からすでに40年が経ちますが、いくつになっても学生時代にお世話になった先生に褒めてもらうと特別の照れくささと無上の喜びを感じてしまいます。先生、ありがとうございます!
 
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-07-03 19:30

十二倍返しだ! ―石橋ポスター貼り大作戦―

 18.6.29c0133503_19571611.jpg
 お住まいの方の許可を得て、旧西国街道と阪急宝塚線の交差する踏切脇にたつみコータロー参院議員のポスターを貼らせていただいていたのですが、先月なにものかによって剥がされてしまいました。実は同所でのポスター破損はこれで3回目、両隣の公明党と自民党のポスターが無事なこと、鋭い刃物で引き裂いたと思われることなどからわが党を狙い撃ちした行為であることは明らかです。さっそく警察に通報し、現地を検分してもらいました(石橋には悪い人はいないと思っているだけに本当に残念です)。
 さてこの一件を知った石橋の党員と後援会員のみなさん、「こんな妨害に負けるわけにはいかない」「ポスc0133503_19584911.jpgc0133503_19593281.jpgター貼りまくろう」と奮起、24・25日の二日間で12枚のポスターを石橋4丁目を中心に貼りだしました。中には事情を話して初めてご協力いただいた方もいらっしゃいました。
 卑劣な攻撃には参院選、統一地方選共産党勝利で答を出さねばなりません。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-06-29 20:01 | 日本共産党はこんな政党です

家族って、なんだろう ―「焼肉ドラゴン」を見て―

 18.6.28c0133503_8535580.jpg
 在日コリアンの一家を描いた映画焼肉ドラゴンを見てきました。以下そのあらすじです。
 時は高度経済成長の只中、万国博覧会に浮かれる1970年、舞台は関西のとある在日コリアの集落です。
 金龍吉(キム・サンホ)は、戦争で左腕を失い、四・三事件で故郷済州島を追われて来日、高英順(イ・ジョンウン)と出会いました。 夫婦は国有地を不法占拠して焼肉店「焼肉ドラゴン」を開業。 龍吉・英順には各々長女静花(真木よう子)・次女梨花(井上真央)、三女美花(桜庭ななみ)の連れ子がいてやがて、長男の時生(大江晋平)が生まれます。
 三人の娘たちと彼女らに思いを寄せる男たちとの結構ドロドロした恋愛話を軸に物語が進み、ことあるごとに彼らの「修羅場」が繰り返されるのですが、父龍吉はいつも娘たちをやさしく見守ります。そんな穏やかな龍吉ですが、「土地を返せ」と国有地の収容に訪れた役所の職員に土地は買ったものだと主張し、「戦争でなくした腕を帰せ」と怒りを爆発させるのです。
 植民地支配、第二次大戦、戦後の混乱、朝鮮戦争、南北対立、高度成長―、時代に翻弄される中、差別に耐え必死に家族の絆をつなぎ止めようとした金龍吉・高英順夫妻を待っていたのはあまりに辛い家族の別れでした(これ以上言うとネタばれ)。
 基調はやっぱり悲しくてしんどい映画なのですが、「人間って本音で生きていいんだ」と思わせてくれて、鑑賞後に羨望と爽快さすら感じられるいい映画でした。そう思えるのは俳優陣の演技力によるところが大きいと思うのですが、とりわけ金龍吉役キム・サンホと高英順役イ・ジョンウンの熱演はみごとでした。
 余談ながら、大阪空港の北端、箕面川と猪名川が合流するあたりの風景(私の小学校時代の遊びのテリトリー内です)が何度もスクリーンに映し出され、舞台が伊丹市N集落であることもすぐわかりました。その周辺に住む在日の子がクラスに一人くらいはいたので、彼らのファミリーヒストリーにも、やっぱりいろいろ思いを馳せてしまいましたね。ちなみに今も出自国籍こえてみんななかよしです。

 
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-06-28 08:55 | 銀 幕 日 記

大阪北部地震・被災者救援募金にご協力を!

 18.6.27
  大阪北部地震・被災者救援募金に金へのご協力をお願いします
               2018年6月22日  日本共産党大阪府委員会
 大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が18日朝に起きました。亡くなられた方々と、そのご家族に心からのお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。
 党府委員会は18日に地震対策本部(本部長・柳利昭委員長)を設置し、中央対策本部(本部長・山下芳生副委員長)と連携し、被害の実態把握と被災者支援の活動を開始しています。現地の党組織は、国会議員や地方議員とともに被災現場に入り、被災状況の聞き取りや調査、行政への申し入れなどの対策を進めています。
 党府議団は21日、大阪府に対して、府の財政支出とともに国や該当市と協力して、被害の全容把握とともに、2次災害の防止、被災者の安全確保と生活支援などの対策を求める緊急の申し入れを行いました。
 今回の地震では特に家屋の一部損壊の被害が広がっており、党府委員会として、被災者救援募金に取り組みます。この募金は日本共産党がお預かりし、被災自治体などへの義援金として届けて、家屋が損壊した方々をはじめ、その全額を被災者の救援にあてていきます。
大阪北部地震・被災者救援募金へのご協力を心からお願い申し上げます。

▼募金の送り先
郵便振替口座
口座番号 00920―8―97104
加入者名 日本共産党大阪府委員会
※通信欄に住所、氏名、職業、および「大阪地震」とご記入ください。
手数料はご負担願います。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-06-27 20:28 | 日本共産党はこんな政党です

山形から被災地にお米が届きました

 18.6.24c0133503_2144585.jpg
 山形県小国町で民宿奥川入を営まれている横山さん御夫妻が救援物資として自宅で収穫したお米半俵(30キロ)を送ってくださいました。早速日本共産党のあさとう雅志府政対策委員長(写真左)と朝田みつる市議(写真中央)が茨木市内の避難所を届けに回ったところ、思いがけない申し出に「ずっとアルファ米ばかりでしたので助かります」とみなさん喜んでくださいました。
 実は横山さん御夫妻とは8年前東北を旅した際に一宿一飯の恩義にあずかって以来のお付き合い、FBの私の投稿を見て今回お米を送っていただいたというわけです。東日本大震災の時も自宅で湧く水やおにぎりを積んで被災地に自ら運ばれたという義理堅くて心優しいお二人、そして当時小学校4年生だった息子さん(もうすぐ高校卒業です)の姿が目に浮かびます。
 横山さん、本当にありがとうございました!(10/9/5・6付当ブログ参照)
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-06-24 21:45

あまりに姑息な加計理事長会見

 18.6.21
 19日加計学園の加計理事長が「記者会見」を開いた。自身と事務局長の処分が決定し、急きょ開かれることになったとのこと。その内容もさることながら、すでに指摘されていることだが、許せないのは午前11時という会見時間だ。以下理由列記。
 1、在阪の記者は地震の取材でてんやわんや
 2、在京の記者は会見に間に合わない(会見発表は2時間前の午前9時)
 3、したがって大学内の会見場に入ったのは地元・岡山の記者クラブ加盟社の記者のみ。大急ぎで大阪から駆けつけたテレビ朝日の記者は取材を拒否され、大学門前から中に入れず。その様子は同日夜の報道ステーションで全国に放送された(余談ながら私は生まれて初めて「門前払い」の現場をドラマ以外で見ることとなった)。
 4、ワイドショーなどが一段落して中継されにくい時間帯。
 5、ニュースは大阪の地震とW杯に集中して加計問題は大きく取り上げられにくい。
 このように時間帯だけみてもこの「記者会見」の姑息度が知れる。
 さて、その会見で理事長は「実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出して(愛媛県に)伝えてしまった」という学園事務局長の先月31日の記者会見での発言を追認した。であるならば、事務局長のウソをもとに愛媛県も今治市も93億円もの公金を投入したことになり、当然学園はその金を返納しなければならない。自身の減給処分で済む話ではない(もっとも彼らの話を信じる人はおそらく誰もいないでしょうが…)。
 ところで、会見での唯一積極的な発言は国会招致について問われた際に発した「お待ちしています」の一言。与党にはもはやそれを拒む理由はありません。まぁ国会会期も延長されたことだし…。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-06-21 09:36 | 打倒!安倍政権

ガスコンロを!飲料水を!

 18.6.19
 今回の地震で被害の大きかった茨木・高槻両市ではガスの完全復旧まであと1週間はかかるようです。カセットコンロ(ガスボンベ付)が求められています。また高槻市では未だ多くの地域で断水も続いており、飲料水が不足しています。ご支援よろしくお願いします。
 送り先;茨木市駅前3丁目8ー13 茨木市役所、高槻市桃園2丁目8-13 高槻市役所。
[PR]

# by takeshi_yamagen | 2018-06-19 20:33